« 男子高生刺殺のナイフ、現場近くの側溝で発見 神戸(11日) | トップページ | 「マジコン」販売に刑事罰 野放し状態、コンテンツ産業の成長阻害も(11日) »

2010年10月11日 (月)

「立証上の唯一の傷、消したかった」前田検事(11日)

 郵便不正事件の証拠品のフロッピーディスク(FD)を改ざんしたとして、最高検は11日、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)を証拠隠滅罪で大阪地裁に起訴する。

 捜査関係者によると、前田容疑者は容疑を認め、改ざんの動機について「立証上の唯一の傷を消したかった」などと供述しているという。法務省は同日、前田容疑者を懲戒免職処分とする方針。

 調べによると、前田容疑者は厚生労働省元係長・上村勉被告(41)(公判中)が発行した偽の証明書を巡り、昨年7月13日、FDに記録されていた偽証明書のデータの最終更新日時を「2004年6月1日」から、特捜部が描いていた事件の構図に沿う「04年6月8日」に書き換えた疑いが持たれている。

 

« 男子高生刺殺のナイフ、現場近くの側溝で発見 神戸(11日) | トップページ | 「マジコン」販売に刑事罰 野放し状態、コンテンツ産業の成長阻害も(11日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49707726

この記事へのトラックバック一覧です: 「立証上の唯一の傷、消したかった」前田検事(11日):

« 男子高生刺殺のナイフ、現場近くの側溝で発見 神戸(11日) | トップページ | 「マジコン」販売に刑事罰 野放し状態、コンテンツ産業の成長阻害も(11日) »