« 2010年11月12日 | トップページ | 2010年11月14日 »

2010年11月13日

2010年11月13日 (土)

成田、覚せい剤押収量が過去最多 アフリカ発が急増(13日)

成田空港の今年の覚せい剤押収量が、10月末で150キロ(末端価格約135億円相当)を超え、過去最多となったことが13日、成田税関支署のまとめで分かった。

 うち約100キロは、昨年まで押収量の少ないアフリカ諸国からの密輸で、同支署は西アフリカを拠点とする大規模な組織が暗躍しているとみて警戒を強めている。

 同支署によると、昨年まで年間押収量が最も多かったのは、2004年の102キロ。中国、台湾、マレーシアなどアジアからの持ち込みが大半を占めたが、近年は中国で取り締まりが強化され、減少傾向が続いていた。

 ところが今年春以降、昨年まで年間で10キロ未満だったアフリカ諸国からの持ち込みが急増。西アフリカのベナンや南アフリカなどから、欧州国籍の白人が二重底に細工したスーツケースなどに隠して運ぶ手口が目立つ。

 アフリカからの密輸は、一度に大量に運ぶのも特徴。今年の1件あたりの押収量は平均約2キロだが、アフリカ発に限れば同約4キロと倍増する。

 同支署は「不況に苦しむ国の白人が運び屋に仕立てられるケースが目立つ。一度に多くの報酬を得るため大量に持ち込んでいるのではないか」と指摘している。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111301000449.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

血のついた足跡が南方向に 西宮市の夫婦刺殺事件(13日)

12日に兵庫県で建築士の夫婦が殺害されているのが見つかった事件で、自宅を兼ねた事務所の1階部分で妻の水田輝子さん(62)が、その奥のガレージで夫の実さん(62)が倒れていました。さらに、ガレージの扉には事件発覚の3日前から血がついていたことが分かりました。

 午後5時ごろ、西宮市の建築士・水田実さんと妻の輝子さんが自宅兼事務所で、腹部や首などを数カ所刺されて殺害されているのが見つかりました。また、現場の西側の歩道には血のついた足跡が残されていたことが、警察への取材で明らかになりました。血のついた足跡は南方向に向かっていて、警察は犯人が逃走する際に残した可能性もあるとみて調べています。水田さんは、大手ゼネコンで設計を担当した後、7年前に独立して今の事務所を開いていました。現場からは、水田さんの財布と携帯電話がまだ見つかっていないということで、警察は金目のものがなくなっていないかなど確認を進めています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201113030.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国漁船衝突事件映像流出問題 保安官の同僚「自分が海保大から映像をダウンロード」(13日)

尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出問題で、43歳の海上保安官の同僚が、「自分が海上保安大学から映像をダウンロードした」と話していることが新たにわかった。
海上保安官に対する警視庁による13日の聴取は見送られていて、13日は供述の裏づけを中心に、捜査が進められている。
海上保安官はこれまでの事情聴取に対し、「巡視艇の共用パソコンから海保のネットワークに入り、海上保安大学校の共有フォルダから映像データを入手した」と、自らダウンロードしたと供述していた。
しかし、捜査関係者によると、海上保安官の同僚が、「自分が海上保安大学から映像をダウンロードしたと」いう趣旨の話をしているという。
警視庁がパソコンを解析したところ、ダウンロードされた形跡は1回だけで、警視庁は海上保安官がすでにダウンロードされていた映像を船内で見て、USBメモリーに取り込み、外に持ち出したとみて、裏づけ捜査を進めている。
海上保安官は調べに対し、国家公務員法違反容疑については、「守秘義務違反には当たらない」と主張しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飛び降り自殺:男子高校生がマンションから 福岡・久留米(13日)

12日午後6時50分ごろ、福岡県久留米市荘島町の15階建てマンションの1階エントランスの屋根に男性が倒れているのを、住民が見つけ110番した。男性は近くに住む県立高校3年の生徒(18)で、全身を強打して即死状態だった。県警久留米署は、マンションから飛び降り自殺したとみて調べている。

 同署によると「ドン」という衝撃音がしたため住民が確認すると、マンションの建物から突き出しているエントランスの屋根の上に制服姿の生徒が倒れていたという。15階通路で生徒の学生かばんが見つかり、中に学生証が入っていたことから身元が特定された。遺書は見つかっていない。

 生徒はこの日朝、学校に行くために家を出たまま帰っていなかったという。【土田暁彦】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101113k0000e040018000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

大学は出たけれど

【治安解説】
212

前回の小欄では犯罪を起こした後の逃走手段の統計をお伝えしたがその中で、殺人事件も強盗事件も1位は徒歩だった。ところが、なんと、70歳の足の悪い女性が、50円しか所持金がなかったため、近所のコンビニに包丁を持って押し入り、5万9000円を奪った。ここまでは良かったのだが、足が不自由で25㍍逃げただけで捕まってしまった。

 この事件の初公判が12日、青森地裁であり、検察側は懲役5年を求刑、弁護側は寛大な判決を求め、即日結審した。判決は29日に言い渡される。

 公判で検察側は、証拠調べで被告の供述調書を朗読し、女性は事件の数日前、「強盗したらどうなるか」と警察に相談するなど、犯行を視野に入れていた経緯に触れた。その上で、「おにぎりを買ったら50円しか残らず、強盗を決意した」とする調書を読み上げた=読売新聞電子版

 お年寄り、生活苦、犯罪…なんかこの原稿を読んでいて、悲しくなってきませんか?こんな世の中にだれがした!と叫びたくなってしまいますね。

 大学生の就職内定率が10月現在で57.6㌫という。小津安二郎監督の映画『大学は出たけれど』を思い出す。大学卒業者の就職率が約30%という不況の底にあった昭和初期を描いた映画だが、数字は違うものの、なんかその時代よりもっと悪い時代感がしてならない。

 財政的な貧乏はそれもそれで良いのだが、当時と違い、現代は心が貧乏の時代だから、なんか殺伐と感じるのでしょうな。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 日本列島不利姫詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

西宮夫婦殺害:水田さん方に面する道路に複数の血痕(13日)

兵庫県西宮市小松西町2の1級建築士、水田実さん(62)方で、水田さんと妻輝子さん(62)が殺害された事件で、水田さん方に面する道路の南方向に約30メートルにわたって複数の血痕が残されていたことが分かった。殺害現場には大量の血が流れており、県警甲子園署捜査本部は、犯人がいったんは徒歩で同方向に逃げた可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者などによると、水田さん方は南北に延びる片側2車線の道路に面して東側にあり、血痕は道路東側の歩道に1メートル弱の間隔で南方向に続いていた。この道路が東西の道路と交差する約30メートル先までは確認できたという。そのまま南に約350メートル進むと国道43号にぶつかる。捜査本部は少なくとも交差点までは徒歩で逃げたとみて、その後の足取りを追っている。

 一方、水田さんは腹部を、輝子さんは首付近を集中的に何度も刺されていたことも判明。輝子さんが倒れていた1階事務所では、テーブルや椅子などが倒れるなど争った跡が残されていたが、住居の2~4階部分については物色されたような形跡がなかったという。捜査本部は殺害目的だった可能性があるとみて、夫妻がトラブルを抱えていなかったかも調べている。【村上正、安藤龍朗】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101113k0000e040046000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼児写真、顔に「死」…200枚超が路上に散乱(13日)

大阪府池田市で今月3日以降、複数の幼児を撮影した写真200枚以上が路上にばらまかれていることがわかった。

うち半数以上には、幼児の顔の部分にフェルトペンで「死」と書かれていた。いずれも同じ福祉施設に通う子供の写真で、この施設から備品のデジタルカメラが盗まれていたことも判明。府警は、何者かがカメラに保存された画像をプリントアウトしたとみて、脅迫と窃盗容疑で捜査を始めた。

 施設関係者によると、写真はL判大で、10月18日に施設内で職員が幼児と保護者を撮影したものとみられる。カメラは撮影後、室内に置いてあったが、その後、見当たらなくなり、施設側は捜していた。

 今月3日、阪急池田駅近くの歩道橋上に約30枚が落ちているのを保護者が発見。8日朝にも同市南部の路上に約70枚が散乱しているのを、幼児送迎のため訪れた職員と保護者が見つけた。3、8両日に見つかった写真には何も書かれていなかったが、それ以降も少なくとも100枚が見つかり、幼児の顔の部分に赤や黒のフェルトペンで「死」と記入されていたため、発見者が池田署に届け出た。特定の幼児だけに書かれているわけではないという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出版物【産経出版】

内容紹介

51cvxg4zpol

新潟県警柏崎署にかかった1本の電話。それが欺瞞と隠蔽の始まりだった
テレビ朝日系のドラマスペシャルでドラマ化が決定した「落としの金七事件簿」著者の最新作!警察組織幹部の信じられない振る舞いと、それらを覆い隠そうとする仲間意識、そして政治家の思惑が日本警察をピンチに立たせます。出版社に在庫がなくなりました。ありがとうございました。

内容(「BOOK」データベースより)

新潟県警柏崎署にかかった1本の電話、それが欺瞞と隠蔽の始まりだった…。日本警察の病根に迫る問題作。 http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8F%AC%96%EC%8B%60%97Y&x=20&y=27

内容紹介

201004201306000

平成12年3月末、1人の刑事が57歳で亡くなった。内臓を癌に冒された悲壮な死だった。彼の名は小山金七。肩書きは捜査一課特別対策管理官。彼は「落としの金七」の異名を持つ名刑事だった。彼の捜査と取り調べの手法が遺した物は何か、彼が携わったいくつかの事件を紹介。今の警察に足りないもの、彼が遺していった熱き捜査魂を蘇らせる。出版社に在庫がなくなりました。ありがとうございました。

●トリカブト事件での鮮やかな捜査指揮と取り調べ

201003030733000

昭和61年に発生したトリカブト事件。この事件は、警察よりも週刊誌やテレビでの報道が先行した。警視庁も捜査を始めるが、これを任されたのが金七だった。
問題はトリカブトを飲まされた被害者が、約2時間後に死んだという「2時間の壁」だった。毒性の強いトリカブトは、飲めばすぐに発症する。容疑者はこの2時間をタテにアリバイを主張した。このトリックを金七はどう破ったか。
「学説を覆せ」を合い言葉に進められた捜査。金七らの捜査は、科学捜査のお手本とさせるだけでなく、捜査に執念を燃やす刑事達の魂がみえる。

●警察庁長官銃撃事件の未解決が心残り・・・
病魔に冒された金七が最後まで心にかけていたのが、警察庁長官銃撃事件だ。腸をやられて食事ものどを通らず、パンを流し込みながらの捜査だった。彼には犯人が誰かを見極めるための材料があった。しかし、調べにたどり着く前に彼は逝ってしまう。
捜査一課「最後のデカ」とも言われた金七の人間味も浮き彫りにされる刑事物ノンフィクションの秀作。出版社に在庫がなくなりました。ありがとうございました。

内容(「BOOK」データベースより)

Photo

トリカブト事件、毒の“学説”を覆す。ホステス殺し、アリバイ崩した土埃。警官殺し、母の愛情を説いて完落ち。人情刑事の事件簿が蘇る。警視庁捜査一課に語り継がれる落としの名人・小山金七。捜査一筋に生き、病いに倒れ、そして静かに消えていった一人の刑事…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

西宮・夫婦殺害は今月9日以前か (13日)

兵庫県西宮市で、設計事務所の経営者夫婦が殺害された事件で、夫婦は今月9日以前に殺害された可能性が高いことが警察への取材で分かりました。

 この事件は、12日午後5時ごろ、兵庫県西宮市の水田実さん(62)の設計事務所兼住宅で、水田さんと妻の輝子さん(62)が刺されて死亡しているのが見つかったものです。

 2人の首や腹には、刃物で刺された跡が複数ありましたが、その後の警察への取材で、腕にも抵抗した時にできる傷がついていたことが分かりました。

 「電気、全然ついてない。(Q.いつくらいから?)3日前くらい」(通報者の妻)

 輝子さんは、今月8日の昼に姉と会っていて、通報者は翌9日午前10時頃に、水田さんの家の扉に血がついているのを確認していることから、警察は、2人がこの間に殺害された可能性が高いとみて調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4575431.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

所持金50円…70歳女性、コンビニ強盗を決意(13日)

近所のコンビニに押し入って現金を奪ったとして、強盗罪などに問われた青森市金沢、無職工藤栄子被告(70)の初公判が12日、青森地裁(児島光夫裁判官)であり、工藤被告は起訴事実を認めた。

検察側は懲役5年を求刑、弁護側は寛大な判決を求め、即日結審した。判決は29日。

 検察側は冒頭陳述で、工藤被告は月9万円の生活保護費をアパートの家賃などで使い切り、食事に困って強盗を決意したと動機を説明。9月14日早朝、近所のコンビニに包丁を持って押し入り、現金5万9000円を奪った、とした。

 検察側は証拠調べで被告の供述調書を朗読し、工藤被告が事件の数日前、「強盗したらどうなるか」と警察に相談するなど、犯行を視野に入れていた経緯に触れた。その上で、「おにぎりを買ったら50円しか残らず、強盗を決意した」とする調書を読み上げた。

 工藤被告は犯行後、店からわずか25メートル先の路上で逮捕されており、徒歩で逃げた理由を被告人質問で問われると、「足が悪く、歩いて帰るより仕方がなかった」と供述した。

 検察側は論告で、「監督者がなく、再犯の可能性が大きい」と主張。弁護側は「不適切なお金の使い方もしていたが、事件の背景には経済的な環境がある」と情状酌量を訴えた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「痴漢、人違いの可能性」自営業男性に無罪判決(13日)

電車内で女子高生(当時17歳)の体を触ったとして、大阪府迷惑防止条例違反(痴漢)に問われた同府内の自営業の男性(50)の判決が12日、大阪地裁堺支部であった。

飯島健太郎裁判官は「被害者が犯人と間違えて男性の手をつかんだ疑いがある」として無罪(求刑・懲役6月)を言い渡した。

 男性は2008年9月5日夕、南海本線天下茶屋―堺間を走行中の混雑した特急電車内で、立っていた女子高生の背後からスカートに手を入れ、体を触ったとして起訴された。女子高生が男性の左手をつかみ、取り押さえていたが、男性は一貫して否認していた。

 判決で飯島裁判官は、女子高生の痴漢被害を認定。しかし、男性と女子高生に約20センチの身長差があり、体を触るには不自然な姿勢になることや、女子高生が、男性の手がスカートに入っているのを見ないまま手をつかんだことなどから、女子高生の人違いの可能性があるとした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「金属バットで…」50歳の長男殺害、父を逮捕(13日)

秋田中央署は13日、長男を殴り殺したとして、殺人の疑いで秋田市千秋中島町2の20、自称無職、田口脩吉容疑者(78)を逮捕した。「日ごろからトラブルがあった。殺すつもりで金属バットで頭を殴った」と供述しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は12日午後、秋田市の自宅で長男の無職、哲さん(50)を金属バットで殴り殺した疑い。

 同署によると、12日午後11時40分ごろ、田口容疑者の妻から「夕方、夫が長男を殴った。今は冷たくなっている」と119番通報があった。署員が駆けつけたところ、哲さんが階段の踊り場で頭から血を流し死亡していた。金属バットは1階の廊下で見つかった。妻は夕方、外出していたという。

 近所の60代女性は「(哲さんは)家の外に出ないようだと聞いたことがある」と話していた。現場はJR秋田駅の北西約1キロの住宅街。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「キャッサバ」と偽り…覚せい剤18億円相当を密輸(13日)

アフリカの芋「キャッサバ」と偽り、覚せい剤約20キロを密輸しようとしたとして、ナイジェリア人の男が逮捕・起訴されていたことが分かりました。

 ナイジェリア人のオビジアク・クリストファ・ンリアム被告(39)は先月23日、約20キロの覚せい剤を成田空港に持ち込んだとして12日に起訴されました。東京税関などによると、職員が、国際便で送られたオビジアク被告あての荷物を調べたところ、団子約400個のなかからビニール袋で小分けした覚せい剤が見つかりました。荷物は、アフリカの芋「キャッサバ」として輸入申告されていました。押収された覚せい剤は約20キロ、18億円相当にもなり、66万回分の使用量にあたるということです。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

建築事務所に男女の変死体、首や腹刺される(13日)

 12日午後5時頃、兵庫県西宮市小松西町、「水田建築綜合設計事務所」(4階建て)で、1階ガレージ北側の引き戸に大量の血痕が付着しているのを、通行人の男性(46)が発見、近くの甲子園署小松交番に届けた。

同署員が駆け付けたところ、ガレージ内で、事務所を経営する建築士の水田実さん(62)が、隣接する事務所で妻の輝子さん(62)が死亡していた。ともに首や腹を刃物で刺されており、県警は殺人事件と断定、同署に捜査本部を設置した。

 発表によると、2人は普段着姿で、水田さんはガレージ内の車と東側の壁の間にあおむけに倒れ、スリッパが脱げた状態。輝子さんは事務所中央で横向きに倒れ、靴ははいたままだった。遺体には複数の刺し傷や切り傷があり、死後数日が経過しているとみられる。事務所は施錠されておらず、事務所内はいすが倒れるなど争ったような形跡があった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣映像「知る権利尊重されるべき」日弁連会長(13日)

 日本弁護士連合会の宇都宮健児会長は12日、高松市内で記者会見し、中国漁船衝突を巡る映像流出事件に関し、個人的見解としたうえで、「映像は、海上で何が起こったのかを明らかにする、国益に資する情報。国民の知る権利は尊重されるべきだ」との考えを示した。

この事件で神戸海上保安部の主任航海士に対する任意の事情聴取が続いていることについては、「流出映像は『職務上知り得た秘密』だったのか、国家公務員法の守秘義務違反にあたるのか、という点で、捜査側も判断や取り扱いに慎重になっているのだろう」と述べた。四国弁護士会連合会の定期大会出席のため同市を訪れていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級車盗容疑で4人逮捕 愛知、岐阜150件関与か(13日)

愛知県警は12日までに、高級車を盗んだとして窃盗容疑で住所不定、無職、新原一誠容疑者(36)ら4人を逮捕した。

 新原容疑者の逮捕容疑は6月24日、愛知県刈谷市の駐車場で「セルシオ」1台(時価約270万円)を盗んだとしている。ほか3人の逮捕容疑は同25日、同県東浦町の駐車場でセルシオ1台(約250万円)を盗んだとしている。

関連記事

記事本文の続き 県警は、4人がほか2人=窃盗罪などで公判中=と計6人のグループで愛知、岐阜両県で約150件の高級車窃盗(被害総額約3億円)に関与したとみて調べている。

 窓ガラスを割り「イモビカッター」と呼ばれる器具で盗難防止装置を解除する手口だったという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・高槻の淀川河川敷で大麻栽培(13日)

 大阪府高槻市道鵜(どうう)町の淀川河川敷で、大麻草約10株が栽培されていたことが12日、国交省淀川河川事務所などへの取材で分かった。添え木や液体肥料なども見つかり、自然生育ではなく、何者かが苗を植えて育てていたとみられ、高槻署は大麻取締法違反(栽培)の疑いで捜査している。

関連記事

記事本文の続き 同事務所などによると、10月16日に近くに住む男性(64)が河川敷で大麻草が栽培されているのを発見。約50平方メートルの範囲に約10株が生育しており、一部の株では葉が刈り取られていた。

 茎には生育を助長する添え木や家庭菜園用の液体肥料の袋、水やりに使ったとみられるペットボトルなども見つかった。一帯はセイタカアワダチソウやオギが生い茂っており、他の植物で隠すように大麻草が栽培されていたという。

 高槻署は、何者かが無断で大麻を栽培したとみて捜査。府警科学捜査研究所に葉の鑑定を依頼するなどして、栽培した人物の特定を進めている。

 現場周辺の約60ヘクタールは「鵜殿のヨシ原」と呼ばれる良質のヨシの産地として知られ、雅楽の楽器「篳篥(ひちりき)」の吹き口(リード)部分にも使われている。

 淀川の植物を観察している男性研究者(73)は「外観から大麻であることは間違いない。8月ごろから苗を植えていたのではないか」と話す。

 一方、周辺河川を管理する同事務所山崎出張所の畠山光彦出張所長は「管理下の土地で違法な植物が栽培されていたのは残念。職員による巡回を強化したい」と話している。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺:100万円被害2件 さいたまと八潮 /埼玉(13日)

振り込め詐欺:100万円被害2件 さいたまと八潮 /埼玉

Logo_mainichi_s1_2

 さいたま市と八潮市で10日、女性が現金100万円をだまし取られる振り込め詐欺の被害が2件あった。

 草加署によると、10日午前10時ごろ、八潮市の無職女性(56)宅に息子を装った男から「先物取引をしていて友人に借金がある。100万円貸してほしい」と電話があった。女性は約3時間後、ATM(現金自動受払機)から3回、計100万円を指定された口座に振り込んだという。

 同日正午ごろには、さいたま市大宮区の無職女性(67)が長男を装った男からの電話にだまされ、指定された口座にATMから100万円を振り込んだ。全額が引き出されていたという。11日に長男に連絡し発覚した。【藤沢美由紀】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20101112ddlk11040269000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

子ども殺人出題:愛知の教諭が自己退職(13日)

愛知県岡崎市立小学校の男性教諭(45)が、3年生の算数の授業で殺人に例える割り算の出題をした問題で、市教委が10月12日付で、教諭を文書訓告の処分とし、教諭が自己退職したことが分かった。

 教諭は今年5月、「子どもが18人います。1日に3人ずつ殺します。何日で殺せるでしょう」という問題を出題。7月の書写の授業中には、半紙の受け取り方が悪いと女子児童の頭をたたいた。

 市教委は「体罰と算数の授業は教員としてふさわしくなく、信用失墜行為にあたる」として懲戒処分よりも軽い訓告処分にした。【中村宰和】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101113k0000m040114000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月12日 | トップページ | 2010年11月14日 »