« 2010年11月18日 | トップページ | 2010年11月20日 »

2010年11月19日

2010年11月19日 (金)

万引き容疑の男、ナイフで自分の腹刺す (19日)

19日午後4時45分ごろ、東京・町田市の「ルミネ町田店」で、万引きをした疑いがある男がいきなり、持っていたウエストポーチからナイフを取り出し、自分の腹を刺しました。

 警視庁によりますと、男は4階の店舗で靴下1足を万引きしたとされる姿を警備員に目撃され、男が2階に降りたところで警備員が「万引きしたのではないか」と話を聴こうとしたところ、いきなり自分で腹を刺したということです。

 男は病院に運ばれましたが軽傷で、警視庁は男のけがの回復を待って、窃盗の疑いで事情を聴くことにしています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4580500.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで薬物、180人摘発…好奇心で初犯7割(19日)

6月までの今年上半期に、インターネット上の薬物密売サイトで覚せい剤や大麻などを入手したとして、全国で180人が摘発されていたことが警察庁の調査で分かった。

 約7割は薬物犯罪の前科前歴がなく、好奇心などで検索したサイトをきっかけに手を染めていた。ネットを介しての薬物汚染は以前から問題視されていたが、容疑者の実態調査が行われるのは初めて。

 同庁の発表によると、180人のうち、年代別では30歳代が72人で全体の約4割。以下、20歳代(60人、約33%)、40歳代(37人、約21%)が多かった。10歳代は7人だった。

 ネットで購入した薬物の約82%は、覚せい剤だった。覚せい剤事件全体でみると、20歳代で摘発されたのは約2割にとどまっており、ネットを使った薬物購入が、若者を中心に広がっていることが浮かび上がった。薬物事件全体では約5割が再犯者だったが、密売サイト利用に限れば約68%(123人)が初犯だった。男女別は男148人、女32人だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石巻3人殺傷:「更生の可能性は皆無」少年に死刑求刑(19日)

宮城県石巻市の3人殺傷事件の仙台地裁(鈴木信行裁判長)裁判員裁判で、殺人や未成年者略取などの罪に問われた同市の元解体作業員の少年(19)に対し検察側は19日、死刑を求刑した。裁判員裁判4例目で少年に対しては初めて。検察側は論告で「凶悪極まりない冷酷な殺人で、更生の可能性は皆無」と主張、弁護側は「深く反省しており更生の可能性がある」と極刑回避を訴え結審した。判決は25日に言い渡される。

 少年は3人殺傷の起訴内容はほぼ認め、最終意見陳述でも「厳しく処罰してください」と述べた。男女各3人の裁判員は22、24、25日の評議で、少年の更生の可能性も考慮しつつ、死刑か否かの難しい判断を迫られる。

 検察側は論告で、少年と同じ事件時18歳の被告に対する光市母子殺害事件の最高裁判決(06年)や、死刑選択の基準「永山基準」に言及。元交際相手(18)との復縁を阻む姉ら3人をためらわず刺したことなどから「自己中心的で身勝手な動機で残虐な犯行。光市事件と同じか、それ以上に悪質」と指摘。「極めて重大な犯罪で、少年という事情も全く意味を持たない。極刑を回避すべき特段の事情はない」と非難した。

 弁護側は最終弁論で「現場で突発的に殺意を抱いており計画性は弱い」などと反論。「不遇な生い立ちで、精神的に未熟だ」として少年院送致など保護処分が相当と訴えた。

 少年法は18歳未満への死刑は禁じているが、少年は事件時18歳223日。今回と同じ死者2人のケースでも、光市事件の差し戻し控訴審(08年)などで死刑判決の例がある。【須藤唯哉】

 ◆少年の起訴内容

 元交際相手の女性(18)に復縁を迫っていた少年は(1)2月10日午前6時40分ごろ、石巻市清水町1の女性宅に牛刀(刃渡り約18センチ)を持って押し入り2階寝室で、女性の姉の南部美沙さん(当時20歳)、女性の友人の大森実可子さん(同18歳)を刺殺=殺人、銃刀法違反罪(2)居合わせた南部さんの友人男性(21)も刺した=殺人未遂罪(3)その後、女性を車に乗せ連れ去った=未成年者略取罪(4)同4~5日には鉄棒で全身を殴るなどして女性に重傷を負わせた=傷害罪

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101120k0000m040079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公園でハト45羽死ぬ 毒混入の餌食べ? 東京・江東(19日)

19日午前8時50分ごろ、東京都江東区亀戸の都立亀戸中央公園で「ハトが5~6羽死んでいる」と清掃作業をしていた70代の男性から110番通報があった。警視庁城東署で調べたところ、公園や周辺の川沿いなどで計45羽が死んでいるのが見つかった。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、ハトの体表に目立った傷はなく、鳥インフルエンザの簡易検査でもウイルスは検出されなかった。公園の広場にパンくずが散乱しており、同署は何者かが毒物を混入した可能性もあるとみて鑑定する。

 現場は東武鉄道亀戸水神駅前の公園。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

調べ室は情状酌量の場

【治安解説】
212

 最初は練炭自殺と判断され、しかも相当時間も経過してから逮捕され、さらに、逮捕してからも、事件を否認したばかりか、黙秘を通すなどした被疑者を警視庁が立件。被害者が死亡後、被疑者の銀行口座に27回にわたり1700万円の振り込みが確認されるなどの状況証拠で東京地検立川支部が19日、殺人の罪で起訴したもの。

 今、調べ室の可視化が問題になっており、第一線の刑事たちは「もう落とせる状態ではない」と嘆く。たばこもお茶も与えれば便利供与。勿論、大声は出せないし、言葉使いにも気を遣う…殺人や強盗など凶悪犯と対峙するときに、「…ですね」「なんとか言ってくださいよ…」などと言っているのでは、被疑者は益々そっくり返るばかりだ。

 そんな中で、今回の地検立川支部のような状況証拠の積み重ねだけで、本人が否認しようと黙秘しようと起訴するという英断に拍手を送りたい。

 これからの取り調べは、「被疑者が犯行を認める」とか「認めない」に関係なく、坦々と調べて、時間がきたら起訴する覚悟がないと、世の中は「嫌疑不十分」の犯罪者であふれてしまいますぞ。もはや調べ室は、情状酌量の場だけで良い時代なのかもしれない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

【メールで警視庁】平成22年11月25日(木)から平成22年11月27日

Bye1

(土)までの間、の午前10時から午後5時まで(最終日は午後3時まで)、墨田区両国駅前にある「東京都江戸東京博物館」1階特設開場において、「第48回親と子の警察展」を開催します。
展示内容として
 ・ 少年非行等の概況、万引き防止コーナー
 ・ 薬物の見本を展示して、有害性を訴える「薬物乱用防止コーナー」
 ・ パソコン・携帯電話を利用しての有害サイト閲覧制限の説明と疑似体験ができる「違法・有害情報対策(フィルタリング)コーナー」
 ・ 非行・被害防止(腹話術)教室コーナー
などの他に
 ・ 白バイに乗車体験できるコーナー
もありますので、ぜひご家族連れでお越しください。
【問い合わせ先】少年育成課 03-3581-4321(内線30632)
★【お知らせ】Nisho

児童ポルノは子供の人権を脅かす恐ろしい犯罪です。児童ポルノの根絶に向けて次のような情報を求めています
■ネット掲示板で児童の裸の画像を見た
■児童の裸を記録したDVDなどを販売している
■自分の裸の画像をメールなどで送ったことがある
児童ポルノに関する事件情報や被害の相談はこちらへ
『STOP!児童ポルノ・情報ホットライン』0570-024-110(24時間受付・匿名可)
携帯電話からの通報はこちらから
docomo
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/i/anzen/child_porno/joho_p.htm
au
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/ez/anzen/child_porno/joho_p.htm
SoftBank
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/softbank/anzen/child_porno/joho_p.htm

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・立川市マッサージ店放火事件 客の30代男が警視庁に逮捕・起訴される(19日)

2010年4月、東京・立川市のマッサージ店で起きた放火事件で、客の30代の男が、警視庁に逮捕・起訴されていたことがわかった。
現住建造物等放火の疑いで逮捕・起訴されたのは、マッサージ店に客として訪れていた都内に住む30代の男。
男は2010年4月、立川市柴崎町のマンションの一室にあるマッサージ店を放火し、逃走した疑いが持たれている。
事件発生当時、店の関係者は、「客の男を起こしに行ったあと、その個室から火が出て、男はいなくなっていた」と話していて、警視庁が男の行方を追っていた。
現場近くの防犯カメラには、この男がマッサージ店に出入りする姿が映っていたという。
男は調べに対して、「やっていない」と容疑を否認しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188189.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁:薬物犯罪の対策強化プラン策定 全国に実施指示(19日)

警察庁は19日、覚せい剤や大麻などの犯罪に対応する「薬物対策重点強化プラン」を策定し、都道府県警に実施を指示した。柱は(1)防犯関連のネットワークなどを通じた薬物乱用防止活動の推進(2)「運び屋」を使った密輸の取り締まり(3)インターネット上の薬物関連情報の収集(4)警察施設に拘置されている検挙者への啓発パンフレット配布--など。

 警察庁によると、昨年の覚せい剤事犯の検挙者は1万750人。97年から06年まで減少傾向が続いた後、ほぼ横ばいで推移している。20代までの若年層に比べ、30代以上の減り方が少なく、対策プランには社会人に重点を置いた啓発を盛り込んだ。密輸の舞台に地方空港が使われる傾向があり、水際の取り締まりも強化する。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

木嶋容疑者、青梅の男性殺害で追起訴 調べに否認・黙秘(19日)

東京都青梅市の会社員寺田隆夫さん(当時53)が2009年1月、練炭自殺を装って殺害されたとされる事件で、東京地検立川支部は19日、無職木嶋佳苗容疑者(35)を殺人罪で追起訴した。

 木嶋容疑者の周辺では、結婚相手を紹介するサイトなどで知り合った男性4人が相次いで不審死しており、このうち殺人罪での起訴は2件目。他にも、千葉県野田市の安藤建三さん(当時80)が死亡した事件で同県警が木嶋容疑者を殺人容疑で逮捕する方針を固めている。

 起訴状によると、木嶋容疑者は09年1月30~31日、マンションの寺田さん方で、寺田さんを眠らせたうえ、練炭を燃やして一酸化炭素中毒にさせ、殺害したとされる。

 警視庁は10月29日に木嶋容疑者を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者によると、直後の調べに対し、「私は殺していません」と否認し、その後は一貫して黙秘しているという。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「すぐ捕まるぞ」…その通り強盗未遂で男逮捕(19日)

19日午前10時15分頃、大阪市西淀川区柏里の西淀川柏里郵便局=植松正己局長(57)=に男が押し入り、小型ナイフをカウンター越しに局員に突きつけ、「金を出せ」と脅した。

 植松局長が「そんなことしても、すぐ捕まるぞ」と説得すると、男は何も奪わず走って逃げた。けが人はなかった。

 西淀川署は強盗未遂事件として捜査。約10分後、現場の西約100メートルの路上にいた男を、駆けつけた警察官が発見、強盗未遂容疑で現行犯逮捕した。発表では、同区花川、無職井手勝則容疑者(56)。容疑を認めているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームレスに偽装結婚斡旋などの容疑で男ら4人を逮捕(19日)

ホームレスと中国人の女の偽装結婚を仲介したとして、警視庁組織犯罪対策1課と世田谷署などは電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、東京都中野区上高田、自営業、清水徹容疑者(40)ら計4人を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同課によると、清水容疑者は東京・新宿の公園で、ホームレスにアパートへの入居などを条件に中国人の女性との偽装結婚を持ちかけていた。女性は日本で在留資格取得を望んでおり、清水容疑者に謝礼金を支払っていた。同課では、清水容疑者が10年以上前から少なくとも20組の仲介をしていたとみて裏付け捜査を急いでいる。

 同課によると、清水容疑者は「偽装結婚とは思わなかった」と否認しているという。

 逮捕容疑は平成18年7月、当時ホームレスだった男(51)と中国籍でマッサージ店従業員の女(38)が結婚しているように装って都内の区役所に婚姻届を提出したなどとしている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小型犬だけど大丈夫! チワワの警察犬が誕生(19日)

奈良県警の嘱託警察犬の審査会に初挑戦していたチワワの桃(メス、7歳)が19日、捜索救助の部で見事合格し、全国でもほとんど例のない「チワワのお巡りさん」が誕生することになった。12月10日に交付式が行われ、来年1年間が任期となる。

関連記事

記事本文の続き 審査会に参加した70頭中32頭が足跡追及や臭気選別の部などで合格し、桃は捜索救助の部でシェパードやラブラドルレトリバーなど常連組と肩を並べた。

 桃の指導を行っているドッグスクールの島田健司所長は「小さい子だけどしっかり者。今後の活躍を見守りたい」。県警鑑識課は「小型犬の特性を生かした活躍をしてほしい」と期待をかけている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

イラン人と中国人の密売グループが摘発 (5日)にコメント

この覚せい剤密売容疑のイラン人、トラビとは余儀なく個人的に長年付き合わざるを得なかった者ですが、この男、悪知恵は人一倍発達していて、未だに口を割らないしぶとさを見せているようで、捜査も大変だろうとお察しします。
今年3月から2千万円というレベルではなく、永住権を取得した直後から、定職を放擲し(2007年夏ごろ)、急に金回りがよくなり、女まで囲い、新宿や渋谷の銀行で一日に百万を超える金を出し入れするようになっているから、相当多額の金を手にしていると思われる。現在女の管理下に相当の金があり、今年の春と夏にイランに帰っているから、何らかの方法で相当持ち出しているでありましょう。
 現在は永住権を与えた外国人は野放し状態のようですが、しかるべき監督を怠らないなら、随分と不良外人の犯罪は減り、治安もよくなると思います。下記、入管に提案してもらいたいものです。
・日本女性と結婚して10年を経過したことを主たる理由として永住権を与えた場合には、永住権取得直後に離婚した事実を何らかの方法で把握して、事情聴取すること。
・永住権を与えても、納税証明書くらいは毎年提出するのを義務とすること、または、役所同士のやり取りで納税証明書が入管に届くようにすること。トラビなぞ、贅沢な生活をしながら、ここ何年間は最低の税金しか払っていないのに、健康保険など日本人と同じ便宜を供与されているのは、真面目な納税者はバカらしくなりますよ。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-ad2b.html#comment-57643877

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際相手を殺害 女を起訴へ(19日)

東京・青梅市で交際相手の男性を練炭自殺を装って殺害したとして逮捕された35歳の女を、東京地方検察庁立川支部は、19日、殺人の罪で起訴する方針です。警視庁の調べに対して、女は逮捕直後に容疑を否認し、その後は何も話さず、一貫して黙秘しているということです。

東京・豊島区に住んでいた無職の木嶋佳苗容疑者(35)は、去年1月、交際していた東京・青梅市の会社員、寺田隆夫さん(当時53歳)を練炭自殺を装って殺害したとして、殺人の疑いで逮捕されています。警視庁の調べに対して、木嶋容疑者は逮捕直後に「私は殺していません」と容疑を否認し、その後は何も話さず、

一貫して黙秘しているということです。警視庁は、当初、寺田さんは自殺したと判断していましたが、あらためて調べた結果、木嶋容疑者の口座に寺田さんから27回にわたっておよそ1700万円が振り込まれていたほか、現場にあったのと同じタイプの練炭やしちりんを木嶋容疑者がインターネットで購入していたことなどがわかったということです。

警視庁は、状況証拠の積み重ねによって木嶋容疑者が殺害した疑いが強まったとしていて、東京地方検察庁立川支部は、19日、殺人の罪で起訴する方針です。木嶋容疑者は、去年8月、埼玉県内の駐車場で別の交際相手の男性を殺害したとして起訴されています。また、去年5月、千葉県野田市で木嶋容疑者の知人の当時80歳の男性が不審な状態で死亡したとして、千葉県警が捜査しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101119/k10015332661000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・我孫子市の郵便局に刃物強盗 現金およそ27万円を奪い、青の軽自動車で逃走(19日)

千葉・我孫子市の郵便局に18日、刃物を持った男が押し入り、現金およそ27万円を奪って逃走した。
18日午後2時ごろ、我孫子市新木野(あらきの)の郵便局に男が押し入り、局員に包丁のようなものを突きつけ、「金を出せ、1分ぐらいで出せ」と脅し、およそ27万円を奪って逃走した。
局員にけがはなかった。
男は、白いベストに茶色っぽいズボン姿で、青い軽自動車で逃走したという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188158.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺男性口座に被害者側から1000万円(19日)

 兵庫県西宮市の事務所兼自宅で建築士・水田実さん(62)と妻輝子さん(62)が他殺体で見つかった事件で、飛び降り自殺したとみられる参考人の男性(61)(大阪市西淀川区)の口座に、水田さん夫婦側から約1000万円が振り込まれていたことが、18日、捜査関係者への取材でわかった。

水田さん夫婦からの借金とみられ、県警は男性と夫婦との間で、金銭トラブルがあった可能性があるとみて調べている。捜査関係者によると、水田さん夫婦の預金などを調べたところ、輝子さん名義の口座から男性の口座に、数回にわたって、計約1000万円が振り込まれていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

馬乗りになって突き刺す、強盗殺人で山崎容疑者を起訴 大阪・吹田市(19日)

大阪府吹田市の河内山十一さん(84)が自宅で殺され、預金口座から現金が引き出された事件で、強盗殺人容疑で大阪府警に逮捕された山崎義久容疑者(52)が、抵抗する河内山さんを馬乗りになって押さえつけ、首と胸を包丁で2回突き刺していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。大阪地検は同日、山崎容疑者を強盗殺人の罪で起訴した。

関連記事

記事本文の続き 起訴状によると、山崎被告は9月19日夜から翌20日早朝にかけて、座いすで寝ていた河内山さんの胸を台所の文化包丁(刃渡り約17センチ)で刺し、抵抗を始めた河内山さんの頭を切りつけた上、馬乗りになって首と胸を刺して殺害した。さらに現金1万4千円とキャッシュカードなど9点を奪ったとされる。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁テロ情報、13の国・地域に拡散 責任追及と信用確保…苦悩する警察(19日)

警視庁公安部外事3課が作成したとみられる国際テロに関する資料がインターネット上に掲載された問題で、ファイル共有ソフトを通じて計13の国と地域で資料が入手されていることが18日、ITセキュリティー会社への取材で分かった。警察当局は最大の懸案だったアジア太平洋経済協力会議APEC)警備を無事終えたが、資料の拡散で国際問題に発展する可能性は否定できない。流出情報が「本物」と判明しても、それを認めるわけにはいかないという「インテリジェンス(情報活動)の常識」も悩みの種だ。

関連記事

記事本文の続き ■拡散

 ITセキュリティー会社「ネットエージェント」(東京都墨田区)では、資料が共有ソフト「ウィニー」に流出した10月28日以降、ウィニーのほか「シェア」、「パーフェクトダーク」の計3種類で資料を入手した人数を集計した。

 その結果、これまでに日本の5172人が最も多く、韓国27人、台湾19人、米国17人と続き、13の国と地域で計5262人が入手していた。

 入手された資料は、ネット上の掲示板に転載されたり、添付ファイルなどでメール送信を重ねられたりしており、実数はこの何十倍にものぼる可能性がある。

 流出した資料には、イスラム系外国人の「捜査協力者」との面会記録や行動確認記録、イスラム圏の在京大使館の給与口座照会結果もあった。イスラム圏の国々でも資料を入手して問題視する声があがれば、外交問題にも発展しかねない。

 ■難航

 警視庁では、サーバーの経由が確認されたルクセンブルクから発信元をたどる作業に加え、資料は誰が入手可能であったかという2本立てで調査をしている。

 外事3課には、庁内LANのみに接続する「庁内」パソコン▽インターネットのみに接続する「外部」パソコン▽どこにも接続していない「独立」パソコン-の3種類がある。

 流出した資料の中には、誤字・脱字があるなど作成途中で、上司の決裁を受ける前のものとみられるものがあった。通常、資料は庁内パソコンで作成されるが、現場に出る機会が多い捜査員は独立パソコンで作成することもあるという。

 独立パソコンは外部記憶媒体にも保存が可能で、ここからデータが抜き出された可能性がある。だが、資料の作成者と抜き出した者は一致しないとみられ、警察幹部は「追跡は容易ではない」と調査の長期化を示唆している。

 ■苦悩

 警察当局は依然、「資料が本物かどうかを含めて調査中」という姿勢を変えていない。海外情報機関との関係を考慮すれば、軽々しく「本物」と認めることはできないが、このまま「調査中」を貫くのも難しく、苦悩は深まるばかりだ。

 「大半は本物でほぼ間違いない」。ある警察幹部はこう話す。インテリジェンスの世界で最も秘匿しなければならないのは、外部協力者の情報。それすら守れないとなると国際的信用は完全に失墜する。「海外でも情報流出や内部の暴露があった際、情報機関は『知らない』で押し通すのが常識」(警察幹部)なのだ。

 警察幹部は「流出元が判明した場合、資料を本物と認めて刑事責任を問えば、さらに信用を失いかねない。不祥事の隠蔽(いんぺい)といった低次元の話ではない」と説明する。

 インテリジェンスに携わる者が流出情報を見れば、どういうたぐいのものかはすぐに分かる。識者からは「他国の情報機関が偽物と思うはずがなく、すでに信用は深く傷付いていることを認識すべきだ」といった声もあがっている。

 警察当局は一定の調査が済んだ段階でFBI(米連邦捜査局)に幹部を派遣し、経緯を説明することも検討している。別の警察幹部は「まずは流出元を特定し、第2の犯行の芽を摘まないと。対応はそれからだ」と苦悩をにじませた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:りんごで防止--福島北署 /福島(19日)

振り込め詐欺と自転車の盗難がなくなるようにと育てられた「犯罪被害防止広報りんご」が17日、福島市飯坂町湯野の果樹園で収穫され、同市飯坂町平野の福島北署に贈られた。

 菊田透・福島北地区少年警察ボランティア協会長(59)が自らの農園で、リンゴが色づく9月下旬に表面に黒いテープを張り、文字や絵を浮かび上がらせた。「それうそかも?」と「自転車ツーロック」の標語が1文字ずつ記されている。

 リンゴは同署1階ロビーのほか、福島市役所飯坂、北信、信陵の3支所にも展示される。本田邦幹同署生活安全課長は「リンゴの種類は『さんふじ』で、語呂合わせから『無事』の願いも込められている。特産のリンゴを使い、犯罪防止のPRができた」と話した。【長田舞子】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20101118ddlk07040104000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高松地裁:誤った法定刑で求刑 高裁で法令違反指摘(19日)

高松地裁で今年6月、強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われた鈴木健二被告(49)に対する裁判員裁判で、検察側が誤った法定刑を前提に論告求刑し、地裁も気付かないまま法令適用に誤りがある判決を出していたことが18日、高松高裁の控訴審判決で明らかになった。裁判員らは誤った法定刑で評議していたとみられるが、高裁は誤りによる判決への影響はないとし、1審で懲役9年を言い渡した鈴木被告の控訴を棄却した。

 高裁判決によると、検察側は1審・論告求刑の際、強盗強姦の法定刑を「無期懲役または7~20年の懲役」として懲役12年を求刑した。しかし事件は刑法改正前の03年だったため、「無期懲役または7~15年の懲役」が正しかった。地裁は誤りを指摘せず、改正後に適用される刑の条文を判決文に書いていた。

 高裁判決で長谷川憲一裁判長は「裁判官が正確な法定刑を示さずに評議が行われたと推認する」とし、訴訟手続きに法令違反がある場合に該当すると指摘した。しかし1審判決への影響について、「正しい法定刑を示されていたとしても、同じ量刑となった可能性が極めて高い」として否定した。

 高松地裁は取材に対し「コメントは差し控えたい」とし、高松高検の中島行博刑事部長は「求刑は法的拘束力はないが、十分注意したい」と話した。【中村好見】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101119k0000m040164000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

客引き裁判:「2万円で捜査協力」 被害者が法廷で証言(19日)

路上で客引きをしたとして神奈川県厚木市のキャバクラ店従業員の男(29)が風営法違反で逮捕・起訴された事件を巡り、「客引きの被害に遭った」とされた男性2人が、自身が県警の捜査協力者だったと法廷で証言していたことが分かった。県警は2人が「偶然、現場を通った」と事実と異なる供述調書を作成して逮捕しており、専門家からは捜査手法を疑問視する声が出ている。2人のうち1人は元警察官だった。協力者を使った捜査の実態が明らかになるのは異例。

 起訴状によると、従業員は2月16日夜、厚木市内の路上で「3900円飲み放題でどうですか」などと男性に呼びかけ、客引きをしたとしている。

 弁護側によると、県警は、2人と従業員が会話する様子をビデオ撮影したうえで、2人は「偶然駅で会い、近くの居酒屋で飲んだ後に現場を通った」との2月16日付の供述調書を作成。3月2日に従業員を逮捕した。

 ところが、男性2人は10月13、20の両日に横浜地裁小田原支部で行われた証人尋問で、警察から「『客引きされて、サービスを受けてくれ』と言われた」「事前に現金約2万円を受け取り、領収書を渡した」と述べた。

 さらに「駅で警察官と落ち合い捜査車両で現場近くに行った」などと具体的に証言。男性の一人は当初、事実と異なる内容の調書に署名した理由について、「大筋では(客引き行為があったことに)変わりはないと思った」と説明した。

 従業員は容疑を否認していたが、拘置中に認めたため小田原区検が3月、風営法違反罪で小田原簡裁に略式起訴し、簡裁は罰金30万円の略式命令を出した。しかし、その後不服を申し立てたため、6月9日から横浜地裁小田原支部で公判が行われていた。

 県警生活保安課は「公判中であり、コメントする立場にない」としている。

 風営法は、風俗店側が客を勧誘する行為を禁じている。検察側は「証拠ビデオや男性2人の供述から、犯罪事実があったのは明らか」と主張。弁護側は「『客』から声をかけてきた」と客引き行為自体を否定し、無罪を訴えている。【吉住遊】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101119k0000m040162000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月18日 | トップページ | 2010年11月20日 »