« 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月15日 »

2010年11月14日

2010年11月14日 (日)

写真に「死」の文字、脅迫容疑で施設幼児の母親逮捕(14日)

大阪府池田市の障害児施設に通う複数の幼児の写真がばらまかれ、顔の部分に「死」の文字が書かれていた事件で、大阪府警は14日、この障害児施設に通う幼児の母親(25)を脅迫容疑で逮捕し、発表した。池田署によると、母親は「子どもの顔に死と書いてあれば、親はとても恐怖を感じるだろうと思った」と供述し、容疑を認めているという。

 同署によると、母親は11日午後、この施設に通う池田市内の男児宅の敷地に、男児を含む20人の幼児の顔の部分にペンで「死」と書いた写真26枚を投げ入れ、男児と両親を脅迫した疑いがもたれている。

 池田市内では今月3~12日、路上などに22回にわたって計360枚の写真がばらまかれているのが見つかっていた。うち9日以降に見つかった204枚の幼児の顔の部分に「死」の文字が書かれていたという。

 施設では10月に備品のデジタルカメラ1台がなくなっていたが、14日の家宅捜索で母親宅から見つかった。幼児の写真の画像データはこのカメラに保存されていたとみられる。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗容疑で小学校教諭逮捕 駐車中の車からバッグ盗む(14日)

熊本北署は14日、窃盗容疑で熊本市竜田陳内、熊本市立小学校教諭、豊永浩臣容疑者(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は今月7日午前5時10分ごろ、熊本市中央街の駐車場7階で、熊本市内に住む飲食店店員の女性(27)の乗用車の助手席から、現金約4千円などが入った手提げバッグ(計約8万3千円相当)を盗んだ疑い。

関連記事

記事本文の続き 熊本北署によると、車内では女性がドアロックをかけずに仮眠していた。食事から自分の車に戻ろうとした豊永容疑者が通り掛かり、助手席ドアを開けてバッグを盗んだ。「バッグが見えて、欲しくなった」と供述しているという。

 バッグを盗み、車に乗って逃走する男の様子を防犯カメラが撮影。同署が映像を分析し、豊永容疑者を任意同行した。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒運転容疑、巡査部長を現行犯逮捕 神奈川(14日)

神奈川県警は14日、同県警戸塚署地域課の巡査部長古川凡(ふるかわ・あらき)容疑者(51)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「酒を飲んで運転したことは間違いありません」と認めているという。

 県警監察官室によると、古川容疑者は同日午後0時40分ごろ、酒を飲んだ状態で、川崎市幸区戸手本町1丁目で、乗用車を運転した疑いがある。古川容疑者はJR川崎駅に知人を迎えに行くところだったが、交差点にある電柱に衝突。巡回中だった幸署のパトカーが発見し、古川容疑者の呼気1リットル当たり0.8ミリグラムのアルコール分が検出されたという。

 古川容疑者は、「13日午後7時ごろから14日の明け方まで、自宅で焼酎約720ミリリットルを飲んだ」と話しているという。

 13日に首脳会議が始まったアジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備には携わっていなかったという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋でひったくり9件、被害額約50万円(14日)

13日夜、名古屋市内でひったくりが9件相次いだ。被害額は合わせて50万円近くに上るという。警察の調べによると、13日午後10時半ごろ、東区葵の路上で、27歳の女性が友人と待ち合わせをしていたところ、後ろから近づいてきた原付バイクの男にボストンバッグをひったくられた。バッグには現金約34万円入りの財布などが入っていたという。女性にケガはなかった。名古屋市内ではこのほか、午後6時半から同10時半の間に、中川区や中区などで未遂を含め8件のひったくりが相次いだ。いずれも被害者にケガはなかったが、被害額は計約14万円に上るという。警察は、一部は同一犯による犯行の可能性があるとみて捜査している。

[ 11/14 15:50 中京テレビ

Banner011 http://www.news24.jp/nnn/news862222.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位レベル)

午後8時から午前2時に集中

【治安解説】
212

警察庁がまとめた平成21年の犯罪によると、殺人や強盗事件の発生する時間帯が午後8時から午前2時に集中していることが分かった。

 殺人事件で最も多く発生した時間帯は午後8時から同10時までで、全認知件数1094件の約1割に当たる102件だった。午前0時から同2時が2位で98件。3位が午後10時から午前0時で89件となっている。

 強盗事件では全認知件数4512件のうち1位が午前0時から同2時で612件、2位が午後10時から午前0時で540件、3位が明け方の午前4時から同6時で408件と続く。

窃盗事件の全認知件数は129万9294件で、このうち侵入盗は14万8488件。その中で最も多い泥棒の時間帯は午前2時から同4時で1481件、2位が午前0時から同2時の1241件。つまり、午前0時から明け方にかけて2722件の泥棒が発生していることになる。
 これに対して白昼では午前10時から午後4時の6時間の侵入盗は2576件あった。この白昼の泥棒は民家への侵入盗。したがって午前0時から明け方までの泥棒はオフィス狙いの泥棒である。

 警察はそれぞれの時間帯を認識したうえでのパトロールの強化を図っている。
 皆さん、秋の火災予防運動が始まっています。ご注意を…
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

APEC会場周辺、最高レベルの警備 (14日)

APECの会場周辺には全国から警察官が集まり、最高レベルの警備が敷かれています。

 動かない大観覧車、封鎖された道路。首脳会議が開かれた13日、観光施設が立ち並ぶ横浜の姿は一変し、ひっそりと静まりかえりました。全国からの応援を含む総勢2万1000人の警察官が数十メートル置きに警備にあたり、検問所では、一台一台のトランクを確認するなど、厳重なチェックが行われています。会場近くの遊園地は営業を自粛し、横浜のシンボル、大観覧車は止まったままです。

 「映画の撮影しているみたいですね」(住民)
 「APECの警備がすごいって言うから、どんな感じか、ひやかしに。おまわりさん数えてて、今までに会ったおまわりさんが70人って」(観光客)

 また、横浜市内では複数の団体がAPEC開催などに対するデモを行いましたが、これまでに大きな混乱はありません

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/20101113/newseye/tbs_newseye4575606.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国漁船衝突事件映像流出問題 海上保安官の逮捕の可否について15日にも最終協議へ(14日)

尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出問題で、東京地検と警視庁は、映像を流出させたと認めた43歳の海上保安官について、逮捕するか任意捜査とするか、15日にも最終協議する方針。
捜査当局による海上保安官に対する聴取は、13日に続いて14日も見送られていて、供述の裏づけ捜査が進められている。
海上保安官は調べに対し、「海上保安庁に迷惑をかけた。だいそれたことをした」と話す一方で、国家公務員法違反容疑については、「守秘義務違反にはあたらない」と主張しているという。
これに対し捜査当局は、「流出した映像は秘密にあたる」という見方を強めていて、そのうえで、逮捕の可否について、「秘密性のレベル」や「証拠隠滅、逃亡のおそれの有無」を分析・評価する方針。
東京地検と警視庁は、15日にも捜査幹部が協議し、最終決定したいとしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00187878.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長崎・南島原市で59歳男性が包丁で刺され死亡 自首してきた近所に住む58歳男を逮捕(14日)

長崎・南島原市で13日夜、59歳の男性が包丁で刺され死亡した。警察は、自首してきた近所に住む男を殺人の容疑で緊急逮捕した。
13日午後7時すぎ、南島原市の農業・松尾泰助さん(59)方の近所の女性から、「松尾さんの奥さんが、『夫が刺された』と駆け込んできた」と通報があった。
松尾さんは、背中と左脇腹を刺されていて、病院で死亡が確認された。
警察は、事件後、タオルにくるんだ出刃包丁を持ち、自首してきた無職・園田俊彦容疑者(58)を殺人の疑いで緊急逮捕した。
警察は、動機などについて調べている。

(11/14 06:19 テレビ長崎)http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

Logo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁でコンビニ店員脅す…43万円奪い逃走(14日)

14日午前3時50分頃、奈良県王寺町王寺のコンビニエンスストア「ローソンJR王寺駅前店」に包丁(刃渡り20センチ)を持った男が押し入り、「金を出せ。札を出せ」などと、男性店員(21)を脅した。

男は店員がレジなどから出した約43万円を奪い、走って逃げた。店内に客はおらず、店員と店の奥にいた別の男性店員にけがはなかった。

 西和署の発表によると、男は身長約1メートル75、上下とも黒のジャージー姿で白いスニーカーを履き、白い手袋をしていた。白と水色のフルフェースのヘルメットから、茶髪が出ていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学生で出産、直後「殺した」…21歳男女供述(14日)

 6年前、生まれたばかりの乳児を殺害したとして、奈良県警捜査1課と奈良署は、いずれも21歳で奈良市内に住む会社員の男女を殺人容疑で奈良地検に近く書類送検する方針を固めた。

県警は、2人が乳児を埋めたとする同市内の公園を捜索、遺体は発見されなかったが、殺害の状況など供述がほぼ一致しており、立件可能と判断した。2人は「育てられずに殺した」などと供述しているという。

 捜査関係者によると、女は15歳の中学3年だった2004年3月、自宅の風呂場で女児を出産。家族は留守で、男が立ち会ったという。出産直後、2人は乳児の口をふさぐなどして殺害、奈良市内の公園に穴を掘り、遺棄したという。

 2人はほどなく別れたが、今年春になって、女が知人に乳児の殺害を打ち明け、知人に促されて今年8月、奈良署に出頭した。

 調べに対し、女は、男と現場に拝みに行ったこともあるとし、「かわいそうで土をかぶせるだけで、踏み固めることはできなかった」と話しているという。

 県警は女の供述に基づき、公園を捜索。遺体はみつからなかったが、男の事情聴取でも、ほぼ同内容の供述をしたほか、男が案内した遺棄現場も女の示した場所と合ったため、信ぴょう性は高いと判断した。死体遺棄については、公訴時効(3年)が過ぎていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

80歳母殺害容疑で息子逮捕「介護に疲れた」(14日)

 兵庫県警養父署は14日、80歳の母親に薬物を飲ませ殺害したとして、殺人の疑いで兵庫県加古川市の無職、中谷雅弘容疑者(48)を逮捕した。同署によると「仕事もなく、介護に疲れた」と供述している。

 逮捕容疑は13日、自分の乗用車内で母怜子さんに薬物を飲ませた上、口や鼻を押さえたり首を圧迫したりして殺害した疑い。中谷容疑者も薬物を飲んで病院に運ばれており、養父署は無理心中を図ったとみて調べている。

 同署によると、13日午後2時35分ごろ、中谷容疑者から「母親が薬を飲んだ」と110番があり、署員が同県養父市吉井の山中の空き地で2人の車を見つけた。母親は現場で死亡が確認された。中谷容疑者と母親は2人暮らし。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉で20分間に4件のひったくり相次ぐ 同一犯か(14日)

 千葉県鎌ヶ谷市で、わずか20分の間に半径1キロの範囲で4件のひったくりが相次ぎました。警察は同一犯とみて調べています。

 13日午後0時半ごろ、鎌ヶ谷市の83歳の女性から「バイクの男にハンドバッグをひったくられた」と110番通報がありました。その後も約20分の間に半径約1キロの範囲でひったくりが相次ぎ、合わせて4件、約4万円の被害が出ました。警察によると、被害に遭ったのはいずれも高齢の女性で、左手に持っていたバッグをひったくられたということです。けが人はいませんでした。警察は犯行時の状況などから同一犯とみて、付近の防犯カメラを分析するなど連続窃盗事件として捜査しています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201113039.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都内のゲームソフト販売店に強盗 (14日)

13日夜、東京・北区のゲームソフト販売店に果物ナイフを持った男が押し入り、およそ2000円を奪ったうえ、さらに現金を要求しましたが、経営者の男性にゲーム機を投げつけられ逃走しました。

 警視庁によりますと、13日午後8時ごろ、北区田端のゲームソフト販売店に男が押し入り、経営者の男性(44)に果物ナイフを突きつけ、「金を出せ。3万円でいいんだよ」と脅しました。男はおよそ2000円を奪ったうえ、「もっとあるだろ」とさらに現金を要求しましたが、男性にゲーム機を投げつけられ逃走しました。

 男は年齢40歳くらい、身長はおよそ170センチで、黒っぽい上着にサングラス姿だったということです。

 7日には隣の荒川区のゲームソフト販売店でもおよそ10万円を奪う強盗事件があり、警視庁は同一犯の可能性が高いとみて調べを進めています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4575865.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:和光の80歳女性、1千万円の被害 /埼玉(14日)

朝霞署は12日、和光市の無職女性(80)が1000万円の振り込め詐欺の被害に遭ったと発表した。

 朝霞署によると、11日午後0時半ごろ、女性方に、都内に住む長男(52)を装った男から「副業で浄水器を販売し会社の金を使ってしまった。1000万円用意できないか。宅配便の人が取りに行く」と頼まれた。女性は、約3時間後に自宅に現れた60~70代の男に紙袋に入れた1000万円を渡した。長男の自宅に電話してだまされたことに気付き同署に通報した。【飼手勇介】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20101113ddlk11040237000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣映像流出:保存作業でミスか 一時閲覧制限なし(14日)

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡るビデオ映像流出事件で、映像は9月17日に海上保安大学校(広島県呉市)の共有フォルダーに保存され、閲覧制限されていない状態で、海保の庁内ネットワーク(イントラネット)に入れば一時期、誰でも閲覧できる状態だったことが分かった。その後の5日間で第5管区海上保安本部(神戸市)と第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)内のパソコンから計数十件のアクセスがあった。警視庁捜査1課は、大学校のフォルダーに保存する過程で人為的ミスがあった可能性があるとみている。【山本太一、内橋寿明、石原聖】

 捜査1課は5管神戸海上保安部の海上保安官(43)が4日、神戸市内の漫画喫茶のパソコンからこの映像を動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した国家公務員法(守秘義務)違反容疑で捜査している。10日から3日連続で取り調べたが、13日の聴取は見送った。

 捜査関係者によると、映像は石垣海上保安部が編集した後、第11管区海上保安本部(那覇市)に送られ、11管から海上保安庁に伝えられるとともに、イントラネットを通じ大学校の共有フォルダー「パブリックフォルダー」に保存された。

 海保関係者によると、大学校には海上衝突事故の映像分析の専門家もおり、映像は鑑定のために大学校に送られたとみられる。捜査資料は通常、限られた職員だけが見られるように制限が掛けられるが、何らかの手違いでパスワード設定がされないままイントラネットの共有フォルダーに保存され、全国の保安官が閲覧できる状態になったとみられる。このため、5管と2管のパソコンから数十件のアクセスがあった。ダウンロード回数は分かっていない。

 一方、海上保安官は捜査1課の聴取に「巡視艇内で9月下旬、複数の同僚と一緒に映像を見た」と話し始めた。映像は同僚が大学校から船内の共用パソコンに取り込んでいたという。保安官は10月中旬、映像を公用のUSBメモリーに取り込み投稿したという。

 保安官はこれまで、巡視艇が接岸した際に大学校の共有フォルダーにアクセスして共用パソコンに取り込んだと話していたが、説明を変えた。保安官は「業務に役立つと思った」と説明しているという。一方、同僚は「仕事に生かすためにダウンロードした」と話しているという。

 馬淵澄夫国土交通相はこれまで、国会で「研修教材として編集したり、研修用としてコピーしたことはないと承知している」などと答弁していたが、海保内の資料管理のずさんさが改めて浮かんだ。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101114k0000m040096000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣映像、宮城・2管からも海保大にアクセス(14日)

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出事件で、問題の映像が保管されていた海上保安大学校(広島県呉市)にある共用パソコンの共有ファイルに、第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)からも接続があったことが、警視庁幹部への取材でわかった。

映像が閲覧できた9月中旬~下旬の4、5日間に、神戸海上保安部がある第5管区海上保安本部(神戸市)を含めて数十回の接続記録が確認された。

 海上保安庁が石垣海上保安部で厳重管理していると説明していた映像は、多くの海保職員の目に触れていたことが裏付けられた。

 警視庁などは13日は、映像を流出させた神戸海保所属の巡視艇「うらなみ」主任航海士の海上保安官(43)の取り調べを行わなかった。15日以降に逮捕の可否を判断する。

 一方、「うらなみ」のパソコンに映像を取り込んだのは、主任航海士の同僚職員だったことも判明。

 捜査関係者によると、同僚職員は9月中旬、船内の

操舵

(

そうだ

)

室にある共用パソコンから海保大のパソコンに接続し、映像を取り込んだ。主任航海士はこの映像を9月下旬、船長や同僚職員ら数人で閲覧し、10月中旬にUSBメモリーに保存して持ち出したという。

 海保大の共有ファイルに映像を保存するには、海上保安庁の情報管理担当者の許可が必要で、警視庁などは映像が海保大のパソコンに保存された詳しい経緯を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人ら偽装結婚ブローカー御用 「お見合いおばさん」の巧妙な手口とは(14日)

栃木県警が10月、偽装結婚ブローカーとして、中国籍の女と日本人の男を逮捕した。女が同郷の中国人女性が日本での在留資格を得るため、日本人男性との偽装結婚を斡旋(あっせん)する犯行は、さながら「お見合いおばさん」(捜査関係者)。しかし、女は5年以上にわたって同様の犯行を繰り返し、数百万円を荒稼ぎしたとみられる。お見合いおばさんの巧妙な手口とは?

関連記事

記事本文の続き■ブローカー逮捕

 「平成16年ごろから、婚姻届を出すために中国人女性を何人も市役所に連れて行った」

 県警が偽装結婚ブローカーとして逮捕した中国籍で宮城県登米市、風俗店経営、張玉群(40)被告=電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で起訴=は、県警の調べに対して、過去にも偽装結婚の斡旋を行ったことを認めた。

 県警は7月に、在留資格を得る目的で偽装結婚したとして大阪市に住む中国籍の女と、宇都宮市の男を逮捕。

 2人の供述から張被告と共犯の同市、建設作業員、中津川清輝被告(41)=同=が浮上し、10月に逮捕していた。

 張被告は平成14年に観光ビザで日本に入国。直後に日本人男性と結婚し、日本で暮らすようになったという。実は、この結婚も、日本の在留資格をとるための偽装結婚だった。

 自身の経験から偽装結婚のうま味を知った張被告は「これは金になる」と、さっそく偽装結婚の仲介ビジネスに乗り出した。

■頼れる存在!?

 「日本で働きたい」

 自身の出身地である中国には、そう希望する女性がたくさんいた。

 日本の在留資格があれば、安心して日本で働くことができる。地元では「張さんに頼めば日本人と結婚できる」などの噂(うわさ)が口コミで広がり、放っておいても仕事は舞い込んできた。

 県警が7月に逮捕した大阪の女も地元にいる母親から張被告を紹介されたという。就学ビザで入国した女は、語学学校に通わなくなり、やがてビザの更新ができなくなった。

 「日本で暮らすには偽装結婚しかない」

 女は張被告を頼った。

 この女だけではない。なかには、偽装結婚目的で来日し、張被告が経営する宮城県登米市の風俗店で働きながらチャンスを待つ女性も多かったという。

■甘いささやき

 偽装結婚の相手となる日本人男性を見つけるのは中津川被告の仕事。実は、中津川被告自身も、張被告に誘われて中国人女性と偽装結婚していた一人。女性と離婚した直後から、ブローカーに転身したという。

 「いい小遣いになる話があるから」

 中津川被告は、知人や友人のなかから金に困っている人間を見つけては、甘いささやきを繰り返した。県警が逮捕した男も借金1500万円を抱えていたところ、知人を介して中津川被告から偽装結婚を持ちかけられたという。

 仲介した中国人女性が婚姻届を提出する際には、毎回市役所まで同伴していたという張被告。

 捜査関係者は「同郷の女の子に結婚相手を紹介する“お見合いおばさん”の感覚だったのではないか」とあきれ顔だ。

中国式と日本式

 しかし、その手口は念入りだった。

 張被告らが取った方法は“中国式”と呼ばれ、日本人男性が中国を訪れ、相手の女性と婚姻手続きをしてから2人で帰国。再び日本で婚姻届を提出するというもの。

 中国での婚姻事実があるだけに、日本の役所も疑うことなく婚姻届を受理する。

 日本国内で婚姻手続きを行うだけの“日本式”よりも、日本での在留資格を取りやすいという。

 これで、女性は大きな顔をして日本で生活することができる。その見返りとして、女性は張被告に仲介料を支払っていた。

 相場は120万円。仲介を始めたころに200万円をふっかけたところ、「高すぎる」と言われ、この値段に落ち着いたという。

 仲介料のうち、日本人の男性に支払われるのはわずか、30万円程度。偽装結婚させる男女とも張、中津川両被告の知人などでまかなうため、分け前を支払う先は少ない。大半は張、中津川両被告の懐へと消えていたわけだ。

■お手軽な犯行?

 国際的な偽装結婚は、背後に大規模なブローカーグループが暗躍し、仲介料として得た金は暴力団などの組織が資金源などになるといわれる。県警も、張被告らの逮捕が組織摘発の糸口になると捜査を始めた…のだが。張、中津川両被告の身辺からは暴力団関係者とのつながりは見えてこない。

 「張が首謀者で、受け取った金も自分たちで使っていたようだ。大規模な組織に結びつくと思ったが、まさか個人経営とは…」

 捜査関係者も驚きを隠さない。

 むしろ懸念されるのは、偽装結婚が安易な金稼ぎの手段として、一般に広く浸透している危険性だ。

  県警は張被告らの余罪を追及するが、捜査は難航している。

 2人がからんだ偽装結婚の中には、すでに離婚して“昔話”になっていたり、出産などで表向きは“円満”な家庭となっているケースも多い。

 出産しているケースのなかには、日本国籍の子供の親権を得て離婚後も日本に在留しようとする、計画的なものもあるという。しかし、出産は出産。偽装結婚の決め手となる「結婚生活を営んでいるかどうか」といった線引きを難しくさせている。

 実際、張被告自身も偽装結婚を2度行っており、2度目の結婚では日本人男性との間に子供を出産。現在でも、結婚生活は続いており、農家を営む男性の実家からは「いい嫁が来た」と評判になるほどだ。

 偽装結婚から始まった2人の間に愛が芽生え、“本当”の夫婦になったということだろうか。

 「何しろ、男女の間の気持ちの問題なので、心変わりすることもある。どこまでが偽装かわからない」。捜査関係者も頭を抱える。

■薄れる罪悪感

 偽装結婚した女の多くは「悪いことをしているとは思わない」と供述するケースが多い。中国人女性の間では、日本への在留資格を得るために偽装結婚という手段を取ることは「当たり前のこと」と認識されている実情もうかがえる。

 紙切れ1枚の犯罪。それだけに罪悪感が薄れるのかもしれない。小遣い稼ぎで犯行に加担した日本人の男も同様だ。

 さて、7月に逮捕された男女だが、逮捕によって仕事を失い、偽装結婚で得た30万円も反省の証として寄付した。女は間もなく強制送還される予定だ。

 紙切れ1枚の手軽な犯罪。しかし、そんなにうまい話はない。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性刺され死亡 出頭の男を殺人容疑で聴取 長崎・南島原市(14日)

 13日午後7時35分ごろ、長崎県南島原市口之津町の民家で男性が刺されたと110番があった。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。南島原署に刺したとみられる男が出頭しており、同署が殺人容疑で事情聴取している。

関連記事

記事本文の続き 南島原署によると、死亡したのはこの民家に住む農業、松尾泰助さん(59)。松尾さんの妻が「夫が男に刺された」と近所の家に駆け込み、その家の住人が通報したという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

怨恨か?心臓に達する深い傷、金品奪われず 西宮・夫婦殺害(14日)

 兵庫県西宮市の建築士で設計事務所代表の水田実さん(62)と妻の輝子さん(62)が自宅兼事務所で殺害された事件で、水田さんは左胸など十数カ所を刃物で刺されていたことが13日、甲子園署捜査本部への取材でわかった。室内に財布などが残されていたことも判明。水田さんには心臓に達する深い傷があったことから、捜査本部は恨みによる犯行の可能性もあるとみてトラブルがなかったか調べている。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部によると、司法解剖の結果、2人の死因はいずれも失血死で、死亡推定日時は8日夜~9日午前。水田さんは心臓を2カ所刺され、傷は最深で12センチ。胸のほかにも腹部や背中などに十数カ所の傷があった。一方、輝子さんは左耳の下を中心に首など約10カ所を刺されていたが、刃物を防ぐ際に腕などに残る傷がほとんどなく、背後から突然刺された可能性が高いという。

 1階事務所には争った跡があったが、作業場の2階と住居の3、4階は荒らされた跡はなく、財布や携帯電話などはなくなっていないという。

 また、現場近くの住民が8日午後10時ごろ、金属がぶつかる大きな物音や争うような男性の声を聞いていたことも判明。輝子さんは同日午後6時半~7時半、同県尼崎市内のイタリア語教室に参加しており、捜査本部は死亡推定日時とほぼ一致していることから、この時間帯に2人が襲われた可能性が高いとみている。

 これまでの調べでは、水田さんの自宅兼事務所のドアは施錠されておらず、水田さんに自宅の設計を依頼した奈良県橿原市の男性(55)は「水田さんは用心深い人で、必ず家の鍵をかける習慣があった」と話す。

 男性は水田さんの勧めで、電子ロックや強盗に入られても避難できる別のドアなどの防犯設備を積極的に取り入れたという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月15日 »