« 飲酒の消防副署長、証拠隠滅教唆容疑で書類送検へ(18日) | トップページ | スーパー銭湯で54日間…無銭宿泊の男逮捕(18日) »

2010年10月18日 (月)

コンビニ店長が強盗自作自演、保険金詐欺容疑(18日)

宇都宮市のコンビニエンスストアの強盗被害を装い、損害保険金を保険会社からだまし取ったとして、栃木県警は18日、栃木県壬生町表町、元コンビニ店店長三河哲史被告(36)(偽計業務妨害罪で起訴)を詐欺の疑いで再逮捕した。

 発表によると、三河被告は5月、経営していた同市針ヶ谷のコンビニ店「ローソン宇都宮針ヶ谷1丁目店」駐車場で売上金443万円を奪われる強盗被害にあったと偽り、保険会社に損害保険金を請求して443万円をだまし取った疑い。

 三河被告は虚偽の通報を行った偽計業務妨害容疑で9月に逮捕された。三河被告は「間違いありません」と詐欺容疑も認めている。

 

« 飲酒の消防副署長、証拠隠滅教唆容疑で書類送検へ(18日) | トップページ | スーパー銭湯で54日間…無銭宿泊の男逮捕(18日) »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ店長が強盗自作自演、保険金詐欺容疑(18日):

« 飲酒の消防副署長、証拠隠滅教唆容疑で書類送検へ(18日) | トップページ | スーパー銭湯で54日間…無銭宿泊の男逮捕(18日) »