« 詐欺:女子高生から430万円 24歳男逮捕…大阪府警(18日) | トップページ | “警察官制圧 限度超え違法”(18日) »

2010年11月18日 (木)

東京・中野区強盗傷害事件 韓国警察当局、主犯格の韓国国籍の男ら2人を逮捕・起訴(18日)

東京・中野区の資産家宅で2007年に起きた強盗傷害事件で、韓国に逃亡していた主犯格の男ら2人が、韓国の警察当局に逮捕・起訴されていたことがわかった。
強盗傷害などの疑いで逮捕・起訴されたのは、韓国国籍の朴大奎(パク・テギュ)被告(46)と、金龍一(キム・ヨンイル)被告(45)。
朴被告らは2007年3月、中野区江古田の資産家宅に侵入し、当時51歳の男性に「手を上げろ、殺すぞ」などと脅したうえ暴行を加え、現金や指輪などおよそ50万円相当を奪った疑いが持たれていて、10月、韓国のソウル地方警察庁に逮捕され、その後、起訴された。
この事件では、すでに実行役の男2人が逮捕されていたが、主犯格の朴被告らは韓国に逃亡し、2010年9月、警視庁が韓国の警察当局に代理処罰の要請をしていた。
調べに対し、朴被告らは「現場に行ったことはない」と供述しているという。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 詐欺:女子高生から430万円 24歳男逮捕…大阪府警(18日) | トップページ | “警察官制圧 限度超え違法”(18日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京・中野区強盗傷害事件 韓国警察当局、主犯格の韓国国籍の男ら2人を逮捕・起訴(18日):

« 詐欺:女子高生から430万円 24歳男逮捕…大阪府警(18日) | トップページ | “警察官制圧 限度超え違法”(18日) »