« 防衛省 近海の警戒監視強化へ(11日) | トップページ | 母校で窃盗容疑の私立大生ら3人逮捕「パチスロで負け」 (11日) »

2010年11月11日 (木)

「職場で映像見れた」と供述 自宅を家宅捜索へ 警視庁(11日)

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、警視庁捜査1課は11日、国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで、神戸海上保安部(神戸市)の主任航海士(43)の自宅や神戸海保、衝突映像を撮影、編集した石垣海上保安部(沖縄県石垣市)について、同日午後にも家宅捜索する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。同日、捜査1課は主任航海士の取り調べを再開し、容疑が固まり次第逮捕する方針。

関連記事

記事本文の続き 一方、東京地検は同日、捜査拠点を神戸地検に置き、大阪、神戸両地検から応援検事を呼び捜査態勢を拡充させた。

 捜査1課の調べに対し、主任航海士は「自分の職場で映像を見ることができた」と供述していることが判明。一方で、映像の入手先についてはあいまいな供述を続けていることから、私用、公用パソコンを押収、解析を進める。

 捜査関係者によると、動画サイト「ユーチューブ」に映像が流出する直前の4日午後8時ごろ、投稿場所とされる神戸市中央区のインターネットカフェの受付付近にあった防犯カメラに、主任航海士とみられる男の姿が映っていた。

 海保関係者によると、主任航海士はこの日、公休だった。ただ、カメラ映像は不鮮明で、捜査1課は解析を進め特定を急いでいる。

 捜査1課のこれまでの調べに対し、主任航海士は「私が映像を持ち出し、ネットカフェに行って投稿した」という趣旨の話をしている。

 主任航海士の供述を裏付けるため、捜査1課は11日に第5管区海上保安本部(神戸市)と第11管区海上保安本部(那覇市)に捜査員を派遣し、職員から事情を聴く。

 主任航海士は10日午前、哨戒中の巡視艇内で上司に「自分がやった」と名乗り出た。その後、捜査1課と東京地検が神戸海保が入る庁舎で主任航海士を取り調べたが、同日夜に中断していた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 防衛省 近海の警戒監視強化へ(11日) | トップページ | 母校で窃盗容疑の私立大生ら3人逮捕「パチスロで負け」 (11日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49996735

この記事へのトラックバック一覧です: 「職場で映像見れた」と供述 自宅を家宅捜索へ 警視庁(11日):

« 防衛省 近海の警戒監視強化へ(11日) | トップページ | 母校で窃盗容疑の私立大生ら3人逮捕「パチスロで負け」 (11日) »