« 2010年11月22日 | トップページ | 2010年11月24日 »

2010年11月23日

2010年11月23日 (火)

職質受けた男性自殺か、川で遺体発見 (23日)

22日の夜遅く、東京・青梅市で警察官の職務質問を受けた男性が走り去り、23日になって現場近くの川から遺体で見つかりました。警視庁は、男性が橋から40メートル下の川に飛び下りたとみて経緯を調べています。

 警視庁によりますと、22日午後11時過ぎ、青梅市日向和田の神代橋の近くで青梅警察署の警察官が停車していた不審な軽自動車を見つけ、運転席に乗っていた男性に職務質問しました。

 男性は車から降りて「休んでいるだけだ」「車の中で朝まで酒を飲んでいるつもりだった」と答えたあと、突然、走り去り、現場にいた警察官3人は男性を見失ったということです。警視庁が朝から付近の捜索を行ったところ川の中から男性の遺体を発見、羽村市の57歳の会社員と判明しました。

 警視庁は、男性が橋からおよそ40メートル下の川に飛び降りたとみて経緯を調べています。(23日20:12)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4583299.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国:北朝鮮から砲弾数十発 数十人死傷(23日)

【ソウル西脇真一】韓国軍の統合参謀本部によると、23日午後2時半ごろ、韓国西方の黄海に浮かぶ延坪島に数十発の砲弾が着弾した。韓国軍は対岸にある北朝鮮黄海南道(ファンヘナムド)の海岸砲基地からの砲撃とみて、対応射撃をした。韓国メディアによると、死傷者は数十人に上るという。韓国軍は、同国兵士1人が死亡、3人が重傷を負ったと述べた。

 ◇衝突拡大防止を指示 李大統領

 韓国軍全軍が非常事態体制に入っているが、韓国の李明博大統領は北朝鮮との衝突拡大を防止するよう指示。韓国軍は北朝鮮軍に対し砲撃中止を求める通知文を送った。韓国軍は当時、黄海で演習中で、北朝鮮がこれに反発したとの見方も出ている。

 韓国ニュース専門テレビYTNは、海岸に近い街から幾筋もの煙が上がっている様子を伝えている。同テレビによると、北朝鮮側から約200発の砲弾が発射されたという。また、島から住民が漁船で脱出しているという。韓国政府は緊急安全保障閣僚会合を招集した。

 延坪島は、海上の境界である北方限界線(NLL)の南側に位置し住民は1600人。99年6月、NLLから侵入した北朝鮮艇と韓国艇の間で銃撃戦が発生。02年6月にも南北の警備艇が交戦したほか、今年3月には近くの海域で韓国哨戒艦が北朝鮮による魚雷攻撃で沈没させられる事件が発生した。

   ◆韓国と北朝鮮をめぐる最近の動き◆

08年2月25日 韓国の李明博大統領が就任

  7月11日 北朝鮮の金剛山で北朝鮮兵士が韓国人観光客を射殺

09年7月30日 日本海で北方限界線(NLL)を越えた韓国漁船を北朝鮮が拿捕(だほ)

  11月10日 黄海で南北艦艇が銃撃戦

10年3月26日 韓国海軍の哨戒艦が北朝鮮による魚雷攻撃で沈没

  8月9日 北朝鮮がNLL付近に向けて130発余りの砲撃

  11月23日 北朝鮮が韓国の延坪島に砲撃

毎日新聞 2010年11月23日 16時51分(最終更新 11月23日 20時18分)

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/world/news/20101123k0000e030037000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパート共同トイレに生後間もない男児遺体 東京・北区(23日)

23日午前9時5分ごろ、東京都北区中里3丁目のアパートの管理人の男性(51)から、「トイレにかたまりのようなものがある」と、110番通報があった。滝野川署によると、5階の共同トイレの洋式便器の中で、生まれて間もない男児が見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認されたという。

 同署によると、このアパートは1階がコインランドリーや食堂で、2~5階が住居だった。外からトイレには自由に出入りできるという。同署はトイレで男児を産み落としたとみて、死体遺棄事件として調べている。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫を絞殺容疑、妻逮捕「夫から暴力受けていた」(23日)

 警視庁綾瀬署は23日、東京都足立区綾瀬1、無職大島栄子容疑者(67)を殺人容疑で逮捕した。

 発表によると、大島容疑者は同日午前2時頃、自宅3階の寝室で寝ていた夫の自営業、進男さん(70)の首を布製のヒモで絞めて殺した疑い。調べに対し、大島容疑者は容疑を認め、「夫から暴力を受けていた」などと供述しているという。

 同署幹部によると、進男さんは、寝室の布団の上にあおむけに倒れた状態で発見された。枕元には陶器が散乱しており、大島容疑者は「絞殺後、陶器を頭に投げつけた」と話しているという。現場は、JR綾瀬駅から南西へ約200メートルの商店街の一角。進男さん宅は6人暮らしで、大島容疑者は進男さんを殺害後、家族に打ち明け、家族が同署に届け出た。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

練炭で集団自殺?斎場駐車場で男女4人死亡(23日)

23日午前11時頃、さいたま市浦和区駒場の斎場「蓮昌寺会館」の駐車場で、停車中の乗用車内で男性3人、女性1人が死亡しているのを、男性職員(66)が見つけた。

 目立った外傷や着衣の乱れなどはなかった。後部座席には練炭を燃やした跡があり、車の内側から窓枠に粘着テープが張られていた。4人のうち2人は福島県郡山市の無職女性(20)と埼玉県朝霞市の男性会社員(40)で、浦和署は残る2人の身元確認を急ぐとともに、集団自殺の可能性もあるとみて、捜査している。

 乗用車は茨城県土浦市内の有限会社の所有だという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

共同トイレに乳児の遺体 東京・北区(23日)

 23日午前9時ごろ、東京都北区中里のアパート5階の共同トイレで、管理人の男性(51)が生後間もない男児が死亡しているのを発見、110番した。警視庁滝野川署は死体遺棄事件として捜査している。

 同署によると、男児は衣服を着けておらず、便器の中で見つかった。出産後、そのまま放置された可能性があるという。管理人はトイレの清掃中に男児を発見したといい、22日午前9時ごろに清掃した際には何もなかったという。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)

向こう3軒両隣

【治安解説】
212

 23日各紙が報じた21年度に全国で65歳以上の高齢者が虐待されたと自治体が判断した件数は1万5615件に上り、過去最多だったことが分かったという。

 一方で、23日のテレビ朝日のスーパーモーニングで、高齢者の孤独死問題を取り上げていた。毎日新聞の調査によると、98自治体の公営団地における孤独死は1191人にのぼり、うち65歳以上の高齢者が879人と73・8%を占めているという。

 この二つの問題の共通点は、人と人のつながり、コミュニケーションしかない。虐待は家族関係の崩壊。孤独死もやはり家族関係に起因し、一人暮らし、つまり独居老人が増え、誰にも看取られることなく亡くなっていくという、人間社会では考えられないことが今、平気で起きている。

 テレビ朝日によると、大阪富田林の富田団地も高齢者が多くなっている。ところが、同団地では、住民が気軽に楽しむ場として喫茶店をオープンさせたり、お年寄りたちの食事会を催すなどコミュニケーションを保っているため入居を希望するお年寄りたちが多いという。

 大澤弁護士が番組のなかでこうコメントした。「昔は、向う三軒両隣と言い、5軒が日常交際する近隣としてコミュニケーションが保たれていた。それが崩壊した」

 まさに地域社会の崩壊だが、こうした人間関係の喪失が犯罪発生にも大きく係わっており、反省すべき事である。もう一度、人間社会の原点に返ろうではないか。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 日本列島振り込め詐欺は http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

【メールで警視庁】平成22年11月25日(木)から平成22年11月27日

Bye1

(土)までの間、の午前10時から午後5時まで(最終日は午後3時まで)、墨田区両国駅前にある「東京都江戸東京博物館」1階特設開場において、「第48回親と子の警察展」を開催します。
展示内容として
 ・ 少年非行等の概況、万引き防止コーナー
 ・ 薬物の見本を展示して、有害性を訴える「薬物乱用防止コーナー」
 ・ パソコン・携帯電話を利用しての有害サイト閲覧制限の説明と疑似体験ができる「違法・有害情報対策(フィルタリング)コーナー」
 ・ 非行・被害防止(腹話術)教室コーナー
などの他に
 ・ 白バイに乗車体験できるコーナー
もありますので、ぜひご家族連れでお越しください。
【問い合わせ先】少年育成課 03-3581-4321(内線30632)

続きを読む "警視庁体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

760万円「衝動的に」持ち逃げ、54歳逮捕(23日)

茨城県警筑西署は22日、住所不定、無職楢本功一容疑者(54)を業務上横領の疑いで逮捕した。

発表によると、楢本容疑者は10月19日、筑西市内のパチンコ店敷地内にある景品買い取り所に勤務中、景品の買い取り資金として栃木県小山市のパチンコ景品買い取り会社から預かっていた現金約760万円を持ち逃げした疑い。

 楢本容疑者は神奈川県小田原市内のスーパー銭湯にいるところを発見された。「衝動的にやってしまった」と話しているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜女性遺体 長男を死体遺棄の疑いで逮捕(23日)

横浜市を流れる鶴見川で今年5月、女性の遺体が見つかった事件で、警察は22日、女性の長男を死体遺棄の疑いで逮捕した。死亡した経緯も調べている。

 警察の調べによると、逮捕された我妻光一容疑者(60)は今年5月、母親・山本いゑ子さん(当時82)の遺体をいかりを付けた袋に入れ、鶴見川に捨てた疑いが持たれている。警察によると、いかりは現場近くで盗まれたもので、周辺の防犯カメラに我妻容疑者が映っていたという。警察の調べに対し、我妻容疑者は容疑を否認している。

 遺体の頭などには殴られたような跡があり、警察は山本さんが死亡した経緯についても調べている。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2010/11/23/07171048.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

4人死亡、杉並・雑居ビル火災から1年 (23日)

死傷者16人を出した東京・杉並区の雑居ビル火災から丸1年たった22日、東京消防庁などが雑居ビルの周辺の飲食店などを立ち入り検査しました。

 去年11月、東京・杉並区高円寺南にある雑居ビル2階の居酒屋から火が出て、4人が死亡、12人が重軽傷を負いました。この火事から1年たった22日、東京消防庁などは火災が起きたビルの前で犠牲者へ黙とうを捧げたうえで、居酒屋周辺の191棟の雑居ビルと116の飲食店などを対象に立ち入り検査を行いました。

 検査では飲食店の換気扇の油汚れの状況や避難通路などを確認しました。検査の結果、雑居ビルのうち15%、飲食店などのうち22%に違反があったということで、東京消防庁は「同じような火災を起こさないように、商店街と協力していきたい」としています。(23日00:12)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4582952.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬物摘発 30代までが77%(23日)

インターネットのサイトを通じて覚せい剤などの薬物を入手し、摘発された人は30代までの世代が77%を占め、若者が好奇心から安易に薬物に手を出す傾向が強まっていることが警察庁の調査でわかりました。

警察庁によりますと、ことし6月までの半年間に、覚せい剤や大麻などの薬物を使用したり所持したりして摘発された人のうち、インターネットのサイトを通じて薬物を入手していた人は、確認できただけで180人いました。この内訳を見ますと、▽30代が40%と最も多く、▽次いで20代が33%、▽40代が21%、▽10代が4%などとなっており、30代までの世代が77%を占めていました。

薬物の入手にインターネットを使った理由としては、「密売人を知らないから」が48%を占めていたほか、「捕まりにくいと思った」が14%でした。また、薬物犯罪の検挙歴の無かった人が68%を占めました。警察庁は、暴力団や密売人と接点を持たない若者が好奇心からネットを通じて安易に薬物に手を出す傾向が強まっていると分析しています。全国の警察は、ネット上の監視を強めるとともに、サイトの管理者に薬物の売買の書き込みを削除するよう求め、応じない場合には積極的に摘発する方針です。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101123/k10015401711000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヤミ金、公的給付標的 通帳・カード預かり違法融資容疑(23日)

豊見城署が10月末、多数の客から通帳やキャッシュカードを預かったうえで現金を超高金利(1日当たり0・3%以上)で貸し付けたとして、貸金業法違反と出資法違反の疑いで貸金業の男を逮捕した事件。同署の調べで、男は手にした被害者の通帳で自動的に振り込まれる公的給付金を押さえ、取り立ての手間や焦げ付きの危険性を回避。高金利で貸し付けた融資金を確実に回収するという、ヤミ金業者の新たな手口が浮かび上がってきた。(社会部・平島夏実)

 逮捕、起訴されたのは那覇市樋川の貸金業、高江洲誠一被告(62)。豊見城署は同被告の自宅から他人名義の通帳とキャッシュカード約100セットを押収、調べを進めるうちに巧妙な手口が発覚した。

■被害相談はゼロ

 押収した通帳のほとんどに生活保護や年金、子ども手当など公的給付金の振り込み記録があったという。振り込み日になれば、同容疑者自身がキャッシュカードを使って現金を引き出せるようになっていた。

 給付金が差し止めにならない限り、同容疑者の自宅付近に銀行の現金自動預払機(ATM)さえあれば着実に融資金を回収できる仕組み。さらに、顧客の自宅や職場へ取り立てに行く手間も省けるという一石二鳥だった。

 同被告の自宅から借用書約400点が見つかっており、県警幹部は「近年まれにみる被害規模」と指摘する。だが、警察などへの被害相談はゼロだった。

 被害届が出されなかった理由について、県警などは、ヤミ金業者への恩義のほか、「取り立て屋」が原因のトラブルがなかったためと見る。今回、別のヤミ金業者を捜査する過程で同被告から紹介されたと証言する被害者がいなければ発覚しなかった可能性が高かった。

■構造的盲点突く

 今回の事件で被害に遭った人の多くが、けがをした家族の通院費や引っ越し代など、急な出費を工面するために約3万~150万円を借り入れていた。

 生活弱者あてに振り込まれた公的給付金が、法外な利息付きでヤミ金業者に効率的に回収されるゆがんだ構造。「通帳とカードさえ渡せば簡単に貸してもらえる」という手軽さが口コミで広がったと見られる。

 捜査関係者は「経済的に困窮しているからこそ公的給付金が振り込まれるはずなのに、結果的に通帳預かり型のヤミ金が潤う。形式的な要件を満たせば給付されるという公的給付金の構造的な盲点を、ヤミ金業者に突かれた格好だ」と強調。貸し手側だけでなく、借り手側の早急な対策が急務だと指摘する。

47newslogo1 http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-11-23_12258/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒飲み物損→警官は帰宅見届けず→再び運転し事故 佐賀(23日)

佐賀市大和町で10月31日午前、乗用車による2件の物損事故が起きた。同じ車、同じ運転者によるもので、ハンドルを握っていた会社員の男性は酒を飲んでいたとされる。男性は1回目の事故で現場に駆けつけた警察官から運転をやめるように注意されたのにもかかわらず、その後、再び車に乗って2回目の事故を起こしていた。付近の住民からは「警察は最後まで男性を見届けてほしかった」との声も上がる。

 佐賀署の調べなどによると、2回目の事故が起きたのは午前10時半ごろ。佐賀市内の空調設備会社の営業車が、飲食店のシャッターに突っ込んだ。

 付近の住民によると、「ドーン」という大きな衝突音がした。運転していたのは中年の男性。脱力したような状態で、見るからに酒に酔っていた。通報で駆けつけた交番の警察官は男性を見るなり、「あれだけ乗るなと言っただろう」と怒声を上げたという。

 男性はその1時間ほど前に1回目の事故を起こしていた。十数メートル離れたスーパーの駐車場で、車を別の車に接触させたとされる。佐賀署によると、警察官が飲酒検査をしたところ、道交法違反の酒気帯び運転容疑に問われる呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールが検出されたという。

 スーパーから男性の自宅までは車で10分ほどの距離。警察官は男性に運転して帰らないように指導し、男性が近くにいたタクシーの方へ向かったのを見届けて現場を離れた。しかし、男性はタクシーに乗らなかった。

 2回目の事故後の飲酒検査では、呼気1リットル当たり0.15ミリグラム未満だった。捜査関係者によると、男性は自宅で酒を飲み、スーパーまで運転して来たらしい。1回目の事故で警察官から注意を受けたにもかかわらず、再び車に乗った理由について「(向かったら)タクシーがおらず、家まで近いので乗ってしまった」と話しているという。

住民の一人は「一歩間違えれば、人身事故になってもおかしくなかった。警察は1回目の事故の時に、男性が運転しないで帰るのをきちんと見届けてほしかった」と話す。

 男性が勤務する会社によると、男性は事故後も車に乗って営業活動を続けているという。人事担当者は朝日新聞の取材に「飲酒運転の事実を知らない」と話した。

 一方、佐賀署は男性から引き続き事情を聴いており、近く道交法違反(酒気帯び運転)容疑で佐賀区検へ書類送検する方針。同署の幹部は「警察官は車に乗らないように注意し、タクシーの方へ歩くところも確認している」と話し、対応に問題はなかったとの見方を示している。(吉村治彦)

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者虐待、2009年度は過去最多に (23日)

家庭内や介護施設で虐待を受けた高齢者が、2009年度は1万6000人以上に上り、過去最多となったことがわかりました。

 厚生労働省の調査によりますと、家庭内や介護施設における高齢者虐待の相談・通報件数は、今年3月までの1年間で2万3812件に上りました。このうち、実際に虐待を受けたと確認されたケースは1万5691件、1万6140人で調査が始まった2006年度以降で最も多い結果となりました。

 虐待には身体的虐待のほか、暴言など心理的虐待やおむつ替えをしないなどの介護放棄も含まれていますが、殺人など結果として高齢者が死亡したケースは32人に上りました。また、虐待を加えていたのは「息子」が最も多く、家庭内における高齢者虐待のおよそ4割を占めています(息子41.0%夫17.7)。

 虐待を受けた高齢者の数が過去最多となったことについて、厚労省は「介護ストレスを軽くするため相談体制を充実させたい」としています。(

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4582387.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・銀座のビルでクリスマス用のイルミネーションから出火 2人けが(23日)

東京・銀座の交詢ビルで22日夜、外壁に設置されていたクリスマス用のイルミネーションから出火した。
火は一時、外壁を伝って燃え上がり、窓ガラスが割れるなどして、男女2人がけがをした。
目撃者は「みんなが『火事だ、火事だ』と教えてくれて、すぐ車をどかした時、ちょうど自分が車を止めていた部分に外壁が落ちてきた」と話した。
警視庁は、イルミネーションから漏電した可能性もあるとみて調べている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188364.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

70歳女性、振り込め詐欺1150万円被害 福岡(23日)

福岡県警は22日、同県大野城市のパート従業員の女性(70)が先月、振り込め詐欺で計1150万円の被害にあったと発表した。

 筑紫野署によると、女性は10月中旬、財団法人生活支援事業センターという架空の団体から、消費者問題確認書と書かれたはがきを受け取った。「料金未払い等により裁判所に訴状申請した」「身に覚えがない場合は連絡を」との内容で、書かれた番号に電話したところ、センター職員や弁護士を名乗る男から訴訟費用として現金を振り込むよう指示されたという。

 女性は同月21日から28日まで7回にわたり、郵便局から指定の口座に金を振り込んだが、11月にセンターの電話が不通になったため、被害に気づいたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽装結婚仲介事件の初公判、元警部補が無罪主張(23日)

 フィリピン人ホステスの偽装結婚を仲介したとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪に問われた元埼玉県警警部補で行政書士の成田隆和被告(58)(埼玉県寄居町)の初公判が22日、さいたま地裁(大谷吉史裁判官)であり、成田被告は起訴事実を全面否認した。

弁護人も「仮に偽装結婚だとしても被告人自身は偽装とは知らなかったので、犯罪の故意も共謀もない」と無罪を主張した。

 起訴状などによると、成田被告は昨年1月、フィリピン人の女(25)と日本人の男(24)(いずれも、さいたま地裁で有罪判決)と共謀し、女の在留資格を不正に得る目的で、男女の虚偽の婚姻届をさいたま市西区役所に提出するなどしたとされる。罪状認否で成田被告は、「(共犯者と)共謀していません」と述べた。

 冒頭陳述で検察側は「被告は男に対し、『2年間、月5万円』の報酬を提示した」と指摘した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鶴見川女性遺体:遺棄容疑で長男を逮捕 神奈川県警(23日)

横浜市鶴見区の鶴見川で5月、ポリ袋に入った女性の遺体が見つかった事件で神奈川県警捜査本部は22日、遺体は同市神奈川区子安通3、無職、山本いゑ子さん(当時82歳)と判明し長男で無職、我妻光一容疑者(60)を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。我妻容疑者は「やってない」と否認しているという。

 逮捕容疑は5月4~10日、鶴見川に山本さんの遺体を遺棄したとしている。遺体にはいかりがくくり付けられていた。死因はくも膜下出血で、頭部に殴られた跡もあるため、死亡の経緯も追及する。

 我妻容疑者は05年ごろから山本さん方に住み、山本さんはその後、知人宅などを転々としていた。我妻容疑者に暴力を振るわれていたとの情報もあるという。【吉住遊】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101123k0000m040112000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2女子:飛び降り自殺 いじめほのめかす遺書 札幌(23日)

22日午前9時ごろ、札幌市中央区南18西16の自宅があるマンション駐車場で、北海道警札幌南署員らが市立伏見中2年の女子生徒(13)が倒れているのを見つけた。生徒は病院で死亡が確認された。同署によると、女子生徒はいじめをほのめかす遺書を自宅居間に残しており、自宅があるマンション6階から飛び降り自殺したとみられる。

 伏見中によると、女子生徒の遺書には「1年生のとき無視されたり『キモイ』と言われた」「学校のスピーチが嫌だ」といった趣旨の言葉が書かれていたという。同日夜に記者会見した鈴木文夫校長は「大変痛ましく重く考えている」と謝罪したうえで、いじめの有無については「いじめが原因だとも考えられるので、調査したい」と話した。

 また学校や生徒と親しかった同校の卒業生によると、遺書にはいじめをしていたとみられる男女複数の生徒名が書いてあったという。

 札幌南署などによると同日午前8時半ごろ119番があり、若い女性が住所と名前を名乗ったうえで「自殺です」と告げた。警察と消防が駆け付けたところ、マンション駐車場で倒れている女子生徒を発見したという。通報内容が生徒の名前などと一致していることから、本人が119番したとみられる。女子生徒は両親、姉の4人暮らし。

 子供の自殺を巡っては、群馬県桐生市で10月、小6の上村明子さん(12)が自殺し、両親が「いじめが原因」と訴えている。道内では滝川市の小6、松木友音(ともね)さん(当時12歳)が05年9月にいじめを苦に自殺を図り、06年1月に死亡している。【千々部一好、片平知宏】

 ◇半年前から変化感じる…男子生徒

 22日夜、女子生徒が亡くなったマンションには学校関係者や生徒と親しかった上級生らが訪れ、早すぎる「13歳の死」に戸惑いと悲しみの表情を浮かべた。

 弔問した同校の卒業生2人によると、女子生徒は中学で美術部に所属。アニメや漫画、絵を描くことが好きだった。彼女に最後に会ったのは約1カ月前で、悩んでいる様子はなかったという。

 同じマンションに住む中1の男子生徒(13)は「小学生の時は冗談を言い合える優しい人だったけれど、半年ほど前からあいさつしても無視された」と、女子生徒の変化を感じていた。

 一方、生徒が通っていた伏見中では、午後8時半から緊急会見が開かれた。鈴木文夫校長は遺書の詳細な内容について問われると、戸惑った様子で「女の子らしい文字で、まだちゃんと読み込んでいない」。遺書にあった「学校のスピーチが嫌だ」という内容に関しては、22日に国語の授業で全員がスピーチをする予定だったと説明した。同校は24日に全校集会を開き、遺書に名前があった生徒から事情を聴く。【田中裕之】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101123k0000m040081000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月22日 | トップページ | 2010年11月24日 »