« 警視、4バス停損壊「なぜやったかわからない」(16日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年10月16日 (土)

京都府警巡査部長、聴取後に失跡 下着窃盗容疑を否認(16日)

京都府警下鴨署の男性巡査部長(39)が、京都市右京区のコインランドリーから下着を盗んだ疑いがあるとして任意聴取を受けた直後に行方不明になっていることが16日、府警への取材で分かった。

 府警によると、11日午前2時ごろ、右京区のマンションに住む女性から「1階のコインランドリーから下着がなくなった」と110番があった。

 同じマンションに住む巡査部長の部屋まで水滴の跡が続いているのを右京署員が確認し、任意聴取した。巡査部長が否認し「今日は当直勤務がある」と言ったため、聴取を打ち切って11日早朝に自宅に帰した。

 11日午後、滋賀県近江八幡市内で銀行から現金数万円を引き出したのを最後に、足取りが分からなくなっており、府警が行方を捜している。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101601000346.html

 

« 警視、4バス停損壊「なぜやったかわからない」(16日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都府警巡査部長、聴取後に失跡 下着窃盗容疑を否認(16日):

« 警視、4バス停損壊「なぜやったかわからない」(16日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »