« 広島地検、取り調べメモ廃棄 最高検通知違反の疑いも(18日) | トップページ | 報告書で「過失」強調か 前田元検事、逮捕直前に提出(18日) »

2010年10月18日 (月)

機嫌悪い?馬倒れ、女性観客骨折…日光武者行列(18日)

栃木県日光市山内の日光東照宮で17日に行われた秋の例大祭「

百物揃

(

ひゃくものぞろえ

)

千人武者行列」で、行列の中の馬1頭が観客席に倒れ込み、見物していた群馬県藤岡市、保険外交員女性(57)の足が馬の尻の下敷きになった。

 女性は左足の骨を折る重傷を負った。

 日光署の発表によると、行列は午前11時に始まり、馬は同25分頃、行列の前半にいた。約1キロの表参道を100メートルほど進んだところ、突然後ずさりし、バランスを崩して客席に倒れ込んだ。ほかの客は逃げたが、女性は座っていて逃げ遅れたとみられる。

 東照宮などによると、馬は13歳で、去勢した「セン馬」。地元の乗馬クラブで飼われているもので、行列への参加は今回が2回目だったという。

 当時、氏子1人が騎乗していたが、けがはなく、馬は尻にかすり傷を負った。行列に参加したのは15頭で、各馬の手綱は、県内の乗馬クラブの会員や大学乗馬部の部員らが、地上で引いて誘導していた。

 馬は行列開始時から落ち着かない様子だったといい、同署は大勢の見物客に驚いたとみている。騎乗した氏子は「何度も行列の馬に乗ったが、今日の馬は機嫌が悪かった。ただ、こんなことになるまでとは思わなかった」と話していた。

 女性に話を聞いた警察関係者によると、女性は「馬が倒れ込んでくるなんて、思いも寄らなかった」と話していたという。

 行列は徳川家康の神霊を駿府久能山(静岡市)から日光に改葬した時の様子を再現した伝統行事。毎年5、10月に行われている。この日は約800人が鎧武者や神職らにふんして練り歩き、約3万5000人が見物していた。事故後は別の馬を用意、行列は続行した。

 現場は一時騒然となり、見物人の男性(79)は、「突然、馬が後ろに下がって尻餅をついたので驚いた。女性の命に別条がなくて良かった」と話していた。

 

« 広島地検、取り調べメモ廃棄 最高検通知違反の疑いも(18日) | トップページ | 報告書で「過失」強調か 前田元検事、逮捕直前に提出(18日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機嫌悪い?馬倒れ、女性観客骨折…日光武者行列(18日):

« 広島地検、取り調べメモ廃棄 最高検通知違反の疑いも(18日) | トップページ | 報告書で「過失」強調か 前田元検事、逮捕直前に提出(18日) »