« 生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日) | トップページ | コンビニ店長が強盗自作自演、保険金詐欺容疑(18日) »

2010年10月18日 (月)

飲酒の消防副署長、証拠隠滅教唆容疑で書類送検へ(18日)

山口県萩市消防署の元副署長(53)=停職6カ月、主任級に降格=が6月、飲酒後に軽乗用車で自損事故を起こした事件で、県警萩署は元副署長を証拠隠滅教唆などの疑いで書類送検する方針を固めた。事故後、部下に車を移動させたことについて、副署長という立場を利用して証拠隠滅をそそのかした容疑を適用できると判断した。

 萩署によると、元副署長は6月25日、市内の飲食店でビールや焼酎を飲んだ後、消防署に止めていた軽乗用車を運転し、近くの縁石に乗り上げる事故を起こした。だが、すぐに警察に通報せず、部下の消防署員を呼び出し、車を事故現場から移動させるよう指示した疑いがある。

 消防署によると、駆けつけた消防署員が、ほかの消防署員を呼び、計8人で車を押して消防署に移動させた。元副署長は「消防署の近くだったので、部下に救助を求めた」と話し、消防署員は「飲酒には気づいたが、すぐに警察に出頭すると思い、他の消防署員を呼び移動させた」と話している。元副署長は翌日、萩署に行って事故を報告した。

 萩署は、最初に駆けつけた消防署員についても証拠隠滅容疑で書類送検する方針。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日) | トップページ | コンビニ店長が強盗自作自演、保険金詐欺容疑(18日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒の消防副署長、証拠隠滅教唆容疑で書類送検へ(18日):

« 生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日) | トップページ | コンビニ店長が強盗自作自演、保険金詐欺容疑(18日) »