« 暴力団追放運動の住民と警察庁長官が意見交換(1日) | トップページ | 検事総長に「退場」論幹部大量処分も 不当案件他にも?(2日) »

2010年10月 2日 (土)

「改ざんは過失と説明しろ」…前特捜部長ら逮捕(2日)

郵便不正を巡る証拠品のフロッピーディスク(FD)改ざん事件で、最高検は1日、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)(証拠隠滅容疑で逮捕)の上司だった大坪弘道・前特捜部長(57)と佐賀元明・前同部副部長(49)を、犯人隠避容疑で逮捕した。

 最高検は、郵便不正事件での厚生労働省元局長・村木厚子さん(54)(無罪確定)の公判を維持するため、改ざんが意図的なものと知りながら、組織的に

隠蔽

(

いんぺい

)

したと判断した。

 特捜部の現職検事による証拠品改ざん事件は、特捜部トップの強制捜査という検察史上例のない事態に発展した。

 最高検の調べによると、大坪、佐賀両容疑者は共謀の上、1~2月、前田容疑者から「FDを故意に改ざんした」との報告を受けるなどし、前田容疑者が証拠隠滅罪を犯したことを知りながら、2月上旬頃、前田容疑者に電話で「データ改変は過失によるものだと説明しろ」と指示。さらに、同月10日頃、前田容疑者に対し、上司に提出する上申書案について、データ改変が過失によるものであるように書き換えさせることで、前田容疑者の摘発を免れさせた疑いが持たれている。

 両容疑者は容疑を否認している。最高検は当初、在宅起訴の選択肢も検討したが、大坪容疑者らが全面否認を貫く姿勢を示したため、逮捕に踏み切った。

 

« 暴力団追放運動の住民と警察庁長官が意見交換(1日) | トップページ | 検事総長に「退場」論幹部大量処分も 不当案件他にも?(2日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49622837

この記事へのトラックバック一覧です: 「改ざんは過失と説明しろ」…前特捜部長ら逮捕(2日):

« 暴力団追放運動の住民と警察庁長官が意見交換(1日) | トップページ | 検事総長に「退場」論幹部大量処分も 不当案件他にも?(2日) »