« 白骨化遺体:岐阜市の市営住宅で発見 居住の女性か(19日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(19日)9割が電話帳に掲載・警察庁 »

2010年10月19日 (火)

84歳殺害の容疑者の自室床下に多額現金 被害金をたんす預金か(19日)

大阪府吹田市の河内山十一さん(84)が殺害され、預金口座から現金が引き出された事件で、窃盗容疑で逮捕された山崎義久容疑者(52)の同府茨木市橋の内の自宅の自室床板の下から、多額の現金が見つかっていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は、山崎容疑者が、河内山さんのキャッシュカードで引き出した現金計約340万円の大半を“たんす預金”していたとみている。

関連記事

記事本文の続き 府警によると、河内山さんは9月19日ごろ、吹田市藤白台の府営住宅の自宅で胸を刺されて死亡したが、20日以降、複数の銀行の河内山さんの預金口座から、まとまった現金が断続的に引き出されていた。

 引き出しは、延べ4日間に及び、計13回。キャッシュカードを利用したATM現金自動預払機)からの引き出しには、限度額が設定されているため、日を変えて何度も引き出す必要があったとみられる。

 内訳は、山崎容疑者の親族が住んでいる京都市内からが9回と最も多く、次いで地元の茨木市内など北摂地域で3回、倒産するまで勤めていたカメラ店があった大阪市内で1回だった。

 逮捕容疑となった36万円の窃盗は21日夕、京都市下京区のATMで2回に分けて引き出していたという。

 府警は、山崎容疑者を逮捕した直後の今月17日夕、3階建ての自宅を家宅捜索し、山崎容疑者の部屋から多額の現金を発見した。家族にないしょで、パチンコやパチスロなど遊興費に使っていたとみている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 白骨化遺体:岐阜市の市営住宅で発見 居住の女性か(19日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(19日)9割が電話帳に掲載・警察庁 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 84歳殺害の容疑者の自室床下に多額現金 被害金をたんす預金か(19日):

« 白骨化遺体:岐阜市の市営住宅で発見 居住の女性か(19日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(19日)9割が電話帳に掲載・警察庁 »