« 建築事務所に男女の変死体、首や腹刺される(13日) | トップページ | 「金属バットで…」50歳の長男殺害、父を逮捕(13日) »

2010年11月13日 (土)

「キャッサバ」と偽り…覚せい剤18億円相当を密輸(13日)

アフリカの芋「キャッサバ」と偽り、覚せい剤約20キロを密輸しようとしたとして、ナイジェリア人の男が逮捕・起訴されていたことが分かりました。

 ナイジェリア人のオビジアク・クリストファ・ンリアム被告(39)は先月23日、約20キロの覚せい剤を成田空港に持ち込んだとして12日に起訴されました。東京税関などによると、職員が、国際便で送られたオビジアク被告あての荷物を調べたところ、団子約400個のなかからビニール袋で小分けした覚せい剤が見つかりました。荷物は、アフリカの芋「キャッサバ」として輸入申告されていました。押収された覚せい剤は約20キロ、18億円相当にもなり、66万回分の使用量にあたるということです。

 

« 建築事務所に男女の変死体、首や腹刺される(13日) | トップページ | 「金属バットで…」50歳の長男殺害、父を逮捕(13日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/50011656

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャッサバ」と偽り…覚せい剤18億円相当を密輸(13日):

« 建築事務所に男女の変死体、首や腹刺される(13日) | トップページ | 「金属バットで…」50歳の長男殺害、父を逮捕(13日) »