« 練馬のアパートで強盗強姦容疑の男逮捕 (12日) | トップページ | 高齢者狙う未公開株勧誘も急増 千葉県内の消費生活相談(12日) »

2010年10月12日 (火)

覚せい剤3億円超分密輸入か(12日)

覚せい剤およそ4キロ、密売価格で3億6000万円分をスーツケースに隠して、成田空港から密輸入しようとしたとして、スペイン人の女が覚せい剤取締法違反などの罪で起訴されました。
起訴されたのは、スペイン人のベルムーデス・トーレス・マルガリータ・ソイラ被告(39)です。起訴状などによりますと、ベルムーデス・トーレス被告は、アフリカのベニンからエジプトなどを経由して、先月21日に成田空港に到着した際、覚せい剤およそ4キロ、密売価格で3億6000万円分をスーツケースに隠して密輸入しようとしたとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われています。
税関や警察、それに検察は、起訴された内容を認めているかどうか明らかにしていません。
英語も日本語も話せずに1人で来日していることなどから不審に思った税関の職員が、スーツケースの底をはがすと、中から袋に包まれた覚せい剤が見つかったということです。
ベルムーデス・トーレス被告は税関などの調べに対して「ベニンでスーツケースを渡され、報酬をもらうために日本に運んだ」と供述しているということで、税関や警察は、覚せい剤が密輸されたいきさつについてさらに調べを進めています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004523361.html

 

« 練馬のアパートで強盗強姦容疑の男逮捕 (12日) | トップページ | 高齢者狙う未公開株勧誘も急増 千葉県内の消費生活相談(12日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49724276

この記事へのトラックバック一覧です: 覚せい剤3億円超分密輸入か(12日):

« 練馬のアパートで強盗強姦容疑の男逮捕 (12日) | トップページ | 高齢者狙う未公開株勧誘も急増 千葉県内の消費生活相談(12日) »