« 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月25日 »

2010年10月24日

2010年10月24日 (日)

パトカー:交番前歩道に駐車し反則切符 京都の警官(24日)

京都府警伏見署向島交番(京都市伏見区)勤務の20代の男性巡査が、交番前の歩道にパトカーを駐車したとして、道交法違反(放置駐車禁止)の疑いで反則切符を切られていたことが24日、分かった。

 同署によると、巡査は今月17日午前1時半ごろ、2件の事件現場間を移動する際、地図を確認するため交番に立ち寄り、歩道(幅6.2メートル)に約5分間駐車した。交番の駐車場は門扉を閉じて施錠していた。パトカーの横は3.6メートル空いて歩行者の通行は可能で、巡査は「少しの間ならいいかと思った」と話しているという。

 道交法で歩道は法定駐車禁止場所で、パトカーなども緊急性がないのに駐車すると違反になる。近くの住民男性が目撃して110番通報し、23日に男性が立ち会って別の署員が反則切符を切った。

 竹内敏明副署長は「署員の指導を徹底する」と話している。【太田裕之】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101025k0000m040080000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「格好良かった」と消防車盗み乗り回す(24日)

消防車を盗んだとして、茨城県警桜川署は24日、同県桜川市長方、土木建築作業員佐々木知広容疑者(46)を窃盗の疑いで逮捕した。

 佐々木容疑者は「消防車が格好良かったので、乗り回したかった」などと容疑を認めているという。

 発表によると、佐々木容疑者は、24日午前1時頃、桜川市長方の同市消防団第6分団の消防小屋内から消防車1台(1000万円相当)を盗んだ疑い。小屋のシャッターは施錠されておらず、カギは消防車に付いたままだった。

 消防車は、小屋から直線距離で約3・8キロ離れた、筑西市新治の路上に放置されているのを近所の住民が発見し、110番した。消防車にカギは付いたままで、ラジオがかかっていた。

 聞き込み捜査などで、小屋から約1キロ離れた場所に住む、佐々木容疑者が浮上、同日午前9時過ぎに自宅近くで、署員が職務質問した際は少し酔っていたという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官2人はねた容疑で少年逮捕 京都で取り締まり中(24日)

京都府警八幡署は24日、速度違反を取り締まっていた警察官2人を乗用車ではねて重傷を負わせるなどしたとして、公務執行妨害の疑いで京都市伏見区の建築業の少年(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は24日午前10時20分ごろ、京都府八幡市戸津堂田の検問中の国道1号で、府警交通機動隊の男性警部補(37)と男性巡査長(31)に乗用車を衝突させ左脚骨折などのけがをさせたとしている。

関連記事

記事本文の続き 八幡署によると、速度超過を指摘された乗用車が車道でいったん停止。警部補らが検問所へ誘導しようとしたところ、少年が2人をはねて逃走した。約20分後、八幡市内で走行中の乗用車を署員が発見した。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

学生寮のポストで不審火 滋賀・草津、連続放火か(24日)

24日午前11時40分ごろ、滋賀県草津市笠山3丁目にある学生マンション1階の郵便受けの一つから火が出ているのを男子学生(20)らが発見。バケツで水をかけ消火した。けが人はなかった。

 草津署によると、燃えたのは郵便受けにはさまっていた広告十数枚の一部。22日にも同じマンションの別の郵便受けで同様の不審火があり、同署は連続放火事件とみて調べている。

関連記事

記事本文の続き マンションには立命館大など3大学の男女学生約310人が住んでいる。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位レベル)

柔な子供をつくるなsign03

【治安解説】
212

ここで、クイズです。
 「3人姉妹の長女が自殺しました。次女はその葬式に来た男性を好きになってしまいました。再会するにはどうすればよいでしょうか」
 校長先生が職員室で暗殺されました。自分の血で書き残した「41124」の文字を手がかりにして、犯人を捜しましょう。
 「18人の子供を1日に3人ずつ殺すと、何日で全員を殺せるでしょう」
 回答は最後に
 これ、最近ニュースになった教育の現場で教材になった例です。
は 東京都杉並区の区立浜田山小学校で、3年生担任の女性教諭が授業中に、自殺や殺人に絡むクイズを出していたものです。
は愛知県東海市の県立東海商業高校の中間試験で、同高校を舞台に「校長を殺害した教諭」を実名の選択肢で答えさせる問題が出題されたものです。数字はそのヒントです。
は愛知県岡崎市の市立小学校で7月、3年生の担任の男性教諭が、算数の授業で出題したものです。
の場合は出題した教諭は「子供たちにせがまれて、大学時代に友人と楽しんだクイズを出してしまった。非常に軽率な事をして反省している」と話し、教育長は「不適切な指導で児童の心を傷つけた。心からおわびし、信頼回復に努める」としていると言います。
は、商業科目を体験的に学習する「総合実践」の試験に「頭の柔軟さを知るため」として出題されたもので、同校の総合実践の試験では、これまでもクイズ形式の出題をしたと言います。
は割り算の問題として、口頭で児童に問い掛けたというものでした。
 人に限らず生物の命は大事にしなければならないことを教えるのも教育でしょう。「殺人事件の事を教えてならない」と、先生の教育内容まで縛るのはいかがと思うが、大阪流に言うなら、最後に「おち」をつけるなど工夫した面が見られなかったのが残念だ。
 一部、「子供にショックが大きい」などと言っている親もいるようだが、そんな「柔い」教育をするから、社会に出てから苦労することになる。
 こんな教育を笑い飛ばすこどもになってほしい。
 回答①は妹を殺す。②42114を180度逆さにすると犯人は「カていカ」の先生となる。③は6日
 24日未明、東京・渋谷区のアパートの一室で、火のついた新聞紙が投げ込まれたとみられる不審火があった。周辺では同様の不審火が4件相次いでいるという。が、マスコミ各社のニュースの扱いを考慮して体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
  

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年4人を新たに逮捕 8月の神戸ホームレス襲撃事件 兵庫県警(24日)

神戸市の公園で8月、ホームレスの男性(83)に花火を打ち込んだとして男子高校生ら7人が逮捕された事件で、兵庫県警葺合署は24日までに、暴力行為法違反容疑で県立高校2年の男子生徒(17)ら少年2人を再逮捕、新たに16歳の少年2人を逮捕した。

 同署によると、男子生徒らは、8月16日午後10時45分ごろ、共謀の上、神戸市中央区脇浜海岸通の公園で眠っていた男性や、男性のブルーシートなどに花火を打ち込む暴行を加えたとしている。

 8月15日にも男性に向けて花火が打ち込まれる事件があり、同署は16日の事件との関連を捜査していた。

Msn_s1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101024/crm1010241702012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

消防団のポンプ車 盗難か(24日)

24日、茨城県筑西市の住宅街の路上に消防団のポンプ車が放置されているのが見つかり、警察は何者かが盗み出して乗り捨てたものとみて調べています。
24日午前2時ごろ、筑西市新治で住民から「消防車が路上に放置されている」と通報がありました。警察が調べたところ、消防車はおよそ3.8キロ離れた桜川市の消防団の小屋で管理されているポンプ車だとわかりました。
消防車は道路の丁字路の交差点に放置され、通報した住民は「車の音がしたので外を見たらとめてあった」と話しているということです。
警察の調べによりますと、盗まれたポンプ車はキーをつけたまま消防団の小屋にとめられ、今月9日に消防団員が立ち寄った際は異常はなかったということです。
警察は、何者かが消防団の小屋から盗み出して乗り捨てたものとみて調べています。
桜川市消防団第6分団の笹口芳男団長は「地域の皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ないと思います。今後は、鍵をかけて管理したい」と話しています。

News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004783911.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷区で不審火、燃えた新聞投げ込みか (24日)

24日未明、東京・渋谷区のアパートの一室で、火のついた新聞紙が投げ込まれたとみられる不審火がありました。周辺では同様の不審火が4件相次いでいます。

 警視庁によりますと24日午前4時ごろ、東京・渋谷区富ヶ谷にあるアパートの一室で、台所から煙が出ているのを部屋に住む女性が見つけました。女性がすぐに消火に当たり、けが人はいませんでしたが、焼け跡から焦げた新聞紙が丸まった状態で見つかりました。

 女性は、ボヤのおよそ2時間半前に、台所の小窓から中をのぞき込んでいる男を見たということで、警視庁は何者かが燃えた新聞紙を投げ込んだとみて調べています。

 現場近くでは10月に入り、住宅の玄関前などで焼け焦げた新聞紙が見つかるなど、合わせて4件の不審火が起きています。(24日13:33)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・松戸市で公園で遊んでいた小学生の姉妹を自宅に連れ込んだとして50歳男を逮捕(24日)

千葉・松戸市で23日、公園で遊んでいた小学生の姉妹を自宅に連れ込んだとして、50歳の男が逮捕された。
逮捕された松戸市の無職・高崎隆司容疑者(50)は、23日午前9時ごろ、市内の公園で遊んでいた小学4年生(10)と2年生(7)の姉妹に、「せっけんをあげるから家においで」などと声をかけ、自宅に連れ去った疑いが持たれている。
2人にけがはなかった。
高崎容疑者は調べに対し、容疑を否認しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00186666.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

手話で「殺すぞ」 障害者脅した容疑で逮捕(24日)

徳島北署は24日、耳の不自由な知人男性(53)を手話で脅しキャッシュカードを奪ったとして、恐喝や窃盗などの疑いで徳島県石井町のアルバイト従業員、明石鉄次容疑者(44)を逮捕した。

 逮捕容疑は2009年3月、男性を手話で「キャッシュカードを出さないと殺すぞ」と脅してカードを奪い、同年4~6月、計6回にわたり現金自動預払機ATM)から計約130万円を引き出した疑い。

関連記事

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

脱北者が違法マッサージ店、北朝鮮に送金 (24日)

北朝鮮から逃れた、いわゆる脱北者の女が東京都内で違法にマッサージ店を経営していたなどとして逮捕されていたことがわかりました。女は北朝鮮に売上金などをたびたび送金していて、警視庁は金の流れの解明を進めています。

 逮捕されたのは東京・上野のマッサージ店「上野らくらく」経営者で脱北者のタク・ジョンスク容疑者(49)ら9人です。タク容疑者の直接の容疑は今月4日に性風俗店の禁止区域内で従業員に性的マッサージをさせていた疑いですが、警視庁公安部はタク容疑者が頻繁に売上金の一部を北朝鮮に送金していたことを重視。タク容疑者を取り調べ、金の流れを調べています。

 タク容疑者は2002年に脱北して韓国に滞在後、去年に日本に入国し日本人男性と結婚しています。

 取り調べに対しタク容疑者は、「送金は北朝鮮に残る家族向けだった」などと供述しています。(23日11:39)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/20101023/newseye/tbs_newseye4557853.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車中学生へ「当たり屋詐欺」容疑の73歳(24日)

神奈川県警相模原署は23日、住所不定、無職三浦康男容疑者(73)を詐欺の疑いで逮捕した。

 発表では、三浦容疑者は9月7日午後、相模原市中央区の市道で、同市内に住む中学2年の男子生徒(13)の自転車にわざとぶつかって眼鏡を落とし、呼び出した母親(43)から修理代として5000円をだまし取った疑い。眼鏡は壊れていなかったという。三浦容疑者は「知らない」と容疑を否認している。

 市内では、同じ手口の被害が5月から3件確認されており、同署で余罪を追及している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンション内で刺殺の疑い 住人を逮捕 大阪・西成(24日)

23日午後11時45分ごろ、大阪市西成区天下茶屋北1丁目の10階建てマンションの最上階の廊下で、男性が血まみれで倒れていると119番通報があった。男性は病院に運ばれたが死亡が確認された。大阪府警は24日、同じマンションに住む自称無職河野広道容疑者(43)を殺人容疑で逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。

 西成署によると、死亡したのは、このマンションに住む46歳男性とみられる。河野容疑者は4階室内で包丁(刃渡り約15センチ)で男性の左足を刺し、さらに10階に移動した後、廊下で左胸を刺して殺害した疑いがある。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜のピザ店に再び強盗 男が現金65万円奪う(24日)

24日午前1時45分ごろ、横浜市青葉区青葉台の「ドミノピザ青葉台店」付近の路上で、帰宅中の男性店員(20)が、男に背後から刃物のようなものを突き付けられ、「店に案内しろ」と脅された。男は案内した店員を冷蔵庫に閉じ込め、金庫から現金約65万円を奪って逃走した。

 青葉署は強盗容疑で捜査している。同署によると、男は年齢20~30代で身長約175センチ。黒のフード付きトレーナーと黒っぽいスエットズボン姿。同店では9月にも男が押し入り、約50万円を奪う強盗致傷事件が起きており、同署は同一犯の可能性があるとみて調べている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ダフ屋容疑で愛知の男逮捕(24日)

千葉県警千葉南署は24日、県迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、愛知県瀬戸市下陣屋町、自称自営業の安田太士容疑者(41)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は24日午前7時10分ごろ、千葉市緑区のJR鎌取駅付近の路上で、警戒中の千葉南署員に緑区で開催中の男子プロゴルフツアー「ブリヂストン・オープン」の入場券1枚を3500円で売ろうとした疑い。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、入場券は非売品。安田容疑者は不要になった人からもらったと話しているという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

田原総一朗氏に取材テープ提出命令 拉致被害者巡る発言(24日)

 北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さんの両親が、ジャーナリストの田原総一朗氏からテレビ番組で「外務省も生きていないことは分かっている」と発言されて精神的苦痛を受けたとして起こした訴訟で、田原氏が発言の根拠とする外務省幹部への取材テープの提出を神戸地裁が命じる決定をしたことがわかった。田原氏側は「承服しがたい」として大阪高裁に即時抗告する方針。

 裁判所が取材源の秘匿にかかわる取材テープの提出を求めるのは極めて異例だ。

 訴状によると、田原氏は2009年4月、テレビ朝日の番組で有本さんと横田めぐみさんに関し「外務省も生きていないことは分かっている」と発言。有本さんの父の明弘さん(82)と母の嘉代子さん(84)は同年7月、1千万円の慰謝料の支払いを求めて提訴した。

 田原氏側は「発言は取材に裏付けられたものだ」とし、08年11月の取材のやり取りを録音したテープの一部を文章化した書面を証拠として提出したが、原告側はテープ自体の提出を申し立てていた。

 長井浩一裁判長は今月18日付の決定で、田原氏側がテープの内容を文書化して提出したことを踏まえ、「秘密保持の利益を放棄した」と判断。同氏側が取材源の秘匿を理由に提出を拒んだことに対しては、「幹部の特定につながる情報が録音されているとしても、田原氏が守秘義務を負う場合に当たるとはいえない」と退けた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小3授業で女性教諭、自殺や殺人をクイズに(24日)

東京都杉並区の区立浜田山小学校で、3年生担任の女性教諭(23)が授業中に、自殺や殺人に絡むクイズを出していたことがわかった。

 区教委によると、教諭は19日、2時限目の算数の授業の終わりごろに「3人姉妹の長女が自殺し、次女はその葬式に来た男性を好きになった。再会するにはどうすれば?」というクイズを出した。「妹(三女)を殺せば葬式で会える」が正解で、子供たちはショックを受けた様子だったという。

 教諭は厳重注意を受けた。「子供たちにせがまれて、大学時代に友人と楽しんだクイズを出してしまった。非常に軽率な事をして反省している」と話しており、保護者に謝罪したという。

 井出隆安教育長は「不適切な指導で児童の心を傷つけた。心からおわびし、信頼回復に努める」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

誰が校長を殺したか…これが中間試験?(24日)

愛知県東海市の県立東海商業高校の中間試験で、同高校を舞台に「校長を殺害した教諭」を実名の選択肢で答えさせる問題が出題されていたことが、23日わかった。

 問題に登場する国枝裕校長は「不適切な設問」として、問題を作成した20歳代の男性教諭に口頭で厳重注意した。

 同校によると、商業科目を体験的に学習する「総合実践」の試験に「頭の柔軟さを知るため」として出題された。問題は、校長が職員室で暗殺され、自分の血で書き残した「41124」の文字を手がかりに、実在の教諭7人の中から犯人を選択するというもの。3年生の2クラス77人が解答した。

 「41124」は横書きにして180度回転させて見ると「カていカ」と読めることから、家庭科の担当教諭が犯人とされた。同校の総合実践の試験では、これまでもクイズ形式の出題をしているという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店で財布盗んだ疑い 中学校の校長逮捕(24日)

鹿児島県警出水(いずみ)署は23日、パチンコ店で財布を盗んだとして、窃盗の疑いで、出水市立高尾野中学校校長、三谷恭美容疑者(55)=同市高尾野町柴引=を逮捕した。

 逮捕容疑は8月22日、市内のパチンコ店で、男性客(57)が置き忘れた現金24万円入りの財布を盗んだ疑い。

関連記事

記事本文の続き 出水署によると、男性客はパチンコ台の前に財布を置いたまま次の台に移動。三谷容疑者は財布を店外に持ち出し、現金だけを抜き取って財布を店の敷地内に捨てたという。防犯カメラの映像などから、三谷容疑者が浮上した。

 鹿児島県の杉元羊一教職員課長は「学校に対する信頼を裏切ったことは痛恨の極みで、おわびの言葉もない」と話した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイン筆跡など緻密証拠積み重ね… 結婚詐欺・連続不審死(24日)

【結婚詐欺・連続不審死】

 埼玉県などの連続不審死事件で、殺人罪などで起訴された木嶋佳苗被告(35)が、東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん=当時(53)=の死亡直前、インターネットを利用してこんろ6個や練炭を寺田さん名義で購入していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。結婚願望の強い男性に近づき、現金を奪ったとされる木嶋被告。遺体は司法解剖が行われないなど解明に高いハードルがあるが、警視庁は状況証拠を積み重ね犯行の立証を進めている。

関連記事

記事本文の続き ■婚活 木嶋被告の周辺では、少なくとも男性4人が不審な死を遂げている。これ以外に、複数の男性から現金をだまし取ったとされるが、木嶋被告と男性を結びつけていたのはインターネットの婚活サイトだった。男性らに「専門学校生で金が必要」などと次々にメールを送り、卒業後に結婚する気があるように装って現金を詐取。1人で約7千万円を渡していた男性もおり、総額は約1億円に上るとされる。

 不審死を遂げた男性は、いずれも現金の返還を迫ったとみられ、昨年8月に埼玉県富士見市の駐車場に止めたレンタカーで練炭自殺を装って東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=同(41)=が殺害された事件では、大出さんが直前に約470万円の返金を求めていた。大出さんの遺体からは睡眠導入剤が検出されていた。

 寺田さんもインターネットを通じて木嶋被告と知り合い、約1700万円を木嶋被告の口座に振り込んでいた。

 ■偽装  4人の不審死のうち2人は自殺などとみなされ、死因を詳しく調べる司法解剖が行われていなかった。寺田さんもその1人だ。 寺田さんは昨年2月4日、自宅マンションの布団の上であお向けに倒れ死亡しているのが見つかった。室内には練炭を入れたこんろが6つ置かれていた。

 警視庁青梅署は、自室が施錠されていたことや交際相手の木嶋被告が「別れ話のショックで自殺したかもしれない」と証言したことから自殺と判断していた。警視庁の捜査幹部は「大出さんのように、睡眠導入剤を服用していたとしても分からない。もう少し周辺捜査を尽くしていればその後の被害を防げた可能性があった」と話す。

 ■ハードル  大出さんの事件をめぐって埼玉県警は、木嶋被告が▽車内にあった七輪や練炭と同じ商品を購入▽大出さんから検出されたものと同じ睡眠導入剤を処方されていた-ことなど状況証拠を積み重ね殺人容疑での立件にこぎつけた。

 木嶋被告は埼玉県警などの調べに対しほぼ黙秘。警視庁も「木嶋被告から具体的な供述を得るのは困難」(捜査幹部)とみており、埼玉県警と同様に状況証拠の積み重ねが立件のポイントだ。

 警視庁のこれまでの捜査で、練炭が寺田さん宅に届いた際、宅配便の受け取りの書類にあった寺田さんのサインが木嶋被告の筆跡と酷似したことが判明。木嶋被告が練炭を購入した疑いが強まった。

 事件前後に木嶋被告の車が寺田さん宅周辺で目撃されていることも把握。木嶋被告以外の人物の関与をつぶす作業も重ね、木嶋被告以外に犯行を実行できる者はいないことを裏付けていった。

 中央大の藤本哲也教授(犯罪学)は「同様の立証方法は和歌山の毒物カレー事件の公判でも用いられた」とし、「ハードルは高いが、緻密(ちみつ)な立証を行えば有罪が認定される」と話している。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小包発火:中に「電球のようなもの」 部屋にいた女性証言(24日)

川崎市多摩区の私立大4年、宇野晴紀さん(21)方のアパートで23日あった火災で、部屋にいた大学4年の女性(22)が「発火した小包に電球のようなものが入っていた」と話していることが、神奈川県警多摩署への取材で分かった。同署は事件の可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、小包は縦約20センチ、横約15センチ、厚さ約2センチほどの大きさで、宇野さんの郵便受けに入っていた。女性は「訪ねた際に就職関係の小包と思い、部屋に持っていった」と話しているという。【宗岡敬介】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101024k0000m040087000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月25日 »