« 押尾学被告:10カ月ぶり保釈 無言のまま一礼(5日) | トップページ | 時効撤廃「追い続ける」 広島の女子高校生殺害6年(5日) »

2010年10月 5日 (火)

「素人判断」とあなどれない 社会部長・近藤豊和(5日)

 検察庁が激震に見舞われる中、第5検察審査会は、民主党の小沢一郎元幹事長に対し、「起訴すべし」との最終判断を出した。

 今回の議決は、9月10日に郵便不正事件で厚生労働省元局長、村木厚子さん(現・内閣府政策統括官)へ大阪地裁による無罪判決が出た4日後の判断だ。地裁の判決は大阪地検特捜部の捜査のありようについて、厳しく「断罪」した。最強の捜査機関といわれる特捜部の捜査が「こんなに杜撰(ずさん)なものだったのか」との声が高まり、「特捜神話崩壊」という空気が一気に蔓延(まんえん)し始めたときだった。

 こうした検察批判の「空気」が、第5検察審査会の最終判断に、何らかの影響を与えるのではないのか-との観測も出ていた。

 それゆえ、こうした「空気」がある中でも、第5検察審査会の審査員たちが最終的に決めた「強制起訴」の判断は、まさに重く受け止められるべきである。

 今回の議決で、検察審査会は自身を以下のように定義した。やや長いが引用する。「有罪の可能性があるのに、検察官だけの判断で有罪になる高度の見込みがないと思って起訴しないのは不当であり、国民は裁判所によってほんとうに無罪なのかそれとも有罪なのかを判断してもらう権利があるという考えに基づくものである。嫌疑不十分として検察官が起訴を躊躇(ちゅうちょ)した場合に、国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度」

 昨年5月、裁判員制度とともに「国民の司法参加」を掲げ、強制起訴権限を持って再スタートした検察審査会の「覚悟」として、重く響く文言である。

 陸山会による土地取引に絡む巨額の金の出し入れや融資については、いまだに首をひねることが多すぎる。ほかの不動産取得や政党助成金の移動などでも総額数十億円もの不明朗な金が動き、「疑惑の山」であり続けている。

 小沢元幹事長は「すべて表に出して説明している」などと発言し続けてきたが、その言葉は、いかに剛腕政治家の訴えとしても国民は、そのままうのみにすることはなかったのだ。

 一方、検察審査会の制度そのものについては、批判的な専門家などの意見があるのも事実だ。

 その主要な理由は「法律の素人たちによる判断でいいのか」「世の中のムードに流された『魔女裁判』的な判断になる」-などに集約されるが、改善に向けた議論そのものはあってしかるべきである。

 ただ、裁判員裁判後の記者会見などで聞かれる裁判員たちの声を聞いたり、検察審査会が判断後に出す議決の文面内容などを読むにつけ、「素人判断」とあなどれないとあらためて思う。

 国の三権である司法への「国民参加」。ナイーブと言われるかもしれないが、司法を国民は「取り戻した」のかもしれない。否定的な見方を前提にすべきではないと考えるが、どうだろうか。

 さらには、今年2月の検察当局による「小沢氏不起訴」の“プロ”の判断の際にも、検察内または検察OBからは「起訴できた案件だ」との声が少なくなかったのも事実である。

 「公判廷で黒白つける」。審査員たちが求めたように、法曹三者と傍聴者が、一堂に集う公判廷という開かれた場で、まさに国民注視の中で「黒白」をつけようではないか。それは「国民」という言葉が好きな剛腕政治家も本当は望むところだと拝察している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101005/crm1010050454003-n1.htm

 

« 押尾学被告:10カ月ぶり保釈 無言のまま一礼(5日) | トップページ | 時効撤廃「追い続ける」 広島の女子高校生殺害6年(5日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49653383

この記事へのトラックバック一覧です: 「素人判断」とあなどれない 社会部長・近藤豊和(5日):

« 押尾学被告:10カ月ぶり保釈 無言のまま一礼(5日) | トップページ | 時効撤廃「追い続ける」 広島の女子高校生殺害6年(5日) »