« 柴野元衆院議員、未公開株で詐欺容疑 東京地検、来週にも再逮捕(9日) | トップページ | 強姦容疑の消防士3人を処分保留 山形地検「任意で捜査継続」(9日) »

2010年10月 9日 (土)

捜査妨害「言語道断だ」 NHK情報漏洩に捜査関係者(9日)

警視庁が今年7月に行った相撲部屋への一斉捜索では、力士らの携帯電話などを押収。現在、押収物の解析を継続し、力士の賭博関与の有無や胴元の特定など野球賭博の全容解明を進めている。取材者側の情報漏洩(ろうえい)は賭博捜査を結果的に“妨害”する格好となっており、捜査関係者からは「言語道断」と厳しい声が上がっている。

関連記事

記事本文の続き 力士らによる野球賭博問題は今年5月に発覚。警視庁は日本相撲協会に賭博への関与を認めた力士から任意で事情聴取を進めるとともに、勝敗予想や(チームの実力や先発投手に応じた)ハンディ表のやり取りをしていたとみられる携帯メールの任意提出を要請した。しかし、平成21年以降のプロ野球シーズン中のメールを消去している力士が複数いたことが判明。要請に素直に応じない力士もいた。

 このため警視庁は、力士らの携帯電話を押収し、消された通信記録やメールを復元する必要があると判断。7月7日、賭博開帳図利容疑で、阿武松(おおのまつ)部屋(千葉県習志野市)など三十数カ所の一斉捜索を行った。

 捜索で押収した携帯電話の通話やメールの履歴は、仲介役の口座記録とならび、有力な物証だ。

 捜査幹部は「(証拠隠滅容疑などの)犯罪にならなくても、報道倫理上、問題があるのではないか」と指摘。別の捜査関係者も「家宅捜索は証拠隠滅を防ぐために行うものなのに、(NHK記者の行為は)隠滅を助ける行為で捜査対象者を利するだけ。情報によって決定的な証拠が消されていたら、立件が不可能になってしまう」と憤慨している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 柴野元衆院議員、未公開株で詐欺容疑 東京地検、来週にも再逮捕(9日) | トップページ | 強姦容疑の消防士3人を処分保留 山形地検「任意で捜査継続」(9日) »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49688301

この記事へのトラックバック一覧です: 捜査妨害「言語道断だ」 NHK情報漏洩に捜査関係者(9日):

« 柴野元衆院議員、未公開株で詐欺容疑 東京地検、来週にも再逮捕(9日) | トップページ | 強姦容疑の消防士3人を処分保留 山形地検「任意で捜査継続」(9日) »