« 最大で法定の45倍の高金利で貸しつけ 貸金業を営んでいた男4人を逮捕(25日) | トップページ | 保険金詐欺の疑いも(25日) »

2010年11月25日 (木)

東京・浅草の雷門前の交番に振り込め詐欺の被害防止を訴える看板設置(25日)

東京・浅草の雷門前に、振り込め詐欺の被害防止を訴える看板が設置され、25日、除幕式が行われた。
「振り込まない! 手渡さないで110番」と書かれた看板が設置されたのは、観光客でにぎわう浅草・雷門前の交番。
振り込め詐欺の被害は10月31日現在、全国でおよそ5,500件、63億8,000万円にのぼっている。
最近の傾向では、銀行口座への振り込みのほか、現金を手渡しさせる手口も増加しているということで、警視庁は、多くの観光客が集まる雷門前に看板を設置し、被害防止を訴えることにしている。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188554.html

 

« 最大で法定の45倍の高金利で貸しつけ 貸金業を営んでいた男4人を逮捕(25日) | トップページ | 保険金詐欺の疑いも(25日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50130895

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・浅草の雷門前の交番に振り込め詐欺の被害防止を訴える看板設置(25日):

« 最大で法定の45倍の高金利で貸しつけ 貸金業を営んでいた男4人を逮捕(25日) | トップページ | 保険金詐欺の疑いも(25日) »