« 取り調べ全過程録画、最高検に申し入れ 前特捜副部長側(5日) | トップページ | 「素人判断」とあなどれない 社会部長・近藤豊和(5日) »

2010年10月 5日 (火)

押尾学被告:10カ月ぶり保釈 無言のまま一礼(5日)

保護責任者遺棄致死罪など四つの罪に問われ、裁判員裁判の東京地裁判決が「致死」部分を認めず懲役2年6月とした元俳優、押尾学被告(32)について、東京高裁(岡田雄一裁判長)は4日、被告側の保釈請求を却下した地裁決定を取り消し、保釈を認めた。弁護側は保釈保証金1000万円を納付し、押尾被告は同日夜、東京拘置所を出た。

 昨年12月の逮捕から約10カ月ぶりの保釈。被告は1月に保護責任者遺棄致死などの罪で追起訴された後、地裁に9回にわたって保釈を請求。いずれも却下され、9月29日付の東京高裁への抗告で初めて認められた。検察側は高裁決定に対する特別抗告をしなかった。

 遺棄致死と合成麻薬MDMA譲渡の二つの罪について無罪を主張していた被告側は「事実認定に納得できない」と9月17日の判決当日に控訴。裁判官のみの2審東京高裁で争うことになる。検察側は控訴を見送っており、1審判決よりも重い刑にはならない。

 ◇「墓参りしたい」 

 険しい表情は、公判の時と変わらなかった。昨年12月の再逮捕から約10カ月ぶりに保釈された元俳優押尾学被告(32)は4日夜、東京・小菅の東京拘置所を出た。詰め掛けた100人を超える報道陣に深々と一礼したが、何も語らなかった。

 午後7時半すぎ、約10人の拘置所職員に付き添われて現れた被告は、肩までの長髪をなびかせ、黒いジャケットにワイシャツ姿。無数のフラッシュを浴びると、みけんにしわを寄せて表情をこわばらせた。「何かひと言」と問われたが、無言のまま、弁護人とタクシーの後部座席に乗り込んだ。

 保釈前に接見した弁護人によると、押尾被告は保釈決定を知り「本当に良かった」と笑顔を見せた。死亡した飲食店従業員、田中香織さん(当時30歳)については「お許しいただけるなら、きちんと(遺族に)説明したい。墓参りもしたい」と述べたという。保釈保証金は弁護団などが工面した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101005k0000m040090000c.html

 

« 取り調べ全過程録画、最高検に申し入れ 前特捜副部長側(5日) | トップページ | 「素人判断」とあなどれない 社会部長・近藤豊和(5日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49653336

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾学被告:10カ月ぶり保釈 無言のまま一礼(5日):

« 取り調べ全過程録画、最高検に申し入れ 前特捜副部長側(5日) | トップページ | 「素人判断」とあなどれない 社会部長・近藤豊和(5日) »