« 2010年11月26日 | トップページ | 2010年11月28日 »

2010年11月27日

2010年11月27日 (土)

弁当店従業員 強盗殺人未遂か(27日)

千葉県印西市にある弁当店の従業員の男が、同僚の女性従業員の首を絞めて意識を失わせたあと、店の売上金を奪ったとして、強盗殺人未遂の疑いで逮捕されました。警察によりますと「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているということです。
逮捕されたのは、千葉県印西市の弁当店従業員鵜澤正幸容疑者(42)です。
警察の調べによりますと、鵜澤容疑者は、今月19日の午前6時ごろ、勤務先の弁当店「ほっともっと印西大森店」で同僚の52歳の女性従業員の首を絞めたあと、レジや金庫から売上金など、17万円あまりを奪ったとして、強盗殺人未遂の疑いがもたれています。従業員の女性は、首を絞められて一時、意識を失い、首などにけがをしたということです。
鵜澤容疑者は、当日は勤務ではなく突然、店を訪れ、初めのうちは、従業員の女性と雑談を交わしていたということです。
警察によりますと、首を絞めたことや金を一部、奪ったことは認め、殺意については「殺すつもりはなかった」と否認しているということです。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1005490131.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・渋谷区で連続放火か、女を逮捕 (27日)

今月5日、東京・渋谷区のアパートに火をつけ全焼させたとして、警視庁は近くに住む61歳の女を逮捕しました。周辺では不審火が相次いでいて警視庁は女の犯行とみて調べています。

 「何気なく窓を見たんですよ。そうしたら真っ赤に、火柱が立っているんですよ」(鳴滝八重子容疑者 今月14日)

 今月14日、自宅周辺で相次いでいた不審火について取材に答える女。自分も自宅アパートに燃えた新聞紙を投げ込まれたと話していましたが・・・

 「怖くて夜も寝られない」(鳴滝八重子容疑者 今月14日)

 27日朝、警視庁の捜査員から任意同行を求められ、非現住建造物等放火の疑いで逮捕されました。鳴滝八重子容疑者(61)は今月5日、当時住んでいた渋谷区富ヶ谷の自宅近くの空き家のアパートに火をつけ全焼させた疑いが持たれています。周辺では9月から半径50メートルの範囲で不審火がおよそ10件相次いでいました。一向に収まらない不審火について鳴滝容疑者は逮捕前、こう不満を漏らしていました。

 「この間まではパトカーが止まっていたが、昨日からはもう(来なくなった)。やめるんだったら最初からするな」(鳴滝八重子容疑者)

 鳴滝容疑者は「イライラしてやった」と容疑を認めているということで、警視庁は一連の不審火も鳴滝容疑者の犯行とみて調べを進めています。(27日15:49)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4586813.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ男、愛犬連れて逃避行1か月(27日)

 神戸市内でバイクの男性を車でひき逃げして死亡させたとして、兵庫県警が道交法違反容疑などで全国に指名手配した無職の男(66)(兵庫県明石市)が約1か月間、飼い犬を連れたまま逃亡を続けている。

男は逃走資金や着替えを持っていないほか、車の破損状況などから犬がけがをしたとみられるため、県警は「遠くまでは逃げられない」と判断、知人宅や動物病院、ペットショップなどの立ち回り先を捜索している。

 事故は10月28日早朝、神戸市西区の県道交差点で起きた。男が運転する軽乗用車と、明石市の調理師福井章人さん(41)運転のバイクが衝突し、福井さんは頭を強く打つなどして3日後に死亡した。車は現場に乗り捨てられていた。当時、男が犬を抱いて立ち去る姿が目撃されている。

 県警が車の所有者情報などから男を割り出し、自宅を捜索したところ、衣服や通帳はそのまま残っていたという。

 飼い犬は小型犬・ヨークシャーテリアの雌で、男は一人暮らしだったこともあり、

溺愛

(

できあい

)

していたらしい。免許は22年前に取り消されていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「小学校に乗り込み、鉄パイプで児童殺す」と書き込み 容疑の25歳男逮捕 神奈川県警(27日)

神奈川県警保土ケ谷署は27日、インターネットの掲示板に横浜市の小学校の児童らを殺害すると脅迫文を書き込み、学校を休校させたとして威力業務妨害の疑いで、住所不定、無職小野勝信容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は21日、掲示板に、横浜市保土ケ谷区の市立小学校の名前を挙げ、「24日乗り込んで生徒たちを鉄パイプで撲殺する」などと携帯電話から書き込んだとしている。学校は署から連絡を受け、24日を臨時休校としたが、不審者は現れなかった。

関連記事

記事本文の続き 小野容疑者は平成17年7月にも、自分が卒業した東京都品川区の小学校の児童を殺害すると掲示板に書き込んで威力業務妨害容疑で逮捕、起訴され、懲役1年6月の実刑判決を受けている。

 同署によると、「警察を困らせようと思った」と供述、容疑を認めている。書き込みの履歴から小野容疑者を特定した。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)

年末に向かってひったくり

【治安解説】
31

イヤホンや携帯電話を使っている人が後ろから来るひったくり犯のバイクに気が付く距離を測る実験が名古屋市中区の県体育館の広場で行われた。

 愛知県警の主催によるもので、20~60代の女性5人にバイクに乗った犯人役の警察官が後ろから接近。携帯を使っているときと、イヤホンを身に着けているとき、耳に何も着けていないときとを比較した。

 参加者5人の結果を平均すると、イヤホンを着けると2㍍までバイクが近づかないと気付かず、ほかのケースと比べて危険性が高いことが分かった。

 県警によると、県内ではことし、10月末までに1278件のひったくり事件が発生。被害者の9割以上が女性で、バイクによる犯行が6割を超えているという=中日新聞電子版

 警察庁がまとめた10月までの全国の認知数は1万2508件で前年同期と比べて369件減少した。ここまでは良いのだが、検挙件数は2136件もマイナス、検挙人員も145人マイナス、検挙率も3.3ポイント下がり43.5㌫だった。マイナスばかり。

 全国の順位を見ると1位は千葉県で1913件、2位が大阪の1880件、3位が東京の1551件、4位が神奈川県の1488件、5位が愛知県の1278件だった。前年の1位は大阪の2746件だったが、今年は2位に落ちて、前年2位の神奈川県が今年は610件減らして4位になった。これから年末に向けて金にまつわる犯罪が増加する。
 首都東京の体感治安は27日も午前3時45分に東京都世田谷区のコンビニで強盗事件があり、約26万2000円の被害にあっている。よって「レベル3(イエロー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ資料流出:「内容誤り」 実名記載のパキスタン人男性(27日)

流出データに実名や経営する会社名が記載されている愛知県内の40代のパキスタン人男性は27日、「データの内容は誤っている。読んだ人がどう思うか心配だ」と話した。

 男性は出版について「イスラム教徒を敵視する警察の姿勢を明らかにするという目的は分かる」と一定の理解を示した。しかし、出版社から事前連絡や取材はなかったといい、「出版されればより多くの人の目に触れる。内容の真偽も確認せずに出版するのはひどい」と話した。

 流出データには、約10年前に同県にいたとされる国際テロ組織アルカイダの関係者に関連し、「モスク関係者の中では最も深い関係にあったと考えられる」として、男性の実名などが記載されている。【秋山信一】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101127k0000e040049000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

養子縁組・何度も転出入…住基カード不正取得(27日)

千葉県や神奈川県の民家などを舞台に不自然な養子縁組を繰り返しているグループが、短期間に何度も転出入届を提出し、次々と住民基本台帳カードを取得していることが27日、関係者への取材で分かった。

 新たな名前と住所で契約した携帯電話を転売するなどして利益を得ていたとみられる。県警は26日、虚偽の転入届を提出したとして電磁的公正証書原本不実記録容疑で逮捕し、捜査に乗り出した。

 逮捕されたのは、自称東京都稲城市大丸、無職小田

固嗣

(

もとつぐ

)

容疑者(35)。松戸署によると、小田容疑者は10月14日、松戸市役所市民課に、住む意思がない松戸市内のビルへの転入届を提出した疑い。調べに「携帯電話契約時の本人確認に使用するためだった」と供述している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「殺される前に殺せ」教師が点字文章配る 甲府の小学校(27日)

 甲府市の市立小学校で9月、4年生担任の40代の男性教師が、国語の授業で「殺される前に殺せ」という点字の文章を配り、児童らに翻訳させていたことが分かった。教師は「授業に集中させるためだった」と説明しており、校長とともに児童の各家庭を訪ねて謝罪したという。

 市教委によると、男性教師は9月上旬、点字を記したプリントを担任する児童30人に配布。スパイが暗号を解読するという設定で、「命が狙われている」「殺される前に殺せ」という文章を訳させた。

 10月下旬、保護者から指摘を受けて学校側が確認したところ、教師は「児童の注意を引こうと、刺激的な文章を使ってしまった。不適切な内容だった」と話したという。

 市教委は、謝罪済みなどの理由で処分を見送る方針。同市の長谷川義高教育長は、取材に「配慮を欠いており、目が不自由な人にも失礼だ」と話した。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力装置は官邸に!?デリヘル、出張ホスト…事務官の副業(27日)

18日の参院予算委員会で自衛隊を「暴力装置でもある」と評し、野党の抗議を受けて慌てて発言を取り消した民主党の仙谷由人官房長官。だが、本物の“暴力装置”は自身のおひざ元にいた。無店舗型風俗店「デリバリーヘルス(デリヘル)」の経営をめぐるトラブルで、知人から金を脅し取ろうとしたとして10月末、首相官邸の警備員が逮捕されたのだ。警視庁は官邸を家宅捜索。官邸を守るかたわらでデリヘル経営やホストに精を出していたというのだから、内閣の危機管理が問われるのも当然だ。(大泉晋之助)

関連記事

記事本文の続き ■官邸のガサは特捜部でなく葛飾署

 10月28日午前、東京・永田町の官邸は物々しい雰囲気に包まれた。捜索差し押さえ令状を示して官邸事務所内を捜索する警視庁葛飾署の捜査員。官邸を警察が家宅捜索するという異例の事態を、職員は不安そうに見守った。

 捜索は前日の27日に恐喝未遂などの疑いで逮捕された官邸警備員の使用していたロッカーなどが対象となった。

 「『官邸で働いている』などと話した男の供述の“ウラ”を取るためのものだった」

 捜査関係者は捜索の背景を解説する。こうした捜索の性格上、押収品はなかったが、官邸職員の動揺と失望は大きかった。

 葛飾署に恐喝未遂と逮捕致傷の容疑で逮捕されたのは、首相官邸事務所職員で内閣事務官の谷口喜徳被告(38)=東京都昭島市、同罪で起訴=だ。

 逮捕容疑は、7月17日未明、東京都葛飾区内の路上で、デリヘル経営をめぐってトラブルとなっていた知人男性(26)を乗用車に押し込もうとして暴行を加えた上、江戸川区内の駐車場まで移動し、金を脅し取ろうとしたというものだ。

 「すでに人も動いて損害が出ている。営業のやり方はお前が持ってきた話だろう。そのときの損害分や迷惑料として最低でも1000万円になる。支払い方法は今決めろ」

 こう言ってすごんだ谷口被告。脅迫の文言は内閣事務官の官邸職員とはとても思えない。

 同署は、共犯として、自称元暴力団員の男とその友人も相次いで逮捕。谷口被告は容疑を認めたが、共犯とされる2人は否認しているという。

 ■官邸職員よりもデリヘル経営

 事件の発端となったのは谷口被告が経営していたとされるデリヘルだった。

 葛飾署によると、谷口被告と被害者の男性は、昨年秋ごろ、企業の就職説明会で出会い、谷口被告から「デリヘルの経営に興味がある」などと声をかけられたのだという。

 もちろん谷口被告は公務員のため、副業をすることは言語道断、国家公務員法で禁じられている。そのため、自分は裏方の出資に回り、店の経営を取り仕切ってくれる人物を探していたのだ。この誘いに対し、被害者の男性は自分の友人を谷口被告に紹介。東京・歌舞伎町でデリヘルをスタートした。

 だが、常時3~4人の女性が働いていたこのデリヘル。「経営状況は芳しくなく全く利益はあがっていなかった」(捜査関係者)。経営が軌道に乗らなかったことから、谷口被告はいらだつようになり、被害者の友人に暴力をふるうようになったという。

 ほどなくして、被害者の友人は谷口被告の前から姿を消してしまう。このため、谷口被告は怒りの矛先を被害者に向けたのだった。

 事件当日の7月17日未明。谷口被告は共犯者とともに葛飾区の被害者男性宅前で待ち伏せ、乗用車で男性を拉致しようとした。被害者男性がこの後、葛飾署に被害相談したため、谷口被告の逮捕に至った。

 ■もう一つのウラの顔 ホスト名は「聖龍世」

 谷口被告は「安定しているが儲からない」と官邸警備員の仕事に不満を漏らし、カネに対する並々ならぬ執着心を周囲に見せることもあったという。その副業はデリヘル経営だけに止まらなかった。

 インターネットから注文して自宅やパーティーなどにホストを派遣してもらう出張ホストサービス。あるサービスのホームページには最近まで「聖龍世(ひじり・りゅうせい)」という名の男性ホストが登録されていた。

 年齢は33歳と多少、さばを読んでいるものの、捜査関係者によるとこれは谷口被告だという。

 「貴女と過ごす素敵なひとときを僕も一緒に楽しみたいと思います。宜しければ一度ご指名よろしくお願いします」

 入念に手入れされた細いまゆ毛に鋭い目つきの写真付きプロフィルにはこんな文言が書かれる。

 《身長180センチ》《体重68キロ》《趣味は映画鑑賞やカラオケ》…。ただ、本職が昼夜交代制の官邸の警備員だったことが影響したのか出勤可能日の欄には《不定期》となっており、「事前にお問い合わせ頂ければ」と注意書きされていた。

 官邸警備という、国家の中枢を守る重要な仕事をしながら、デリヘルや出張ホストといういかがわしい副業に精を出していた谷口被告。捜査関係者によれば、周囲に“上司”である菅直人首相や仙谷官房長官の名前をちらつかせることはなかったが、暴力団との繋がりをにおわすことはあったという。

 なぜこんな人物を雇うに至ったのか。官邸事務所は「勤務態度に問題はなかった」と答えるにとどまっている。

 北朝鮮の韓国砲撃への対応や中国漁船衝突のネットへの映像流出事件、仙谷官房長官や辞任した法務大臣の失言…。危機管理能力が問題視されている菅内閣や官邸。今回の事件発覚は、そのタガが、上層部から末端まで外れていたことが明らかにされたということなのだろうか。

 谷口被告が勤務する官邸事務所は「起訴されたということで、事件の推移を見守っている。まだ処分は決まっていない」としている。

 処分が決まれば、任命権者の仙谷官房長官の名前で下されるという。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川の原発にテロリスト…で訓練「北の動向注視」((27日)

朝鮮半島情勢が緊迫するなか、原子力発電所にテロリストが侵入した想定で制圧訓練が行われ、警察庁の安藤隆春長官が視察しました。

 訓練は拳銃などで武装した外国人のテロリスト3人が車で石川県の志賀原発に侵入した想定で行われました。激しい雨のなか、愛知県警の対テロ特殊部隊「SAT」と石川県警の銃器対策部隊25人がヘリコプターや装甲車を投入してテロリストを制圧しました。視察した警察庁の安藤長官は「北朝鮮の動向に十分注視し、突発的な事案への対応力を高める必要がある」などと話しました。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都内の派遣型売春クラブなど3店舗を摘発 経営者の男ら5人逮捕(27日)

都内の派遣型売春クラブなど3店舗が警視庁に摘発され、経営者の男ら5人が逮捕された。
売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、売春クラブ「ピーチ」の経営者・内山 昭容疑者(59)と、「イーエックスガール」の経営者・泉 明信容疑者(51)ら5人。
内山容疑者らは、北区のマンションの一室などに受付事務所を置き、男性客からの電話を受けて女性をホテルに派遣、売春行為をさせていた疑いが持たれている。
内山容疑者は、電話ボックスなどにチラシを張って客を募っていたという。
内山容疑者は、警視庁の調べに、「平成18年(2006年)ごろから店を始めて、月に100万円ぐらい売り上げた」と供述しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188620.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手を殴りタクシー奪った疑いで逮捕 名古屋(27日)

愛知県警東署は27日、住所不定、無職の中川和樹容疑者(36)を強盗容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 発表によると、中川容疑者は27日午前3時40分ごろ、名古屋市東区葵1丁目の路上で、客として乗っていたタクシーの男性運転手(48)の顔を殴って運転席に乗り込み、車両を奪った疑いがある。運転手は110番通報後、同僚のタクシーに乗って追跡、10分後に中川容疑者がタクシーから降りたところを警察官が逮捕した。中川容疑者は酒に酔っていたという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽装結婚で虚偽の出生届、子ども手当だまし取る(27日)

偽装結婚に絡めて虚偽の出生届を出し、子ども手当などをだまし取ったとして、神奈川県警は26日、同県横須賀市深田台、土木作業員飯田功(68)と同県三浦市初声町下宮田、土木会社社長塩瀬正芳(40)の両被告=いずれも電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で起訴=を詐欺容疑などで横浜地検横須賀支部に追送検した。

 捜査関係者によると、2人は昨年10月下旬、塩瀬被告の交際相手で飯田被告が偽装結婚していたフィリピン国籍の女(34)=同罪で起訴=が産んだ女児について、飯田被告の子として出生届と児童手当請求書を市役所に提出し、今年10月までに児童手当と子ども手当の計12万8000円をだまし取った疑い。

 県警がDNA鑑定したところ、女児は塩瀬被告との間の子だった。飯田被告は塩瀬被告が経営する会社の下請け作業員で、塩瀬被告に勧められて2008年1月に女と偽装結婚。飯田被告には毎月3万円の報酬が支払われていたが、女児が生まれた後は、子ども手当などが報酬代わりになっていたという。県警は、女についても、偽の出生届にかかわるなどしたとして電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で追送検した。

 飯田被告は「偽装結婚していたので、子供も戸籍に入れた。民主党政権になって子ども手当がもらえると思った。手当は生活費にしていた」と話しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーから逃走 電柱に衝突し重傷 茨城(27日)

26日午前5時35分ごろ、水戸市見川の県道交差点で、パトカーの追跡を受けていた水戸市青柳町、会社員、本郷孝さん(23)の乗用車が、左から来た乗用車と接触し約50メートル先の電柱に衝突した。本郷さんは左腕や腰の骨を折るなど重傷。

関連記事

記事本文の続き 水戸署によると、本郷さんの車は速度超過で走行。現場2・3キロ手前で発見した同署のパトカーが赤色灯を点灯して追跡していた。本郷さんは停止の呼びかけに応じず赤信号で交差点に進入、事故を起こした。本郷さんからはアルコールが検知されており、同署は本郷さんの回復を待って事情を聴く方針。

 同署の鈴木修二副署長は「追跡に問題はなかったと判断している」とコメントした。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗26万円奪い逃走 東京・世田谷(27日)

27日午前3時45分ごろ、東京都世田谷区梅丘のコンビニ「スリーエフ梅丘2丁目店」に男が押し入り、男性アルバイト店員(21)にカッターナイフを突きつけ「金を出せ」と脅迫。2つのレジから現金計約26万2000円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。

関連記事

記事本文の続き 警視庁北沢署が強盗容疑で男の行方を追っている。

 同署によると、男は20歳くらいで身長約170センチ。黒っぽいニット帽に黒っぽい上下姿だった。当時店内に客はおらず、店員1人だけだった。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

部下恐喝の陸自1尉を免職 酒気帯びを350万円で見逃し(27日)

陸上自衛隊第7師団(北海道千歳市)は26日、部下が酒気帯びで自転車に乗ったことを見逃す代わりに現金計約350万円を脅し取ったとして、第7特科連隊所属の男性1等陸尉(39)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 第7師団によると、1尉は部下の3等陸曹に対し、懲戒処分にすると脅して現金を要求。2008年9月から今年5月にかけて6回、計約350万円を脅し取った。3曹が千葉県内の駐屯地に移った後も現金を要求されたため、上司に相談して発覚した。

 陸自警務隊が9月、恐喝容疑で1尉を逮捕し送検。千葉地検は10月、起訴猶予処分としていた。

 1尉の逮捕は発表されていなかった。第7師団は「部隊内で起きた上、逮捕時点では詳細も調査中だったため、発表を差し控えた」としている。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112601000929.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤60グラム所持の元暴力団幹部を逮捕(27日)

横浜市で、元暴力団幹部の男が、覚せい剤約60グラムを所持していたとして現行犯逮捕されていたことが分かりました。

 元暴力団幹部・後藤晃容疑者(56)は25日、横浜市のマンションで覚せい剤の粉末約60グラム、540万円相当を所持していた疑いが持たれています。情報提供をもとに警察が部屋に踏み込んだ際、後藤容疑者がビニール袋に小分けにした覚せい剤の粉末を上着のポケットなどに隠し持っていたため、現行犯逮捕しました。この部屋からは注射器300本も見つかっています。調べに対し、後藤容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。警察は、後藤容疑者が覚せい剤を販売する目的で所持していたものとみて捜査しています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201126047.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市川 海老蔵さん大けが事件 父・団十郎さん「被害届を出す方向で考えている」(27日)

歌舞伎俳優の市川 海老蔵さん(32)が、顔などを殴られ大けがをした事件で、父親の市川 団十郎さん(64)は「警視庁に被害届を出す方向で考えている」と述べた。
団十郎さんは「事件の時の顔よりも、だいぶ落ち着いてきたようですけれども、まだ、相当腫れが残っているという感じでした」と話した。
また、海老蔵さんに「今回のことは、お前のうぬぼれから起きている。反省するように。考えるように」と話したという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

19歳女性死亡に第三者が関与か 友人の所在不明 東京・北区(27日)

東京都北区栄町の住宅で24日、死亡しているのが見つかった鉄筋工の女性(19)について、司法解剖の結果、死因が首を圧迫されたことによる窒息死とみられることが26日、警視庁捜査1課への取材で分かった。

 捜査関係者によると、女性の友人だった男子高校生(18)の行方が分からなくなっており、同課は、男子高校生が事情を知っているとみて、所在の確認を急いでいる。

関連記事

記事本文の続き 同課によると、女性は23日深夜、幅の広い布状のもので首を圧迫されて死亡したとみられる。室内には悩みが書かれた自筆のノートがある一方で、タオルなどの布は発見されておらず、同課は自殺に第三者が関与したか、女性が殺害を依頼した可能性があるとみている。

 女性は24日午前、普段着のまま、自室のベッドの上であおむけで亡くなっているのを母親が発見した。室内に荒らされた形跡はなかった。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

教授刺殺「不思議な事の首謀者分かると思った」と被告(27日)

東京都文京区の中央大学構内で昨年1月、理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(当時45)を刺殺したとして、殺人罪に問われた教え子の元アルバイト店員・山本竜太被告(29)の東京地裁での裁判員裁判は26日、初めての被告人質問が行われた。犯行動機を問われ、被告は「(殺害すれば)身近で起きる不思議な出来事の首謀者が誰なのか、分かると思った」などと述べた。

 弁護人からの質問に被告は、大学時代、高窪さんの研究室に入ったころから幻聴が聞こえた様子を説明。その後も見知らぬ人から「お前が悪い」などと悪口を言われているように感じ、背後で高窪さんが関係していると思った、と話した。

 犯行当時、被告が妄想性障害の影響で心神耗弱状態だった点は検察、弁護側とも争いはない。犯行について検察側は「妄想の影響を考慮しても、強い非難に値する犯行だ」と主張。弁護側は「当時の被告にはやむを得ない選択だった」と情状を酌むよう求めている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

流出「公安テロ情報」出版 第三書館、実名や顔写真掲載(27日)

警視庁などの内部資料とみられる国際テロ関係の情報がネット上に流出した問題で、流出データを収録した本が出版された。警察官や捜査協力者の住所や氏名、顔写真などがそのまま掲載されている。出版した第三書館(東京都新宿区)は「警察の情報管理のルーズさを問題提起したかった」としている。

 タイトルは「流出『公安テロ情報』全データ」(469ページ)で、25日発行。データは編集部が作成した項目に整理されているが「内容には手を加えてはいない」という。

 第三書館によると、書籍取り次ぎ大手には「個人情報が含まれている」として書店への配本を拒まれたが、一部書店からは直接注文が入っているという。ネットでは購入できるサイトもある。

 第三書館の北川明社長は、「流出により日本の情報機関の信用が失墜した。イスラムを敵視する当局の姿勢も浮き彫りになった」と説明。個人情報を掲載する是非や著作権については「すでに流出しているデータである以上、出版の重要性が勝る。警察は自らの情報と認めておらず、我々には流出情報として出版する権利がある」としている。

 実名や顔写真などを掲載された都内のチュニジア人男性は「情報を漏らした警察よりもひどい。書店で売られたら生きていけない」と話した。

 専門家によると、警察の文書であっても創作性があれば著作権が認められるが、情報提供者の名前を抜き出したメモや捜査の人員配置を記した計画書など事実を列挙した文書であれば、創作性がないと判断され、著作権は認められない可能性が高いという。

 警視庁は流出発覚から約1カ月が経過した現在も「内部資料かどうか調査中」として、内部資料とは認めていない。ある警察幹部は「書籍になればより多くの人の目に触れることになり影響は大きい。情報流出の原因を突き止めるしかない」と話した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月26日 | トップページ | 2010年11月28日 »