« 街頭で女性誘い風俗店に…年2.4億円、グループ代表逮捕(21日) | トップページ | 新入生「大麻入手可能」6割超…関関同立が調査(21日) »

2010年10月21日 (木)

大阪地検特捜部前部長と元副部長を懲戒免職(21日)

大阪地検特捜部による証拠品改ざん・犯人隠避事件で、法務省は21日、大阪地検特捜部前部長・大坪弘道(57)、元副部長・佐賀元明(49)の両容疑者を同日付で懲戒免職処分にした。

 また、同省は同日付で、2人の上司だった同地検の小林敬・検事正(59)を国家公務員法上の懲戒処分の減給(100分の10、4か月)に、玉井英章・前次席検事(59)(現・大阪高検次席検事)も減給(100分の10、6か月)とした。同地検を所管する大阪高検については、太田茂・前次席検事(61)(現・京都地検検事正)を戒告とした。最高検の伊藤鉄男・次長検事(62)は、内部規則上の処分にあたる訓告とした。

 一方、元特捜部主任検事・前田恒彦被告(43)(証拠隠滅罪で起訴)から証拠品のフロッピーディスクを改変したことを告げられたものの、上司への報告が遅れたとして、大阪地検の国井弘樹検事(35)も減給(100分の10、1か月)とした。

証拠改ざん大阪地検前特捜部長・元副部長を起訴

 大阪地検特捜部による証拠品改ざん・犯人隠避事件で、最高検は21日、特捜部前部長・大坪弘道(57)、元副部長・佐賀元明(49)の両容疑者を犯人隠避罪で大阪地裁に起訴した。

 2人は容疑を否認しているという。

 調べによると、大坪、佐賀両容疑者は1~2月、前田被告から「FDを故意に改ざんした」と報告を受けながら、2月上旬、前田被告に「過失と説明しろ」と指示するなどして改ざんを

隠蔽

(

いんぺい

)

した疑い。

(2010年10月21日15時02分  読売新聞)

« 街頭で女性誘い風俗店に…年2.4億円、グループ代表逮捕(21日) | トップページ | 新入生「大麻入手可能」6割超…関関同立が調査(21日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49805568

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地検特捜部前部長と元副部長を懲戒免職(21日):

« 街頭で女性誘い風俗店に…年2.4億円、グループ代表逮捕(21日) | トップページ | 新入生「大麻入手可能」6割超…関関同立が調査(21日) »