« 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月22日 »

2010年11月21日

2010年11月21日 (日)

コインパーキング 車5台焼ける 東京・綾瀬(21日)

21日正午ごろ、東京都足立区綾瀬コインパーキングで、駐車中の乗用車から出火した。この車を含む2台が全焼、3台が部分的に焼けた。けが人はいなかった。

 警視庁綾瀬署によると、車の内部から出火しており、車は当時、無人だった。同署は出火原因を調べている。

 コインパーキングには約20台の車が駐まっていた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101121/crm1011212015013-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

両脚に粘着テープ ダム下の堤防に男性遺体 浜松(21日)

21日午前10時55分ごろ、浜松市天竜区船明、船明ダムの下にある堤防に、男性がうつぶせで倒れているのを通行人が見つけ110番通報した。天竜署員が確認したところ、男性は死亡していた。

 同署などによると、男性は長袖シャツとズボンの普段着姿。靴は履いておらず、切り傷など目に見える外傷はないが、両脚を粘着テープで縛った状態で、そばにロープが落ちていた。ダム上部が道路になっており、男性は道路から約20メートル下のコンクリート部分で見つかった。

関連記事

記事本文の続き 同署は身元の確認を急ぐとともに、死因や詳しい状況を調べている。

 現場は天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅から北に約3キロ、夜間には通行人が少ない天竜川上流のダム湖。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日)

オレオレ詐欺が猛威

【治安解説】
212

 警察庁のまとめによると10月の全国における振り込め詐欺の認知件数は597件で前月より46件増加、5月以降、最悪の数字となった。

 この結果、今年1~10月の認知件数は5476件、被害額は63億8113万円となり、前年同期に比べて件数で835件、金額で17億8547万円減少している。

 しかし、この中で「オレオレ詐欺」が急増しているので注意が必要だ。

 10月のオレオレ詐欺は457件で、振り込め詐欺の77㌫を占め、今年になって最悪の数字となった。

 この結果、オレオレ詐欺の1~10月の認知件数は3487件で被害額は45億5832万円となり、前年同期に比べて981件、1億8267万円の増加となった。

 オレオレ詐欺の口述の1位はその他を除くと「借金等の返済」名目で1104件。2位は「横領事件等の示談金」名目で455件、3位が「妊娠中絶費用」で196件となっている。

 この中で借金の返済は、「振り込まないように」と被害者を説得しやすいのだが、「横領」となると事件になり、警察に相談したら息子が事件に巻き込まれる-と思いこみ、なかなか相談したがらないから手に負えないのである。

日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【メールで警視庁】平成22年11月25日(木)から平成22年11月27日

Bye1

(土)までの間、の午前10時から午後5時まで(最終日は午後3時まで)、墨田区両国駅前にある「東京都江戸東京博物館」1階特設開場において、「第48回親と子の警察展」を開催します。
展示内容として
 ・ 少年非行等の概況、万引き防止コーナー
 ・ 薬物の見本を展示して、有害性を訴える「薬物乱用防止コーナー」
 ・ パソコン・携帯電話を利用しての有害サイト閲覧制限の説明と疑似体験ができる「違法・有害情報対策(フィルタリング)コーナー」
 ・ 非行・被害防止(腹話術)教室コーナー
などの他に
 ・ 白バイに乗車体験できるコーナー
もありますので、ぜひご家族連れでお越しください。
【問い合わせ先】少年育成課 03-3581-4321(内線30632)
★【お知らせ】
Nisho

児童ポルノは子供の人権を脅かす恐ろしい犯罪です。児童ポルノの根絶に向けて次のような情報を求めています
■ネット掲示板で児童の裸の画像を見た
■児童の裸を記録したDVDなどを販売している
■自分の裸の画像をメールなどで送ったことがある
児童ポルノに関する事件情報や被害の相談はこちらへ
『STOP!児童ポルノ・情報ホットライン』0570-024-110(24時間受付・匿名可)
携帯電話からの通報はこちらから
docomo
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/i/anzen/child_porno/joho_p.htm
au
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/ez/anzen/child_porno/joho_p.htm
SoftBank
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/softbank/anzen/child_porno/joho_p.htm

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗団5容疑者を逮捕 空き巣100件超に関与か(21日)

愛知県西部で多発している空き巣事件を捜査する県警捜査3課と東海署などが、盗んだクレジットカードを使った詐欺や窃盗などの疑いで、無職の男女5人を逮捕していたことが分かった。県警は、このグループが民家への空き巣を100件以上繰り返したとみており、21日に5人を送検し、被害の裏付けを進める。捜査関係者が明らかにした。

 捜査関係者によると、5人は住所不定、佐藤和(ひとし)容疑者(28)ら、28~45歳の男3人、女2人。名古屋市内の民家で空き巣をしたり、大府市内の民家から盗まれたカードを使ってゲーム機を買ったりした疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、グループは名古屋市と知多半島などで空き巣を繰り返し、現金や貴金属などを盗んでいた。カードで高級ブランド品などを買って転売し、現金を得ていたとみられる。グループの一部は名古屋市内のホテルを転々としていたという。

(中日新聞)

47newslogo1_2 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010112190101022.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・大田区のアパートで大家の80歳男性が男に包丁のようなもので刺され軽傷(21日)

東京・大田区のアパートで20日夜、大家の80歳の男性が、男に包丁のようなもので刺され、軽傷を負った。
20日午後9時ごろ、大田区羽田のアパートの一室で、大家の男性(80)が、包丁のようなものを持った男に、「金を出せ」などと脅された。
男は、もみ合いとなった末、男性の腹部を刺して逃走、男性は軽傷を負った。
警視庁は、強盗致傷事件として、逃げた男の行方を追っている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カードで買い物・現金化商法、相談件数が急増(21日)

改正貸金業法の完全施行から5か月がたち、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする「現金化商法」を巡るトラブルなどの相談が急増している。

 国民生活センターによると、今年度は263件(10月末現在)で、前年同期(88件)の約3倍。同センターは、改正後に消費者金融から金を借りられなくなった人たちが、同商法を利用しているとみている。

 「質屋のイメージ」。東京・千代田区にある雑居ビルの一室で、現金化商法を手がける男性は、その手法をそう説明した。

 男性によると、例えば、現金10万円が必要な場合、利用者は、業者が指定する「金券」をクレジットカードで12万5000円分購入、業者がそれを10万円で買い取り、その場で利用者に10万円を手渡す。これは「買い取り方式」だ。

 男性は「違法ではない」と説明するが、10万円を得た人には、1、2か月後、カード会社から12万5000円の請求が届く。差額の2万5000円が事実上の金利となり、その年利は最大約300%。出資法などで定める上限(15~20%)をはるかに上回ることになる。

 同センターでは、「買い取り」とは別に「キャッシュバック方式」もあるとしている。

 東京都内に住む元会社経営者の男性(58)は、生活費目的などでこの手法を計10回利用した。インターネット上から20万円で指輪の購入をカード決済で申し込むと、口座にはすぐ17万4580円がキャッシュバックという名目で振り込まれた。

 2~3日後に届いた指輪はおもちゃのようなものだったが、男性は「消費者金融が貸してくれない中、すぐに現金が手に入るのは魅力だ」と語る。

 同センターへのこうした商法を巡る相談は、貸金業法改正の完全施行前後から急増、「解約したい」「高金利だ」などと内容は様々だ。無審査で手軽な点も、利用者が増えている理由とみられる。

 一方、法改正では、主婦などが金を借りにくくなったとも指摘されている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒の席で口論、友人刺し死なす…病院職員逮捕(21日)

三重県警四日市西署は20日、一緒に酒を飲んで口論となった友人男性をナイフで刺したとして、傷害の疑いで四日市市高見台、市立四日市病院臨時職員、杉原由剛容疑者(63)を逮捕した。

 男性は同市市場町、無職、谷口達夫さん(62)で、搬送先の病院で死亡。同署は傷害致死容疑に切り替えて調べる。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は20日午後6時ごろ、市内の別の知人宅で、谷口さんの右腹を刃渡り13センチのナイフで刺した疑い。

 同署によると、杉原容疑者は同日午後4時ごろから3人で日本酒や焼酎を飲んでいた。口論となって谷口さんに殴られ、腹を立てて台所のナイフを持ち出したという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:防止対策、新作戦成功 長時間話し中…近隣署員駆け付け逮捕 /神奈川(21日)

◇防止呼び掛けで電話すると長時間話し中 近隣署に連絡→容疑者逮捕

 銀行員を装いキャッシュカードをだまし取ったとして、港北署は17日、住所不定、無職、八木裕介容疑者(28)を詐欺容疑で緊急逮捕した。県警の振り込め詐欺防止の電話オペレーターが被害者宅に電話した際、長時間話し中だったため通報、署員が駆け付けて逮捕につながった。

 逮捕容疑は17日午後3時半ごろ、横浜市港北区の70代の女性に電話で「口座から現金が下ろされている。職員が行くからキャッシュカードを渡してください」と偽り、女性宅でカード7枚をだまし取ったとしている。別の男が電話したと見られ、女性が他の人に相談しないよう電話をつないだままにしていた。

 電話オペレーターによる詐欺防止の呼び掛けは10月から始まり、長時間話し中の場合は、近隣の署員が駆けつけることになっている。【高橋直純】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20101119ddlk14040179000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

友梨さんはどこに? 支援者がビラ配り(21日)

大阪府熊取町の吉川友梨さん(当時9歳)が行方不明になってから、7年半が経つのを受けて、支援者らが情報提供を呼びかけた。20日、地元の支援者らが集まり、大阪の難波駅周辺で、1万枚のビラを用意して情報提供を呼びかけた。2003年5月20日、小学4年生だった吉川友梨さんは、下校途中に行方不明になった。警察は、何者かに連れ去られた可能性が高いとみて捜査を続けているが、現在のところ有力な手がかりはない。警察は、上限300万円の公的懸賞金制度の対象にして、友梨さんに関する情報提供を呼びかけている。

Banner011 http://www.news24.jp/nnn/news889188.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

年間押収200キロに迫る (21日)

 成田空港で今年押収された覚せい剤の総量が10月末時点で175キロ(末端価格約158億円)を突破、11月に入ってからの捜査中事件も含めると計200キロ(同約180億円)に迫り、年間押収量として過去最多を大幅に更新したことが19日、東京税関成田支署への取材で分かった。西アフリカ諸国からの大量持ち込みが相次ぎ、覚せい剤密輸の年間摘発件数も過去最多の70件に達している。

 成田空港で過去、年間の覚せい剤押収量が最多だったのは2004年の約102キロ。08年には約52キロに半減したが、昨年約86キロに増え、今年は一気にアップした。件数は昨年(68件)に続き、最多を更新した。

 同支署の10月末時点の集計(66件分)によると、1件当たりの押収量は約2・7キロで、前年同時期の約1・2キロから倍増。大口化が進む。運び役として摘発された60歳以上が8人(うち日本人4人)おり、前年同時期の2人と比べ、高齢者が目立つのも特徴という。

Logo_031 http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1290215677

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

坂井市議が無免許運転、逮捕 職質振り切る、容疑で坂井署(21日)

坂井署は19日、無免許運転の疑いで、福井県坂井市丸岡町高田、同市市会議員藤澤寛司容疑者(35)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後2時20分ごろ、福井市大和田町の市道を、無免許で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、免許停止中の車を捜査していた署員が同容疑者の車を発見。近くのショッピングセンター駐車場で職務質問したところ、同容疑者は署員を振り切り車で逃走したという。同11時ごろ、署員が同市開発町の温浴施設の駐車場に止まっている同容疑者の車を発見。車内にいた同容疑者を逮捕した。

 同容疑者は違反の累積で10月18日から120日間の免許停止処分を受けていた。同容疑者は2003年に丸岡町議に初当選。坂井市発足に伴う同市議選で06年に市議初当選、今年4月に2期目の当選を果たした。

47newslogo1 http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/index.php?page=article&storyid=24860&storytopic=1

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄・尖閣諸島付近で中国の漁業監視船2隻が航行 16時間以上経過も航行続ける(21日)

沖縄県の尖閣諸島付近で20日、航行しているのが見つかった中国の漁業監視船2隻は、16時間以上たった21日午前0時現在も航行を続け、海上保安庁が警戒を続けている。
20日午前8時25分、尖閣諸島の魚釣島の西北西およそ37kmの海域で、中国の漁業監視船「漁政310」が航行しているのを、海上保安庁の航空機が見つけ、さらにそのおよそ30分後には、「漁政201」も発見された。
2隻は、21日午前0時現在も航行を続けている。
中国メディアによると、漁政310には、衛星通信システムなど最新の機器が装備されているという。
海上保安庁は、日本の領海に入らないよう警告しているが、漁政310からは、「われわれは正当な任務にあたっている」との応答があったという。
これを受け、政府は、首相官邸内の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄堺筋線:扉開いたらホームなし…電車の運転士誤操作(21日)

20日午前9時20分ごろ、大阪市営地下鉄・堺筋線の天下茶屋駅(同市西成区)で、到着した電車(8両)の男性運転士(39)が誤ってホームと反対側の扉を開けた。乗客約30人にけがはなかった。今月12日にも、同線扇町駅(同市北区)で同様のミスがあった。

 大阪市交通局によると、扉の開閉業務は通常車掌が行うが、終点の同駅では、折り返し運転の準備のため、運転士も開閉装置を操作するという。この運転士は7年5カ月の運転経験があるが、現在は駅勤務。この日は運転技術を保つための定期研修中だった。【安藤龍朗】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101121k0000m040066000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駐車違反金、政治資金から支出、埼玉・民主8区総支部(21日)

埼玉県選出の民主党・小野塚勝俊衆院議員が代表を務める同党県8区総支部が昨年8月、駐車違反の反則金1万5千円を政治資金の経常経費で「交通安全対策特別交付金」名目で支出し、県警に支払っていたことが20日、県選管が公表した政治資金収支報告書でわかった。小野塚氏は「誤解を持たれる行為だった」として、22日にも収支報告書を訂正するという。

 小野塚氏によると、昨夏の総選挙公示前に、東武東上線ふじみ野駅前で行ったビラ配りで、ボランティアの男性スタッフ(現・秘書)が近くに止めた宣伝カーが駐車違反で反則切符を切られたという。

 総支部が党本部に事情を説明したところ、支出に当たっては「政治資金から支出しても問題ない」との回答を得たといい、小野塚氏は「ボランティアに反則金を払わせるのは申し訳ないとの判断もあった」という。報告書の訂正にあたって、この男性から反則金を徴収するという。

 埼玉市民オンブズマン・ネットワークの安藤正義事務局長は「業務中に交通違反をしたとしても、反則金を肩代わりしてくれる会社や役所がどれだけあるというのか。社会通念に照らしても市民の理解は得られない」としている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

キャバクラ店長、2人組に1300万円奪われる(21日)

 20日午後4時25分頃、愛知県岡崎市井田南町のキャバクラ店駐車場で、同店店長山内暁生さん(34)が乗用車から降りたところ、男2人が立ちはだかり、1人がナイフのようなものを山内さんの腹に突きつけ、「騒ぐな。刺すぞ、殺すぞ」と脅迫。

山内さんが持っていた現金約1300万円入りのトランクと現金約25万2000円などが入ったバッグを奪った。

 男らはさらに山内さんに車に乗るよう指示したが、山内さんはすきを見て走って逃げ、けがはなかった。男らは山内さんの車に乗って逃走した。岡崎署は強盗事件として捜査している。

 発表によると、約1300万円の現金は店の従業員50~60人分の給料で、この日が支給日だった。男はいずれも20歳代後半ぐらいで、身長約1メートル70。2人とも黒っぽい上着に黒いニット帽姿で、1人はサングラスをかけていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

寝室に白骨化2遺体、83歳と77歳の姉妹か(21日)

20日午後1時頃、東京都練馬区氷川台3、無職斉藤千代子さん(83)の親族から、「半年前から連絡が取れない」と110番があった。警視庁練馬署員が室内を調べたところ、2階寝室で、斉藤さんと妹の石井雅子さん(77)(板橋区在住)とみられる2人の遺体が見つかった。

同署で身元の確認を急ぐとともに、詳しい死因を調べている。同署幹部によると、斉藤さんは一人暮らしで、2人とも白骨化して目立った外傷はなかった。玄関や窓は施錠されていたという。争ったような形跡もなく、同署は、病死か事故死の可能性が高いとみている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月20日 | トップページ | 2010年11月22日 »