« 警視庁の指導の下、コンビニ強盗対策の訓練(16日) | トップページ | 京都府警巡査部長、聴取後に失跡 下着窃盗容疑を否認(16日) »

2010年10月16日 (土)

警視、4バス停損壊「なぜやったかわからない」(16日)

千葉県警鎌ヶ谷署は15日、鎌ヶ谷市道野辺中央、警視庁総務部理事官の有藤秀樹警視(54)を器物損壊容疑で千葉地検松戸支部に書類送検した。

 捜査関係者によると、有藤警視は2007年11月18日深夜から19日未明の間、鎌ヶ谷市内のバス停留所で案内板2枚を折り曲げて壊した上、同27日から28日未明にも、同市内の別の場所でバス停留所の案内板2枚を壊した疑い。

 調べに「やったのは間違いないが、なぜやったか自分でもわからない」と話しているという。バス会社によると、謝罪した上で弁償したという。

 

« 警視庁の指導の下、コンビニ強盗対策の訓練(16日) | トップページ | 京都府警巡査部長、聴取後に失跡 下着窃盗容疑を否認(16日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視、4バス停損壊「なぜやったかわからない」(16日):

« 警視庁の指導の下、コンビニ強盗対策の訓練(16日) | トップページ | 京都府警巡査部長、聴取後に失跡 下着窃盗容疑を否認(16日) »