« データ改ざん、最高検の捜査に疑問の声(20日) | トップページ | 東京1歳児虐待死:男が無罪主張 東京地裁で初公判(21日) »

2010年10月21日 (木)

証拠改ざん:佐賀元副部長、執務記録に「辞職覚悟」(21日)

郵便不正事件に絡む証拠改ざんを隠ぺいしたとして逮捕された大阪地検特捜部元副部長、佐賀元明容疑者(49)の執務記録に、自身と前特捜部長、大坪弘道容疑者(57)が「一度は辞職を覚悟した」という趣旨の記載があることが関係者への取材で分かった。最高検は、前部長らが事態の重大性を認識しながら改ざんを隠ぺいしたことを裏付ける物証として重視している模様で、2人を21日に犯人隠避罪で起訴する方針。

 佐賀元副部長は、証拠隠滅罪で起訴された元主任検事、前田恒彦被告(43)=懲戒免職=による証拠品改ざん疑惑が地検内で表面化した今年1月末~2月、一連の経緯を備忘録として執務記録に書き残していた。

 検察関係者や元副部長の関係者によると、記録には「D、SD 一度は辞職を覚悟」との記述があった。検察庁では部長を「D」(directorの略)、副部長を「SD」(sub directorの略)と呼ぶことがあり、Dは大坪前部長、SDは佐賀元副部長を指すとみられる。「マスコミがかぎつければ調査を要する事態」という記述もあったという。

 執務記録には、改ざん後の偽証明書の最終更新日時を示す「6月8日」という日付が書かれていたことが既に分かっている。

 大坪前部長と佐賀元副部長は、最高検の調べに「元検事の過失だと思っていた」と容疑を否認し、供述調書は一通も作成されていないという。

 

« データ改ざん、最高検の捜査に疑問の声(20日) | トップページ | 東京1歳児虐待死:男が無罪主張 東京地裁で初公判(21日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49801701

この記事へのトラックバック一覧です: 証拠改ざん:佐賀元副部長、執務記録に「辞職覚悟」(21日):

« データ改ざん、最高検の捜査に疑問の声(20日) | トップページ | 東京1歳児虐待死:男が無罪主張 東京地裁で初公判(21日) »