« 2010年10月17日 | トップページ | 2010年10月19日 »

2010年10月18日

2010年10月18日 (月)

65歳以上の万引増加 不況や高齢化が影響か 千葉県警まとめ(18日)

 千葉県内で65歳以上の高齢者による万引が増えている。昨年、県警が摘発した高齢者は1463人で、2000年の389人から大幅に伸びている。以前は「少年の犯罪」とされていた万引だが、不況や高齢化の進展の影響で高齢者の摘発が増加しているとみられる。一度、万引をすると常習的になり、より深刻な犯罪に手を染める可能性もあることから、県警は対策を進めている。

 県警生活安全総務課によると、県警が2000年に万引容疑で摘発したのは3473人で、65歳以上の高齢者は全体の11%だった。摘発は増加傾向にあり04年に5千人を超え、昨年は5740人だった。高齢者の割合も増え続け、昨年は1463人で25%を占めた。逆に、少年の割合は04年の48%(2737人)をピークに、昨年は30%(1761人)に減少している。

 高齢者の摘発が増えている要因の一つには、1人暮らしの高齢者が増えていることがあるという。経済的な面などで家族からの援助がなくなり、孤立した生活環境が万引につながることもあり、安価な生活必需品を盗む高齢者もいる。

47newslogo1 http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1287365889

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横峯議員:東京地検が決定期限延長通知 「起訴相当」恐喝(18日)

東京都渋谷区の飲食店で昨年6月に起きた恐喝事件で、東京第4検察審査会が不起訴処分となった会社役員の男性を「起訴相当」と議決(今年7月21日公表)したことに対し、東京地検は18日、刑事処分の決定期限を来年1月20日まで3カ月間延長することを決め、審査会に通知した。審査会は民主党の横峯良郎参院議員が「深く関与した」と指摘しており、横峯議員の刑事責任の有無も慎重に見極めるとみられる。

 検察審査会法によると、審査会が「起訴相当」と議決した場合、検察庁は3カ月以内に刑事処分を決めなければならないが、期間を最大3カ月間延長することもできる。

 事件では店の経営者から約31万円を脅し取ったとして会社役員やプロレスラーら6人が逮捕されたが、被害金を弁済したことなどから全員が不起訴処分(起訴猶予)となった。

 第4審査会は今年7月21日、「私利私欲のために犯行に及んだ」として会社役員を「起訴相当」とする議決を公表。横峯議員については「会社役員から相談を受けて事件を企画した」などと指摘していた。横峯議員は地検の事情聴取に対し、自らの関与を全面的に否定している。【三木幸治】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101019k0000m040098000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

毒キノコ販売、4人が食中毒 千葉(18日)

千葉県は18日、同県勝浦市串浜の農産物直売所「味彩館」が毒キノコのクサウラベニタケを誤って販売し、同市などの夫婦2組が食中毒を起こしたと発表した。4人は入院したが快方に向かっている。

 同直売所では16日から17日にかけ、ほかにも計15袋を販売。クサウラベニタケが混入している恐れがあるとして、回収を急いでいる。クサウラベニタケは、食べると腹痛やおう吐などの症状が出て、重症の場合は死亡することもある。

 同県衛生指導課によると、夫婦の1組は17日、同直売所で「食用シイタケ」と表記されたキノコの袋詰めを購入、食べた後に食中毒症状を発症した。もう1組の夫婦は同直売所の職員で同日、売り物にならないキノコを持ち帰って食べ、病院に搬送された。

 同課によると、16日から17日にかけて販売された「食用シイタケ」は計16袋。キノコの専門家が直売所に残っていた在庫3袋を調べたところ、うち1袋からクサウラベニタケが見つかった。

 商品に対する問い合わせは、(電)0470・73・6222(味彩館)へ。

Head_logo1_8 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢元代表の申し立て却下 検審「起訴議決」執行停止など(18日)

 民主党小沢一郎元代表(68)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が「起訴議決」の執行停止や検察官役の指定弁護士選任の仮差し止めを申し立てたことについて、東京地裁(川神裕裁判長)は18日、いずれも却下する決定をした。

関連記事

記事本文の続き 小沢氏側は決定を不服とし、東京高裁に即時抗告する意向。

 小沢氏側は、東京第5検察審査会の起訴議決に対し「告発容疑にない内容を2回の審査を経ずに出した議決は、検察審査会の権限を逸脱してなされた違法なものであって無効」と主張。15日に起訴手続きの差し止めなどを求めて行政訴訟を起こし、同時に議決の執行停止と指定弁護士選任の仮差し止めを申し立てていた。

 国側は申し立てを受け、15日夜に「議決は行政処分に当たらず、刑事司法の場で争うべきだ」などとして却下を求める意見書を提出。小沢氏の弁護団も意見書に対する反論書を提出し、東京地裁が双方の言い分を検討していた。

 東京地裁は9月の第5検審の「起訴議決」を受け、22日までに小沢氏を起訴して公判を担う指定弁護士3人を推薦するよう第二東京弁護士会に依頼し、現在、同弁護士会が選定作業を進めている。

Head_logo1_7 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18,19日単位レベル)

突き上げ捜査に期待

【治安解説】
212

振り込め詐欺の犯人を捕まえてみれば未成年だったー警視庁は振り込め詐欺未遂で19歳の少年2人と船橋市の18歳の少女を現行犯逮捕した。3人は、長男を騙って東京都稲城市の女性(62)に電話し現金をだまし取ろうとしたもの。

口述は「電車にかばんを忘れた。取引先に支払う金を貸してほしい。下請け会社の人を行かせるから現金300万円を渡してくれ」と電話。のこのこと受け取りに来たところを逮捕された。今回は、被害者が、電話の内容を不審に思い長男に確認したため被害に遭わなかった。

 ところが、この3人、「闇サイトに応募して仕事を紹介してもらった」「知らない男に頼まれた」などとする一方、「振り込め詐欺とは知らなかった」と供述しているという。幼稚で単純な言い訳だが、捜査当局には、その様な闇サイトがあるなら突き上げ捜査に期待したい。

 振り込め詐欺の1~9月の全国統計は出ていないが、警視庁管内では1246件で被害は18億円もあり、他の県でも増加傾向にあるとしており、年末に向けて「駆け込み」を狙う詐欺に警戒が必要だ。
 日本列島振り込め詐欺
 http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html 17日夜、東京都目黒区の雑貨店に男が押し入り、女性店長(26)に包丁を見せ、「金を出せ」と脅し、金庫の中から約100万円を奪って逃げる強盗事件が発生した。

 男は30歳くらいで身長約1メートル65。やせ形で、野球帽をかぶっていた。都内では今年6月以降、世田谷区や三鷹市などで閉店前後の雑貨店などに野球帽をかぶった男が刃物を持って押し入る強盗事件が相次いでいる。首都東京の体感治安は一応「レベル2(ブルー)」とする。
 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳女児の死体遺棄容疑で父親を逮捕 (18日)

先月、茨城県・水戸市のアパートで1歳の女の子の遺体がタオルケットなどに包まれた状態で見つかった事件で、警察は父親を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、水戸市の無職・斎藤剛志容疑者(31)です。調べによりますと、斎藤容疑者は、三女・杏奈ちゃん(1)の遺体を自宅アパートで、タオルケットに包むなどして隠していた疑いが持たれています。

 その後の警察の調べで、杏奈ちゃんは死後1か月ほどが経ち病死では無いことがわかっていますが、斎藤容疑者は遺体発見日の未明に体調を崩して自ら119番通報し、そのまま入院していました。

 取り調べに対し斎藤容疑者は、「隠した事は間違いありません」と容疑を認めていて、警察で杏奈ちゃんが死亡した経緯や遺体を隠した動機などを調べています

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4553568.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

雑貨店に野球帽かぶった強盗、都内で相次ぐ(18日)

17日午後8時40分頃、東京都目黒区自由が丘2の雑貨店「CouCou自由が丘店」に男が押し入り、女性店長(26)に包丁を見せ、「金を出せ」と脅した。

 男は店長に金庫を開けさせ、中から売上金約100万円を奪って逃げた。店長にけがはなかった。警視庁碑文谷署が強盗事件として調べている。

 同署幹部によると、同店は当時、閉店したばかりで、男は裏口から侵入したという。男は30歳くらいで身長約1メートル65。やせ形で、野球帽をかぶっていたという。

 都内では今年6月以降、世田谷区や三鷹市などで閉店前後の雑貨店などに野球帽をかぶった男が刃物を持って押し入る強盗事件が相次いでおり、同庁は同一犯とみて調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道にロープ張りバイク転倒させる 共犯の17歳少年逮捕(18日)

愛知県警豊川署は18日、県道にロープを張り、ミニバイクの男性を転倒させ軽傷を負わせたとして、傷害と往来妨害の疑いで同県豊川市に住む建設作業員の少年(17)を逮捕した。

 同署は12日、同じ容疑で土木作業員の少年(18)を逮捕。今回逮捕された少年は「2人でやった」と容疑を認めているという。動機などを調べている。

関連記事

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

池袋ホテル女子大生殺害 29歳男を殺人と窃盗で起訴(18日)

東京都豊島区のラブホテルで私立大4年の吉原麻実さん(22)=板橋区小豆沢=が殺害された事件で、東京地検は18日、殺人と窃盗の罪で豊島区東池袋、無職、紺野正美容疑者(29)を起訴した。

 起訴状によると、紺野被告は9月26日午前3時ごろ、豊島区のラブホテルで吉原さんの首を両手で絞めて殺害し、同日午前4時ごろ、紺野さんの現金約6万円を盗んだとしている。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車担保に高金利で貸し付け 貸金業社長らに逮捕状(18日)

 自動車を担保に違法に現金を貸しつけていたとして、さいたま市の貸金業者の社長らが18日午前に任意同行されました。

 さいたま市南区にある貸金業者の社長ら2人は、融資を申し込んできた人に対し、車を担保に法定金利を上回る金利で現金を貸つけた疑いが持たれています。警察はすでに逮捕状を取っていて、社長らは現在、事情を聴かれています。警察は、容疑が固まり次第、逮捕する方針です。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201018014.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー銭湯で54日間…無銭宿泊の男逮捕(18日)

 24時間営業のスーパー銭湯で54日間、無銭宿泊したとして、兵庫県警尼崎東署は18日、住所不定、無職横内長次容疑者(57)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、横内容疑者は、8月25日から10月17日まで、同県尼崎市のスーパー銭湯「あま湯」に滞在し続けながら、宿泊費など計約15万8000円を支払わなかった疑い。

 同銭湯は退店時に料金を精算するシステム。年中無休だが、17日夜、半年に一度の点検のために店側が客らに退店を促す店内放送をしたところ、横内容疑者が店内からフロントに姿を現したという。

 調べに対し、横内容疑者は「毎日、施設の自動販売機のカップラーメンを食べていた。お金がなく、寝泊まりするところがなかった」と話しているという。逮捕時の所持金は約4000円だった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ店長が強盗自作自演、保険金詐欺容疑(18日)

宇都宮市のコンビニエンスストアの強盗被害を装い、損害保険金を保険会社からだまし取ったとして、栃木県警は18日、栃木県壬生町表町、元コンビニ店店長三河哲史被告(36)(偽計業務妨害罪で起訴)を詐欺の疑いで再逮捕した。

 発表によると、三河被告は5月、経営していた同市針ヶ谷のコンビニ店「ローソン宇都宮針ヶ谷1丁目店」駐車場で売上金443万円を奪われる強盗被害にあったと偽り、保険会社に損害保険金を請求して443万円をだまし取った疑い。

 三河被告は虚偽の通報を行った偽計業務妨害容疑で9月に逮捕された。三河被告は「間違いありません」と詐欺容疑も認めている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒の消防副署長、証拠隠滅教唆容疑で書類送検へ(18日)

山口県萩市消防署の元副署長(53)=停職6カ月、主任級に降格=が6月、飲酒後に軽乗用車で自損事故を起こした事件で、県警萩署は元副署長を証拠隠滅教唆などの疑いで書類送検する方針を固めた。事故後、部下に車を移動させたことについて、副署長という立場を利用して証拠隠滅をそそのかした容疑を適用できると判断した。

 萩署によると、元副署長は6月25日、市内の飲食店でビールや焼酎を飲んだ後、消防署に止めていた軽乗用車を運転し、近くの縁石に乗り上げる事故を起こした。だが、すぐに警察に通報せず、部下の消防署員を呼び出し、車を事故現場から移動させるよう指示した疑いがある。

 消防署によると、駆けつけた消防署員が、ほかの消防署員を呼び、計8人で車を押して消防署に移動させた。元副署長は「消防署の近くだったので、部下に救助を求めた」と話し、消防署員は「飲酒には気づいたが、すぐに警察に出頭すると思い、他の消防署員を呼び移動させた」と話している。元副署長は翌日、萩署に行って事故を報告した。

 萩署は、最初に駆けつけた消防署員についても証拠隠滅容疑で書類送検する方針。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生活保護受給権訴訟:外国籍に認めず 大分地裁判決(18日)

外国籍であることなどを理由に大分市が生活保護申請を却下したのは違法として、同市の中国籍の女性(78)が処分取り消しや保護開始決定を求めた訴訟の判決が18日、大分地裁であった。一志泰滋裁判長は「生活保護法は日本国籍者に限定した趣旨。外国人への生活保護は贈与にあたり、受給権はない」として女性の請求をいずれも退けた。永住外国人の生活保護受給を巡る判決は初めてという。女性側は控訴する方針。

 判決によると、女性は日本生まれで永住資格を持つ中国人。08年12月、大分市福祉事務所に生活保護申請をしたが「女性名義の預金が相当額ある」として却下された。

 外国人の受給権の有無と、経済状態などからこの女性が要保護者に当たるかが争点だった。

 一志裁判長は受給権について「永住外国人を保護対象に含めないことが憲法に反するとは言えない」と述べ、女性の経済状態についての判断まで示さず、事実上の門前払いとした。【深津誠】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101018k0000e040044000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(18日)

「闇サイトで仕事紹介された」 少年3人 振り込め詐欺未遂で逮捕

Head_logo1_3

 長男をかたって東京都稲城市の女性(62)に電話し現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁多摩中央署は詐欺未遂の現行犯で、江東区の19歳の少年2人と千葉県船橋市の少年(18)を逮捕した。同署によると、3人は「闇サイトに応募して仕事を紹介してもらった」「知らない男に頼まれた」などとする一方、「振り込め詐欺とは知らなかった」などと供述しているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は15日、自営業の女性方に長男を名乗って電話し「電車にかばんを忘れた。取引先に支払う金を貸してほしい。下請け会社の人を行かせるから現金300万円を渡してくれ」などとして、現金をだまし取ろうとしたとしている。同署によると、電話の内容を不審に思った女性が長男に確認し通報。3人が女性方に金を受け取りに来たところを捜査員が取り押さえた。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

電話で警察官かたる詐欺、背後に中国組織か

Head_logo1_6

警察官や銀行関係者などをかたり高齢者からキャッシュカードをだまし取る手口の詐欺事件で、滋賀県警が逮捕した実動部隊の「リーダー」の供述などから、複数の実動部隊を操る大規模な詐欺シンジゲートの姿が浮かび上がってきた。電話をかける「かけ子」の拠点など、組織の最上層部は中国にある可能性も浮上。組織は、人員補充のための「スカウト役」まで用意して、メンバーが逮捕されても新たに勧誘しては犯行を繰り返しており、県警は警戒を強めている。

関連記事

記事本文の続き 県警が8月に逮捕した実動部隊の「リーダー」とみられる男は住所不定、無職、小貫康史容疑者(39)。今年6月、愛知県内の女性(70)のキャッシュカードを使い、現金を引き出したとされる。

 県警によると、組織は、警察官などを装って電話をかける「かけ子」、被害者方を訪問してカードをだまし取る「受け子」のほか、詐取したカードを使い現金を引き出す「出し子」、引き出した現金を回収する「回収役」など、明確に役割を分担している。

 小貫容疑者は、これらの構成員を束ねていたとみられ、メンバーとともに、ホテルを転々としながら、全国各地を渡り歩いていた。「受け子、出し子、現金回収役を3組9人管理し、メンバーが逮捕された場合などに備え、スカウト役も従えていた」と供述。「受け取った現金は、別の現金回収役の男に手渡してトップに上納していた」とも話している。

 捜査では、小貫容疑者が昨年7月、中国に渡航し、約1カ月滞在していたことも判明。警視庁が8月に同様の事件で逮捕した「かけ子」グループは、中国・福建省アモイ市のマンションを拠点に電話をかけていたとされており、県警も、中国での小貫容疑者の動きや、詐取した現金の流れに注目している。

 一方、組織の「スカウト役」は、少年院を出た若者や暴力団関係者らに狙いをつけ「カードで現金を引き出すだけで、小遣いが稼げる」などと勧誘。

 6月に県警が窃盗容疑で逮捕した「出し子」の少年(18)は、ホストとして勤めていた東京都新宿区の歌舞伎町で若い男に勧誘されてメンバーに加わり、わずか半月で14件約2800万円を引き出していた。少年は「リーダーから引き出した額の6~8%を報酬としてもらっていた」と供述している。

 同様の詐欺事件で、全国の警察に逮捕された容疑者は数十人に上るが、組織は、次々とメンバーを補充しては、犯行を繰り返しているとみられる。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

近所の女性殺害の罪で知り合いの67歳男を起訴(18日)

 千葉市内のアパートで先月、63歳の女性が殺害された事件で、千葉地検は、殺人などの罪で近所に住む67歳の男を起訴しました。

 起訴された瀬山一好被告は先月22日午後4時半ごろ、近くに住む菊池正子さんのアパートで、部屋にあったテレビのアンテナコードで菊池さんの首を絞めて殺害するなどしたとされています。瀬山被告は菊池さんと以前からの知り合いで、逮捕直前にANNの取材に対し、「この辺りは物盗りが多い」などと事件との関係を否定していました。しかし、逮捕後は、警察の取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認める供述をしていました。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/201017025.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不法就労:ITビザでスーパーで働かす 社長ら逮捕へ(18日)

福岡県飯塚市の情報技術(IT)関連会社社長らが昨年12月、IT技術者名目で20代のカンボジア人男性3人を来日させ、同県久留米市内のスーパーで働かせていた疑いが強まり、県警などは出入国管理法違反(不法就労助長)容疑でIT関連会社社長ら関係者数人の逮捕状を取った。18日にも逮捕する方針。通常より2年長い長期滞在(5年間)が認められるIT技術者ビザを使った外国人労働者あっせん行為が表面化するのは極めてまれ。

 関係者によると、飯塚市のIT関連会社の社長(39)や同市のスーパー社長(31)らは昨年夏ごろ、カンボジア人3人(24~27歳)に「日本のスーパーで仕事がある」と勧誘。来日前のビザ申請手続きの際、日本での職業を「IT技術者」とし、勤務先を飯塚市内のIT関連会社とするよう3人に指示した。

 3人は昨年11月20日付でIT技術者として「特定活動(特定情報処理活動)」のビザを取得。同年12月に来日した。久留米市内のスーパーの倉庫で野菜袋詰めの作業などに従事したという。【伊藤奈々恵、河津啓介】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101018k0000m040104000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

放火:中学校保健室に火炎瓶? 岐阜・神戸(18日)

17日午前9時50分ごろ、岐阜県神戸町の同町立神戸中学校の本校舎1階保健室の窓ガラス(縦1メートル、横1.9メートル)が割られ、室内に干してあったゼッケン10枚が焼失しているのを同校の小川幹雄教頭(51)が発見した。けが人はなかった。室内にはガラス瓶の破片があり、県警大垣署は外から火炎瓶が投げ込まれた可能性が高いとみて非現住建造物等放火容疑で調べている。

 同署によると、窓ガラスの穴は縦約25センチ、横約30センチ。保健室には透明のガラス瓶の口の部分(長さ約5センチ)や破片が落ちていた。ゼッケンは室内に張られたヒモに通して干してあった。小川教頭が発見した時には、シンナーのようなにおいがしたという。

 同校によると、保健室は本校舎と南校舎の間の通路に面している。15日午後7時ごろに別の教師が巡回した時には異常はなかったという。【石山絵歩】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101018k0000m040090000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

報告書で「過失」強調か 前田元検事、逮捕直前に提出(18日)

大阪地検特捜部の元主任検事・前田恒彦被告(43)=証拠隠滅罪で起訴=が、今年9月の逮捕間際に地検の内部調査を受けた際、2月に作成した上申書を上書きする形で報告書をつくり、弁解として提出していたことが、最高検の調べで分かった。書き換えに気づいた時の心境など、「故意の改ざんではなく過失」とする根拠を補強していたという。

 2月の上申書について、前田元検事は最高検に対し、前部長・大坪弘道容疑者(57)と元副部長・佐賀元明容疑者(49)=犯人隠避容疑で逮捕=の指示で「発覚時の口裏合わせのための資料」として作らされ、さらに「過失」を強調する内容に修正させられたと供述しているとされる。

 郵便不正事件で押収したフロッピーディスク内の文書の更新日時が昨年7月に改ざんされた疑惑を朝日新聞が大阪地検首脳に指摘したことを受け、前田元検事は9月20日に地検の内部調査を受けた。経緯をまとめた文書の提出を求められたため、上申書の内容に上書きした報告書を作り、翌21日に提出。同日夜、最高検に逮捕された。

 報告書の中で前田元検事は、厚生労働省元局長・村木厚子氏=無罪確定=の起訴後に証拠品に触れた理由について、「時間的に余裕ができたため、データ作成者の同省元係長による改ざんの有無を調べた」と説明。「使ったのは更新日時を変更する専用ソフトではない。入手したのは2004年で、今回の作業のためではない」としたうえで、「コピーではなく原本データを誤って操作し、いつもの癖で上書きしてしまった」と記述していた。

 さらに、原本書き換えの可能性に気付いたときの様子を「血の気が引いた」とし、今年1~2月に前部長らに報告した際の心情として「この機を逃すわけにはいかないと思った。辞職を考えた」ともつづっていたという。

 この報告書を作成した際、前田元検事は2月の上申書をパソコン内で削除した。最高検はこの上申書の復元に成功したものの、上申書の作成過程までは、復元できていないとみられる。

 前田元検事はこの上申書の存在を9月まで伏せていた理由については、「仮に過失でも、データ書き換えは村木氏の裁判に決定的な影響を与える。上申書を上が知れば、追及は免れないと思った」と最高検に説明しているという。

 大坪前部長と佐賀元副部長は逮捕容疑を否認し続けている。大坪前部長は上申書の書き換えについて、「自分はコンピューターに弱いため、上申書のどの部分が過失なのか、よく分かるように書かせた」と話しているという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

機嫌悪い?馬倒れ、女性観客骨折…日光武者行列(18日)

栃木県日光市山内の日光東照宮で17日に行われた秋の例大祭「

百物揃

(

ひゃくものぞろえ

)

千人武者行列」で、行列の中の馬1頭が観客席に倒れ込み、見物していた群馬県藤岡市、保険外交員女性(57)の足が馬の尻の下敷きになった。

 女性は左足の骨を折る重傷を負った。

 日光署の発表によると、行列は午前11時に始まり、馬は同25分頃、行列の前半にいた。約1キロの表参道を100メートルほど進んだところ、突然後ずさりし、バランスを崩して客席に倒れ込んだ。ほかの客は逃げたが、女性は座っていて逃げ遅れたとみられる。

 東照宮などによると、馬は13歳で、去勢した「セン馬」。地元の乗馬クラブで飼われているもので、行列への参加は今回が2回目だったという。

 当時、氏子1人が騎乗していたが、けがはなく、馬は尻にかすり傷を負った。行列に参加したのは15頭で、各馬の手綱は、県内の乗馬クラブの会員や大学乗馬部の部員らが、地上で引いて誘導していた。

 馬は行列開始時から落ち着かない様子だったといい、同署は大勢の見物客に驚いたとみている。騎乗した氏子は「何度も行列の馬に乗ったが、今日の馬は機嫌が悪かった。ただ、こんなことになるまでとは思わなかった」と話していた。

 女性に話を聞いた警察関係者によると、女性は「馬が倒れ込んでくるなんて、思いも寄らなかった」と話していたという。

 行列は徳川家康の神霊を駿府久能山(静岡市)から日光に改葬した時の様子を再現した伝統行事。毎年5、10月に行われている。この日は約800人が鎧武者や神職らにふんして練り歩き、約3万5000人が見物していた。事故後は別の馬を用意、行列は続行した。

 現場は一時騒然となり、見物人の男性(79)は、「突然、馬が後ろに下がって尻餅をついたので驚いた。女性の命に別条がなくて良かった」と話していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島地検、取り調べメモ廃棄 最高検通知違反の疑いも(18日)

広島少年院(広島県東広島市)で収容者の首を絞めたなどとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われ、広島地裁の公判で無罪を主張している元首席専門官、向井義被告(49)の弁護側が、取り調べメモの開示を求めたところ、広島地検が「廃棄済みで存在しない」と回答していたことが17日、関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き また、「取り調べで脅迫などがあった」と弁護側から抗議があったにもかかわらず、取調官の副検事に調査せず否定していたことも判明。被告の供述調書は証拠採用されたが、弁護側は同日、「一連の行為は、証拠隠滅や虚偽公文書作成の疑いがある」として最高検に調査を申し入れた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

雑貨店に刃物持った男 売上金100万円奪って逃げる(18日)

17日午後8時40分ごろ、東京都目黒区自由が丘の雑貨店「CouCou(クゥクゥ)」に男が押し入り、女性店員2人に刃物のような物を見せて「金を出せ」と脅し、週末の売上金約100万円を奪って逃走した。店員にけがはなかった。警視庁碑文谷署は強盗事件として捜査している。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、男は閉店後の店舗に裏口から侵入。30歳くらいで身長約165センチのやせ形。野球帽にサングラスをかけ、マスク姿だった。事務所で店員に指示し、持ってきた袋に金庫の現金を詰めさせたという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月17日 | トップページ | 2010年10月19日 »