« 「バカなんじゃないか」小2担任が学級通信で児童を非難(26日) | トップページ | 警察庁長官銃撃、関与認め告発された男を不起訴(26日) »

2010年10月26日 (火)

小6自殺、母に編んでいたマフラーで首つる(26日)

 群馬県桐生市の市立小学校6年の女子児童が自宅で首をつって自殺した問題で、亡くなった上村明子さん(12)の父親の竜二さん(50)が25日、報道陣の取材に「6年生になってから10回以上、いじめがなくなるよう担任に相談したが、具体的な対策は示されなかった」と改めて学校の対応を批判した。

一方、学校は校長が記者会見し、「いじめの状況は把握できていないが、事実確認を進めたい」と述べた。市教育委員会も調査を始めた。

 竜二さんによると、明子さんは23日、自室でカーテンレールにマフラーをかけて首をつっているのを母親(41)が見つけた。明子さんが母親にプレゼントするため、編んでいたマフラーだった。

 いじめが始まったのは5年生になってから。同級生に「汚い」「近寄るな」などと言われたこともあり、母親が外国人であることについても、からかう言葉を浴びせられていたという。

 5年生の2学期頃、竜二さんが学校に改善を申し入れ、いじめは収まった。ところが、6年生になってクラスが替わり、担任が交代すると再燃。給食時に同級生がグループで食事する中、明子さんは独りぼっちになっていたという。

 校長は会見で「(竜二さんから担任に)相談はあったが、たびたびではなかったと聞いている」とし、「給食の状況を担任は直したいと考えていた」などと述べた。

 

« 「バカなんじゃないか」小2担任が学級通信で児童を非難(26日) | トップページ | 警察庁長官銃撃、関与認め告発された男を不起訴(26日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小6自殺、母に編んでいたマフラーで首つる(26日):

« 「バカなんじゃないか」小2担任が学級通信で児童を非難(26日) | トップページ | 警察庁長官銃撃、関与認め告発された男を不起訴(26日) »