« 慶大射撃部員、ライフル実弾200発を紛失(16日) | トップページ | 痴漢容疑で逮捕の男、釈放の帰りに再び… 愛知・岩倉(16日) »

2010年10月16日 (土)

取調官の誘導あった…布川事件再審公判(16日)

茨城県利根町で1967年に大工の男性が殺害された「布川事件」で強盗殺人罪に問われ、無期懲役が確定した桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)(ともに96年仮釈放)の再審第4回公判が15日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であり、2人は取調官の誘導があったと述べた。

 桜井さんは「郵便不正事件での証拠改ざんと同じ犯罪行為」と訴えた。「自白」について「取調官に何度も読み聞かせられて覚えた」とした。弁護側の質問に「取調官から『ウソ発見器が犯人だと言っている』と言われて落胆し、心が折れた」と涙をにじませ、検察官をにらみつけた。

 杉山さんも「認めなければ死刑と取調官に言われた」と供述した。再審で遺留物のDNA型鑑定が却下されており、来年3月に無罪判決が言い渡される見通し。

 

« 慶大射撃部員、ライフル実弾200発を紛失(16日) | トップページ | 痴漢容疑で逮捕の男、釈放の帰りに再び… 愛知・岩倉(16日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49754555

この記事へのトラックバック一覧です: 取調官の誘導あった…布川事件再審公判(16日):

« 慶大射撃部員、ライフル実弾200発を紛失(16日) | トップページ | 痴漢容疑で逮捕の男、釈放の帰りに再び… 愛知・岩倉(16日) »