« 近所の女性殺害の罪で知り合いの67歳男を起訴(18日) | トップページ | 生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日) »

2010年10月18日 (月)

日本列島振り込め詐欺(18日)

「闇サイトで仕事紹介された」 少年3人 振り込め詐欺未遂で逮捕

Head_logo1_3

 長男をかたって東京都稲城市の女性(62)に電話し現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁多摩中央署は詐欺未遂の現行犯で、江東区の19歳の少年2人と千葉県船橋市の少年(18)を逮捕した。同署によると、3人は「闇サイトに応募して仕事を紹介してもらった」「知らない男に頼まれた」などとする一方、「振り込め詐欺とは知らなかった」などと供述しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は15日、自営業の女性方に長男を名乗って電話し「電車にかばんを忘れた。取引先に支払う金を貸してほしい。下請け会社の人を行かせるから現金300万円を渡してくれ」などとして、現金をだまし取ろうとしたとしている。同署によると、電話の内容を不審に思った女性が長男に確認し通報。3人が女性方に金を受け取りに来たところを捜査員が取り押さえた。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

電話で警察官かたる詐欺、背後に中国組織か

Head_logo1_6

警察官や銀行関係者などをかたり高齢者からキャッシュカードをだまし取る手口の詐欺事件で、滋賀県警が逮捕した実動部隊の「リーダー」の供述などから、複数の実動部隊を操る大規模な詐欺シンジゲートの姿が浮かび上がってきた。電話をかける「かけ子」の拠点など、組織の最上層部は中国にある可能性も浮上。組織は、人員補充のための「スカウト役」まで用意して、メンバーが逮捕されても新たに勧誘しては犯行を繰り返しており、県警は警戒を強めている。

関連記事

記事本文の続き 県警が8月に逮捕した実動部隊の「リーダー」とみられる男は住所不定、無職、小貫康史容疑者(39)。今年6月、愛知県内の女性(70)のキャッシュカードを使い、現金を引き出したとされる。

 県警によると、組織は、警察官などを装って電話をかける「かけ子」、被害者方を訪問してカードをだまし取る「受け子」のほか、詐取したカードを使い現金を引き出す「出し子」、引き出した現金を回収する「回収役」など、明確に役割を分担している。

 小貫容疑者は、これらの構成員を束ねていたとみられ、メンバーとともに、ホテルを転々としながら、全国各地を渡り歩いていた。「受け子、出し子、現金回収役を3組9人管理し、メンバーが逮捕された場合などに備え、スカウト役も従えていた」と供述。「受け取った現金は、別の現金回収役の男に手渡してトップに上納していた」とも話している。

 捜査では、小貫容疑者が昨年7月、中国に渡航し、約1カ月滞在していたことも判明。警視庁が8月に同様の事件で逮捕した「かけ子」グループは、中国・福建省アモイ市のマンションを拠点に電話をかけていたとされており、県警も、中国での小貫容疑者の動きや、詐取した現金の流れに注目している。

 一方、組織の「スカウト役」は、少年院を出た若者や暴力団関係者らに狙いをつけ「カードで現金を引き出すだけで、小遣いが稼げる」などと勧誘。

 6月に県警が窃盗容疑で逮捕した「出し子」の少年(18)は、ホストとして勤めていた東京都新宿区の歌舞伎町で若い男に勧誘されてメンバーに加わり、わずか半月で14件約2800万円を引き出していた。少年は「リーダーから引き出した額の6~8%を報酬としてもらっていた」と供述している。

 同様の詐欺事件で、全国の警察に逮捕された容疑者は数十人に上るが、組織は、次々とメンバーを補充しては、犯行を繰り返しているとみられる。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 近所の女性殺害の罪で知り合いの67歳男を起訴(18日) | トップページ | 生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(18日):

« 近所の女性殺害の罪で知り合いの67歳男を起訴(18日) | トップページ | 生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日) »