« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 新宿区でタクシー強盗、殴り料金踏み倒す (9日) »

2010年10月 9日 (土)

3Dで事故再現 千葉県警とHOYAがシステム開発(9日)

 交通事故の状況を3Dで立体的に再現するシミュレーションシステムを、千葉県警が大手精密機器メーカーのHOYAと共同開発した。事故当事者の刑事責任や過失度合いの立証のほか、裁判員裁判にも役立つと期待されている。

関連記事

記事本文の続き 県警によると、システムは、車の速度や目撃者の証言内容などを入力することで、運転席などさまざまな目線から事故時の様子を再現。加害者や被害者の死角の範囲や、位置関係などの確認も容易になる。

 運用は38の都道府県警のコンピューターでも可能で、今後は全国的な普及を目指したい考えだ。

 裁判員裁判では、危険運転致死罪や、車が凶器に使われた殺人罪などが対象となる。千葉県警交通捜査課の萩原喜也課長代理は「視覚に訴えることで、実体感を持ってもらえる。将来的には、飛行機や鉄道などの事故捜査にも活用したい」と話している。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 新宿区でタクシー強盗、殴り料金踏み倒す (9日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49694534

この記事へのトラックバック一覧です: 3Dで事故再現 千葉県警とHOYAがシステム開発(9日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 新宿区でタクシー強盗、殴り料金踏み倒す (9日) »