« 国際テロ情報のネット流出 国際的信用失墜も(31日) | トップページ | 「妹は門限0時」仲間に捜索依頼 神戸死傷事件の容疑者(31日) »

2010年10月31日 (日)

注意!偽美術品、ネットオークションで野放し(31日)

 鎌倉時代の運慶・快慶の流れをくむ「慶派」の継承者で、現代を代表する大仏師・松本明慶氏(65)(京都市)の作品と称した偽物とみられる仏像が9月、インターネットのオークションに出品、落札されていたことがわかった。

ネットオークションでは、ブランド品の場合、メーカーの要請で偽物を排除する規制が設けられているが、美術品は“野放し”状態といい、専門家は対策の必要性を指摘している。

 問題の仏像は「本物保証!名仏師【松本明慶】作 大日如来坐像 高さ19・5センチ」として9月19日に出品され、同日中に弟子が気付いて松本氏に連絡した。

 松本氏がサイトの写真を確認したところ、「削り方が粗い粗悪品」で、仏像の裏側には「仏師 明慶作」との筆書きがあったが、松本氏は「私は作品に『明慶』とだけ刻んでいる。明らかな偽物だった」と話す。

 松本氏はサイトを通じ出品者に抗議。しかし返信はなく、仏像は同23日に30万2000円で落札された。

 松本氏が彫った同サイズの作品なら200万円は下らないという。

 松本氏はサイトを運営するヤフー(東京)にも通報したが、「『出品者と落札者の間の問題だ』と応じてもらえなかった」と説明。

 一方、ヤフー側は読売新聞の取材に、「通報者が作者本人かどうかを確認し、偽物と分かれば削除している」としている。

 

« 国際テロ情報のネット流出 国際的信用失墜も(31日) | トップページ | 「妹は門限0時」仲間に捜索依頼 神戸死傷事件の容疑者(31日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49891858

この記事へのトラックバック一覧です: 注意!偽美術品、ネットオークションで野放し(31日):

« 国際テロ情報のネット流出 国際的信用失墜も(31日) | トップページ | 「妹は門限0時」仲間に捜索依頼 神戸死傷事件の容疑者(31日) »