« 東京高裁、民主・小沢元代表が強制起訴の手続きの停止を求めた即時抗告を退ける決定(23日) | トップページ | 座長に千葉氏、重大な懸念~日弁連会長(23日) »

2010年10月23日 (土)

ポーランド人少年、覚せい剤密輸の疑い (23日)

アフリカのベナンから大量の覚せい剤を密輸しようとしたとして、ポーランド人の18歳の少年が逮捕されていたことがわかりました。

 覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職のポーランド人の18歳の少年です。

 少年は今月2日、アフリカのベナンから成田空港に到着した際、覚せい剤およそ4.2キロ、末端価格にして3億8千万円相当を密輸しようとしたとして逮捕され、22日、家庭裁判所に送致されました。

 税関によりますと、覚せい剤は二重底に細工されたスーツケースに隠されていて、少年は、「ポーランドでスーツケースを購入した」などと供述したということです。

 税関によりますと、成田空港で摘発された覚せい剤密輸事件で18歳の少年が逮捕されたのは、記録に残っている範囲では、空港開港以来、最年少のケースということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4557421.html

 

« 東京高裁、民主・小沢元代表が強制起訴の手続きの停止を求めた即時抗告を退ける決定(23日) | トップページ | 座長に千葉氏、重大な懸念~日弁連会長(23日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49818669

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド人少年、覚せい剤密輸の疑い (23日):

« 東京高裁、民主・小沢元代表が強制起訴の手続きの停止を求めた即時抗告を退ける決定(23日) | トップページ | 座長に千葉氏、重大な懸念~日弁連会長(23日) »