« 2010年11月1日 | トップページ | 2010年11月3日 »

2010年11月2日

2010年11月 2日 (火)

ゴルフ大会で睡眠剤混入「好成績収めたくて」(2日)

ゴルフ大会に同じ組で出場した3人の飲料水に睡眠剤を混ぜ、急性薬物中毒にさせたとして、高松区検は2日、高松市の無職の男(70)を傷害罪で略式起訴した。

高松簡裁は同日、罰金70万円の略式命令を出し、男は即日納付した。

 起訴状では、男は今年8月25日、香川県まんのう町で開かれたシニアのゴルフ大会に参加。同じ組で回った70~80歳代の男性3人が持参した飲料水のペットボトルなどに睡眠剤を混入し、急性薬物中毒にさせた、としている。

 男は「大会がいつも練習しているコースで行われたので、何としてもいい成績を収めたかった」などと起訴事実を認めているという。検察側は、被害者との示談が成立していることなどから略式起訴とした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)

重要機密漏洩

【治安解説】
212

 警視庁公安部外事3課の内部資料がネットに掲載されてしまった。中身は国際テロ組織捜査の協力者の氏名やFBIの要請による事情聴取の計画など極秘の文書ばかりである。

 産経新聞などによると今年5月1~4日の深夜から早朝にかけてデータの最終更新が行われたようで、「ウイニー」を通じて流出したとみられている。

 これまでもウイニーを通じた捜査資料の流出は度々あるため警視庁の職員に対する危機管理は厳しく、職場には私物のUSBメモリーの持ち込みが禁止されているほか、たとえ持ち込んで使用しようとしても、破壊されるなどの仕掛けがある。

 職場で使用しているUSBメモリーは、仕事が終わった段階で担当責任者が預かり金庫に入れ、鍵がかけられる。そんな厳重ななかでどうして持ち出せたのか。疑問点が多い事件である。
 なによりも流出したのはテロ情報でAPECの直前というタイミングも謎である。

 かつて革マル派が、解析されることが不可能と言われたデジタル化された警察無線が彼らによって傍受されていた。このときこそ、革マル派が警察組織内に浸透している可能性があると大騒ぎになったことがあったがその後、うやむやになっている。

 いずれにせよ、故意の流出であり、徹底した捜査と原因の究明を期待する。自殺しなければいいが…

 問題は、国家公安委員長が2日の閣議後の会見で、「流れた情報は警察の物ですか?」と逆質問したという。ノー天気も甚だしく、まさに日本の治安の行く末は真っ暗なのである。
 それでも今のところは首都東京の体感治安を「レベル2(ブルー)」とする。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察ジャーナリストの黒木さん、車内で死亡 練炭自殺か(2日)

 2日午前11時5分ごろ、千葉県市原市今富の寺の敷地内に止まっていた乗用車内で、ジャーナリスト黒木昭雄さん=同市郡本5丁目=が死亡しているのを家族が見つけ、119番通報した。

 県警市原署によると、黒木さんが自分の車の助手席でぐったりとしているのを家族が見つけ、「自殺している」と通報したという。救急隊員が駆けつけたときには、黒木さんは既に死亡していた。車内で練炭を燃やした跡があったといい、同署は自殺の可能性もあるとみて調べている。ここ数日、所在が分からず、家族が探していたという。

 黒木さんは元警視庁職員。退職後は警察ジャーナリストとして活動していた。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

婚活サイト詐欺事件 22件被害総額8920万円 男追送検で捜査終結 京都(2日)

婚活サイトを利用して知りあった女性に結婚をちらつかせて投資話などを持ちかけ、現金をだまし取ったとして、府警捜査2課などが、詐欺容疑で、大阪府豊中市の無職、坂野和也被告(42)=詐欺罪などで公判中=を逮捕した事件で、同課などは1日、坂野容疑者がかかわったとされる詐欺事件1件を追送検。他の21件も合わせて、被害総額計約8920万円を裏付けし捜査を終結した、と発表した。

関連記事

記事本文の続き 追送検容疑は平成21年3月下旬ごろ、愛媛県内の女性公務員(38)に「タイに日本人学校を建てるために資金が必要」などと言い、女性から現金380万円をだましとったとしている。

 府警によると、被害は京都、大阪、奈良など2府5県に広がり、公務員や塾講師などの34~45歳の独身女性が狙われていた。また坂野容疑者は、だまし取った金を外貨取引や借金返済にあてていたという。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カーナビ盗難1位の大阪で「秘密兵器」 (2日)

防犯カメラがとらえたカーナビ盗難の瞬間です。車に侵入した男はおよそ4分でカーナビを持ち去り、車内には配線だけが残りました。

 各地でこうしたカーナビ盗難が相次いでいますが、ワーストワンは年間1万台ほどの被害がある大阪府。全国のカーナビ盗難の3台に1台は大阪で起きている計算です。

 盗難抑止の秘密兵器はネジ。大阪府警は通常のドライバーでは外せない特殊なネジを普及させるため、1日からキャンペーンに乗り出しました

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4565921.html

Logo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸・山健組前の爆発、手榴弾使用と断定 現場からピン

神戸市中央区の指定暴力団山口組山健組の事務所前で1日未明に起きた爆発事件で、事務所西隣の駐車場から手榴弾(しゅりゅうだん)を爆発させる際に引き抜くピンが見つかり、兵庫県警が使用された爆発物を手榴弾と断定したことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は器物損壊と爆発物取締罰則違反の容疑で捜査している。

 捜査関係者によると、ピンの特徴などから、手榴弾はロシア製の可能性が高いという。事務所前の路面に約1センチの深さでえぐれている場所があり、県警は何者かが事務所付近でピンを外し、路上で爆発させたとみている。

 約5メートル離れた民家のアルミ製の門扉や窓ガラスに穴が開いていたほか、飛び散ったとみられる金属片は約40メートル離れた場所からも見つかり、周囲の壁や窓ガラスなどの損傷は200カ所以上に及んでいたという。このため、県警は、使われた手榴弾の殺傷能力は高いとみている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

教えに疑問感じ宗教団体に放火…起訴事実認める(2日)

新潟県三条市で昨年9月、自分が所属した宗教団体の建物にライターで放火したなどとして、現住建造物等放火罪などに問われた見附市本所、無職坂井聡一郎被告(24)の裁判員裁判の初公判が1日、新潟地裁(山田敏彦裁判長)であり、坂井被告は起訴事実を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、坂井被告は、宗教団体に所属していたが、両親の離婚を機に教えに疑問を持ち、恨みを抱くようになったと説明。

 弁護側は、「被告には発達障害がある。この事件で人的被害はなく、同情すべき点が多々ある」などと情状酌量を求めた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の花壇に…首のない子猫の死骸(2日)

2日午前8時10分頃、兵庫県加古川市別府町新野辺、市立別府西小学校で、校舎西側の花壇に頭部のない猫の死骸゜

があるのを、登校してきた5年生の男子児童が見つけ、教頭(49)が加古川署に通報した。

 刃物で切られたような跡があり、同署は動物愛護法違反などの疑いで調べている。

 発表によると、猫は体長約20センチの子猫で、死後1、2日たっているとみられる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

牛刀で刺され、バーの経営者死亡「女性関係めぐりトラブル」(2日)

2日午前4時25分ごろ、北海道北見市のビル4階のバーから、男の声で店の経営者を刺した、と110番通報があった。薩川博行さん(44)=同市=が牛刀で腹部を刺されており、間もなく死亡が確認された。

 北見署は殺人未遂の現行犯で、同市の無職、坪沢学容疑者(41)を逮捕。容疑を殺人に切り替えて調べる。逮捕容疑は薩川さんの腹部を牛刀で刺し、殺害しようとした疑い。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、坪沢容疑者は「女性関係をめぐってトラブルがあった」と供述。牛刀は刃渡り約30センチで、自宅から持ち出したという。

 現場はJR北見駅近くの飲食店が並ぶ一画。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ情報流出疑惑に、岡崎トミ子大臣、事態理解せず?記者に逆質問(2日)

警視庁公安部外事3課の内部資料の疑いがある文書がインターネット上に掲載された問題について、岡崎トミ子国家公安委員長は2日、閣議後の記者会見で、流出文書が「警察の資料か否かも含め調査中」と報告を受けていながら、「警察のものですよね」と記者に聞き直す一幕があった。事態をきちんと理解していなかったとみられ、改めて危機管理能力が問われそうだ。

 岡崎氏はまず、「報告は受けています。警察で調査中ということですので答えは差し控えたい」としたうえで、情報管理の重要性は「きちんと警察に指示している」と述べた。「感想はないのか」と問われると、「大変遺憾に思っている。情報はしっかりと管理しなければならない。あってはならないものだったと思っている」と説明した。

 この発言に対して別の記者から「なぜ遺憾なのか。警察の資料ということが前提なのか」と質問を受けると、「警察で保管されているものかも含めて調査中ということ」と想定問答通りに回答した。

 しかし、「警察のものでなければ遺憾に思う理由は」と尋ねられると、「警察で管理しなければならないものがネット上に出ていると、こういうことですよね?」と逆質問。この後、矛盾に気付いたのか、「元に戻しまして」とわれに返り、「警察で調査中ですので答えは差し控えたいと思っている」と繰り返した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

草野仁さん、指名手配犯の情報提供呼びかけ(2日)

タレント・草野仁さんが1日、警視庁新宿署の一日署長を務めた。指名手配犯の捜査強化月間に伴うキャンペーンの一環で、草野さんは、逃亡中の指名手配犯について情報提供を呼びかけた。

 警視庁によると、逃亡中の指名手配犯は全国で約1200人いるという。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2010/11/01/07169815.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自称・ジム会長を逮捕、死亡ひき逃げ容疑 (2日)

東京・足立区で車を運転中、原付きバイクに衝突して運転していた男性を死亡させたうえ、そのまま逃走したとして、自称・キックボクシングジム会長の男が警視庁に逮捕されました。

 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは自称・キックボクシングジム「ケイ・リバー」の会長・柴泉彰治容疑者(28)です。警視庁の調べによりますと、柴泉容疑者は先月30日に乗用車を運転中、東京・足立区竹ノ塚の交差点で会社員の木村進さん(28)が運転する原付きバイクと衝突したうえ、そのまま逃走して木村さんを死亡させた疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、柴泉容疑者は現場からおよそ3キロほど離れた埼玉県内の路上に車を乗り捨てていたということです。

 取り調べに対し、柴泉容疑者は容疑を認めているということですが、事故後に逃走する途中で歩道に乗り上げて街路樹や看板に衝突していることなどから、警視庁は柴泉容疑者が飲酒運転をしていた疑いもあるとみて調べています。(01日19:50)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬・小6自殺:担任「いじめあった」…学校側と食い違い(2日)

群馬県桐生市立新里東小6年、上村明子さん(12)が自殺し、遺族が「いじめが原因」と訴えている問題で、担任教諭が県警の聴取に対し「明子さんへのいじめがあった」と認めていることが1日、捜査関係者などへの取材でわかった。学校側はこれまで「いじめという認識はなかった」と説明しており、学校と担任の認識が食い違っている。

 明子さんは10月23日、自宅で自殺した。遺書は見つかっていない。捜査関係者と学校関係者によると、担任への聴取は明子さんの学校での生活や、自殺までの経緯について説明を求めるために行われた。担任はこの中で、同級生が明子さんを無視したり、給食時に明子さんを避けて座るなどのいじめがあったと説明したという。

 同小の岸洋一校長は会見で、「5年生の時に母親から『いじめられた』という訴えがあったことは確認できたが、明子さんの勘違いだった。明子さんからいじめに関する特別な相談はなかった」と説明していた。【喜屋武真之介、塚本英夫】http://Logo_mainichi_s1mainichi.jp/select/jiken/news/20101102k0000m040106000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁テロ情報、意図的流出の疑い…協力者やFBI要請文も掲載(2日)

国際テロを捜査する警視庁公安部外事3課の内部資料の疑いがある資料が、インターネット上に掲載された問題で、掲載されたのが捜査資料のみで流出元の個人情報などが確認されていないことから、意図的な流出の疑いがあることが1日、捜査関係者への取材で分かった。産経新聞は掲載された資料を入手。国際テロ組織捜査の協力者の名前やFBI(米連邦捜査局)の要請による事情聴取計画など、極めて秘匿性の高い資料も含まれていた。

関連記事

記事本文の続き 協力者の個人情報が明らかになれば、生命に危害が及ぶ可能性があるほか、海外の情報機関などからの国際的信用失墜は免れず、テロ対策の抜本的見直しを迫られる。警視庁は職員らから事情聴取し、流出の実態を調べている。

 捜査関係者によれば、掲載された資料のデータの最終更新日は今年5月1日~4日の深夜から早朝にかけてだった。ファイル共有ソフト「ウィニー」を通じて通し、複数のサイト上に転載。多くはPDFファイルで保存されていた。

 不注意による共有サイトからの流出の場合には、流出元の個人データが含まれることが一般的で、そこから流出元の特定につながることが多い。しかし、今回は個人データは確認されず、捜査資料のみが転載されていた。個人データを意識的に消去した可能性がある。

 さらに、5月に最終更新されたデータが、横浜市で今月開かれるアジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議を直前にした時期に掲載されたことから、故意の掲載だったのではないかとの見方が広がっている。

 掲載された資料には、捜査協力者の実名や住所が記載され、特定の人物が国際テロ組織の「兵士」だったとする通報内容なども記されていた。また国内のモスク(イスラム教礼拝所)に通う人物の行動確認記録もあった。個人情報以外にも、警察庁国際テロリズム対策課からの指示内容や大規模国際テロ事件発生時の初動捜査体制など対テロ捜査の実践手法も存在した。

 一連の問題は、10月29日午後8時ごろに民間のシステム会社が気づき、首都圏の県警本部に通報。警視庁はこの県警から連絡を受け事態を把握した。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

野村証券社員がシンガポールで変死 地元警察が捜査(2日)

証券最大手、野村証券の男性社員(30)が先月23日に留学先のシンガポールで変死しているのが見つかり、地元の警察当局が事件に巻き込まれた可能性があるとして捜査を始めたことが1日、外務省関係者などへの取材で分かった。遺体には打撲の跡が多数あり、在シンガポール大使館も情報収集を進めている。

関連記事

記事本文の続き 複数の関係者によると、男性は現地時間の先月23日午後、シンガポール市内の路上で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。地元警察による司法解剖の結果、遺体の右胸付近から腹部にかけて殴打されたような跡が複数あった。内臓にも損傷がみられ、死因は出血性ショックだった。

 当日は市内の飲食店で開かれた友人の誕生パーティーに出掛けており、警察当局は男性が帰宅するまでの間に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみている。

 男性の遺体は日本の両親に引き取られたが、当時身につけていた男性の所持品は、警察当局が「捜査に必要」として保管し、分析を進めている。

 男性は大阪府出身。野村証券金融経済研究所などに所属し、MBA(経営修士学)取得のため、シンガポール市内の大学に留学中だったという。

 野村ホールディングス・グループ広報部は「社員が留学中に死亡したとの情報は把握しているが、現地警察が捜査中なのでコメントは差し控えたい」としている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ラブ・コネクションで覚せい剤運び屋? 71歳女に容疑(2日)

スーツケースに覚せい剤を隠して密輸入したとして、大阪府警と大阪税関は1日、大阪市淀川区の無職の女(71)を覚せい剤取締法違反の疑いで緊急逮捕し、大阪地検が同法違反の罪(営利目的輸入)で起訴した、と発表した。同税関によると、女は求婚されたナイジェリア人の男にスーツケースを渡されたと説明しているといい、「覚せい剤が入っているとは思わなかった」と容疑を否認しているという。

 同税関は、恋愛感情を利用して日本人女性を運び屋に仕立てる手口「ラブ・コネクション」の可能性があるとみて、注意を呼びかけている。

 関西空港署と関西空港税関支署によると、女は10月8日、関西空港に到着し、覚せい剤約4キロ(末端価格約3億5千万円)を密輸入した疑いがある。覚せい剤は二重底に改造されたスーツケースから見つかった。女は、男に誘われてエジプトで落ち合い、男に頼まれてお互いのスーツケースを交換した、などと説明しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネット通販利用、46万人分の個人情報流出(2日)

インターネット通信販売サイト「サンプル百貨店」利用者の個人情報46万3360人分が流出していたことがわかった。

 サイトを運営する「ルーク19」(東京)によると、今年9月頃から、「不動産販売会社から勧誘電話を受けた。会員情報が流出したのでは」といった会員からの苦情が相次ぎ、調べたところ、派遣社員の20歳代の男が会員ほぼすべての情報を名簿業者2社に計33万円で売却したことを認めた。同社は警視庁新宿署に窃盗容疑で被害届を出した。

 「サンプル百貨店」は、サンプル品や試供品を無料または格安で会員に提供、会員が使用した感想などを製造元に届けている。データは転売され、11社に渡っているが、同社は「業者にはデータ返却・破棄の同意を取り付けている」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死刑求刑ケースの指針に 耳かき殺人(2日)

5日間の非公開評議を経て、裁判員らが導き出した結論は「極刑回避」だった。今回のケースは死刑と無期懲役の境界上にあり、経験豊富な裁判官でも悩む事件だ。当然、事件によって判断は異なるが、今回の公判は今後予想される死刑求刑事件の一定の指針となるのは間違いない。

関連記事

記事本文の続き 今回、東京地裁は公判で頻繁に休廷をはさんだほか、1日の判決も午前から午後に変更して評議の時間を確保。裁判員に配慮した進行といえる。死刑か無期かを判断する重圧から裁判員の交代も想定されたが、それもなかった。あるベテラン裁判官は「裁判員は比較的冷静に証拠を検討できたのではないか」と解説する。

 また検察側は論告の際、スクリーンに被害者の生前の写真を大きく表示した。横浜地裁で1日から審理が始まった強盗殺人事件など全国で死刑求刑が予想される公判が控えるが、こうした情に直接訴える戦術が広がることも予想される。

 今回の判決は「過去の裁判例と大きく逸脱するものではない」(ベテラン裁判官)との声も上がる。ただ、すべて過去の「判例通り」ならば司法に国民目線を求めた裁判員制度の意味がない。裁判員が納得し、冷静に白紙の状態から判断できる審理が求められる。(森浩)

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月1日 | トップページ | 2010年11月3日 »