« 2010年10月15日 | トップページ | 2010年10月17日 »

2010年10月16日

2010年10月16日 (土)

加古川女児刺殺事件直後 「防犯ネット」登録急増 (16日)

加古川市立別府小2年の鵜瀬柚希さんが刺殺された事件直後、兵庫県警が犯罪情報をメール配信する「ひょうご防犯ネット」への登録が急増し、その後も増え続けている。現在の登録者は約14万2千人で、配信開始から約7倍に。街中で突然襲われる事件や子どもを狙った犯罪は絶えず、防犯情報への関心は高まる一方だ。

 同ネットは2005年10月にスタート。不審者の子どもへの声かけや痴漢、ひったくりなどの情報を速報し、利用者は配信を受けたい地域を警察署管内ごとに選べる。

 事件が起きた07年10月には、それまでの月平均の2・5倍に当たる約5200人が新規登録した。現在の登録者を職業別で見ると主婦が53%で、子どもの安全を案じる母親の姿が浮かび上がる。

 5年生の長男が柚希さんと同級生だった主婦(38)も事件をきっかけに登録。周囲に話すと、次々に登録したという。近所で発生したとのメールが届くと、家で遊ばせる。「事件後、人とすれ違う時、子どもをかばって体を入れる癖がついた。(捜査進展の)情報がなくて不安。犯人の逮捕が一番です」。事件現場がある新野辺(しのべ)第1町内会の山口賢一会長(69)も登録し、情報を町内放送で流すなどしている。

 注文も聞かれる。前日発生分のメールが昼ごろに届くこともあり、加古川市の30代主婦は「登校前の子どもに伝えられない」と訴える。

 ひょうご防犯ネットへの登録は、何も書かずにメールを次のアドレスに送り、手続きをする。hpp@hbnp.net

(有島弘記、田中宏樹)

47newslogo1_2 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003536258.shtml

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「車をたたき壊す」と男性の顔を鉄棒で殴り強盗 容疑の男と少年ら逮捕(16日)

千葉県警捜査1課などは、強盗致傷の疑いで、千葉県八街市八街、無職、平野重治被告(47)=強盗殺人罪などで起訴済み=と、市内の少年3人を逮捕した。

 同課によると、平野容疑者らは共謀し、平成21年9月18日午後11時ごろ、東金市極楽寺付近の路上で、東京都江戸川区の専門学校生の男性(21)ら2人の乗った乗用車を停車させ、「金を出せ。車を叩き壊すぞ」などと脅迫。男性の顔を鉄棒で殴り重傷を負わせ、携帯電話2台と現金1万2千円を奪った疑いが持たれている。

関連記事

記事本文の続き 平野容疑者は今年5月、八街市内の民家に侵入して男性=当時(76)=を刺殺し、民家に放火したとして、強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕、起訴されている。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

現場周辺で情報提供求める 兵庫の女児殺害3年(16日)

兵庫県加古川市の小学2年、鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん=当時(7)=刺殺事件から3年となる16日、加古川署捜査本部は、現場となった同市別府町の柚希ちゃん宅周辺で、事件発生時刻の午後6時に合わせ情報提供を求めるビラを配布した。

関連記事

記事本文の続き 事件は平成19(2007)年10月16日午後6時ごろ発生。柚希ちゃんは帰宅直後、自転車置き場から玄関に向かうまでの間に左胸などを刺され死亡した。

 県警は現在、約40人態勢で捜査を継続。これまでに延べ約2万人の捜査員を投入した。しかし有力な物証や目撃証言は得られず、情報提供は年々減少。事件発生から1年目に344件だったものが、3年目はわずか8件だった。

 ビラを配ったある捜査員は「とにかく一刻も早く犯人を捕まえるだけ。柚希ちゃんの無念を晴らしたい」と唇をかみしめた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)

犯人との知恵比べだ

【治安解説】
212

埼玉県深谷市の64歳になるパート女性の携帯に、次男を名乗る男から「会社の金を使い込んだ」と電話があった。その後、今度は上司を名乗る男から「ばれないように10万円ずつ振り込め」という電話が何度もあり、女性は計63回にわたり、計630万6800円を銀行口座に振り込んでしまった。

 女性は指定された場所のATMから、指定された口座に振り込んでおり、こうした手口は、カーナビや詳細な地図を利用している場合が多く「自宅を出て右に行って角を曲がったところにあるATMから振り込んで…」と言われると、被害者は本当に自宅を知っていると信じてしまう。

 しかもこうした犯人は、警察官などに聞かれたらその回答まで指示している場合が多い。問題は、相手がどうして携帯番号を知ったか。振り込みに利用した口座が同一名義人なのか。そうであるなら、63回も同じ金額が振り込まれる不審な口座にどうして金融機関は気付かなかったのかーいくつかの疑問が残る。

 埼玉県警によると、今年9月までに認知した振り込め詐欺は388件で被害金額はおよそ5億円。このうち111件が口座に振り込むのではなく、自宅を訪れた犯人に直接手渡す「手交型」というケースで、昨年の同じ時期に比べて2倍近く増えているという。

 昨日、飲んだ警視庁のある課長が言っていた。「内張りで捕まえたが、最近は連中の立ち上がりが早いので外張りまでできなかった」。外張りができれば逮捕者が増えたというのだ。

 神奈川県警では、振り込め詐欺被害の防止を図るため、各家庭に注意喚起の電話をかける電話オペレーター22人を採用。来年3月28日までの間、電話帳に電話番号が掲載されている県内の約11万世帯のうち、振り込め被害や、「携帯電話の番号が変わった」という「アポ電」が多発している地域の家庭に電話で注意を呼びかけるという。県の「緊急雇用創出事業」を兼ねたもの。振り込め詐欺は犯人と捜査当局の「知恵比べ」でもある。
 日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都府警巡査部長、聴取後に失跡 下着窃盗容疑を否認(16日)

京都府警下鴨署の男性巡査部長(39)が、京都市右京区のコインランドリーから下着を盗んだ疑いがあるとして任意聴取を受けた直後に行方不明になっていることが16日、府警への取材で分かった。

 府警によると、11日午前2時ごろ、右京区のマンションに住む女性から「1階のコインランドリーから下着がなくなった」と110番があった。

 同じマンションに住む巡査部長の部屋まで水滴の跡が続いているのを右京署員が確認し、任意聴取した。巡査部長が否認し「今日は当直勤務がある」と言ったため、聴取を打ち切って11日早朝に自宅に帰した。

 11日午後、滋賀県近江八幡市内で銀行から現金数万円を引き出したのを最後に、足取りが分からなくなっており、府警が行方を捜している。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101601000346.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視、4バス停損壊「なぜやったかわからない」(16日)

千葉県警鎌ヶ谷署は15日、鎌ヶ谷市道野辺中央、警視庁総務部理事官の有藤秀樹警視(54)を器物損壊容疑で千葉地検松戸支部に書類送検した。

 捜査関係者によると、有藤警視は2007年11月18日深夜から19日未明の間、鎌ヶ谷市内のバス停留所で案内板2枚を折り曲げて壊した上、同27日から28日未明にも、同市内の別の場所でバス停留所の案内板2枚を壊した疑い。

 調べに「やったのは間違いないが、なぜやったか自分でもわからない」と話しているという。バス会社によると、謝罪した上で弁償したという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁の指導の下、コンビニ強盗対策の訓練(16日)

東京・千代田区のコンビニエンスストア「セブンイレブン」で15日、警視庁麹町署と神田署の指導によるコンビニ強盗に対する訓練が行われた。客を装った犯人が金を奪うとの想定で、通報で駆けつけた捜査員が刃物を手にした犯人を取り押さえるなどした。

 警視庁は、強盗にあってもケガをしないよう抵抗せず、すぐに通報してほしいと呼びかけている。

Banner011 http://www.news24.jp/articles/2010/10/15/07168754.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京と神奈川の県境で犯罪が多発していることから市民300人が一斉パトロール(16日)

東京と神奈川の県境で、ひったくりなどの犯罪が相次いでいることから、町田市などで市民300人による一斉パトロールが行われた。
東京・町田市と神奈川・大和市などの県境では、ひったくりや女性が被害者になる犯罪が多発している。
16日のパトロールでは、警視庁のマスコット「ピーポくん」と、神奈川県警のマスコット「ピーガルくん」がそろって参加し、町田市、大和市、横浜市の市民およそ300人が、8つの地区に分かれて、県境の住宅街などを歩き、地域住民に注意を呼びかけた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00186256.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗未遂:洗濯物に触る 容疑で小学校教諭を逮捕 横浜(16日)

16日午前0時15分ごろ、横浜市保土ケ谷区のアパートの近くを通りかかった女性(22)から「洗濯物を触っている男を捕まえた」と110番があり、駆けつけた神奈川県警保土ケ谷署員が市立中沢小学校教諭、吉田潤哉容疑者(27)=同区川島町=を窃盗未遂容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、アパート1階の女性介護士(26)の部屋のベランダに干してあった男性物のズボンなどを盗もうとしたとしている。同署によると、吉田容疑者は「見ていただけ」と容疑を否認しているという。【杉埜水脈】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101016k0000e040025000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

100万円相当、サルの彫刻盗まれる (16日)

県の指定文化財に登録されている栃木県佐野市の神社で、100万円相当のサルの彫刻が盗まれているのがわかりました。

 15日午前9時ごろ、栃木県佐野市の二柱神社で、祭りの準備をしようと宮司が本殿の扉を開けたところ、壁に置かれていたサルの彫刻数点のうちの1つがなくなっているのに気付きました。サルの彫刻は握り拳ほどの大きさで、一体およそ100万円の価値があるということです。

 本殿の扉には鍵はかかっておらず、誰でも入れるようになっていたということで、警察で窃盗事件として調べています。二柱神社はサルの彫刻を含む本殿全体が県の指定文化財建造物に指定されています。(16日01:17)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4552064.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(16日)

振り込め詐欺:高岡などで電話相次ぐ 県警が注意呼びかけ /富山

Logo_mainichi_s1_3

 高岡市などで息子を名乗る男が金をだまし取ろうとする電話が相次ぎ、県警が注意を呼びかけている。

 13日夜、同市の無職女性(67)宅に息子を名乗る男から「携帯電話をトイレに落とした」などと電話があった。14日、再び電話があり「会社の金の振り込み先を間違えた」などと言って金を要求。女性は198万円を振り込もうとしたが、銀行員の説得で実の息子に確認し被害を免れた。同市では13日、農業の男性(66)宅に同様の電話があり、374万円をだまし取られる被害が出ている。

 県警によると富山、射水、氷見市などでも同様の電話がこの数日間で十数件あった。【大森治幸】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20101015ddlk16040446000c.html

振り込め詐欺に63回振り込む…10万円ずつ

 埼玉県警寄居署は16日、同県深谷市内のパート女性(64)が約630万円をだまし取られる振り込め詐欺被害に遭ったと発表した。発表によると、女性の携帯電話に10月6日午前11時頃、次男を名乗る男から「会社の金を使い込んだ」などと電話があった。その後も、上司を名乗る男から「ばれないように10万円ずつ振り込んで」という電話が何度もあり、女性は13日までに計63回、計630万6800円を金融機関に振り込んだ。15日に次男と連絡が取れたことから、被害が発覚したという。

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(16日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻所持容疑:24歳巡査を逮捕…兵庫県警(16日)

兵庫県警薬物銃器対策課は15日、県警加古川署警務課巡査、福岡功容疑者(24)=同県明石市北朝霧丘2=を大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したと発表した。「間違いない」と容疑を認めており、入手先や使用についても調べる。県警は同日、自宅や加古川署など3カ所を家宅捜索した。

 容疑は、15日午後5時40分ごろ、大麻草約2グラム(約1万2000円相当)を財布の中に隠し持っていたとされる。薬物銃器対策課によると、今月上旬、福岡容疑者が大麻を使っているとの情報があり、この日任意同行を求め、大麻を発見したという。

 福岡容疑者は昨年10月に採用され、今年7月から加古川署で勤務。県警の「術科特別訓練員」で、週5日のうち4日は柔道の練習をしているといい、この日も練習後に任意同行された。県警は「勤務態度に問題はなかった」としている。

 西岡敏成・加古川署長は「誠に申し訳ない。署員への指導を徹底する」とのコメントを出した。【川上晃弘】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101016k0000m040102000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

年金入札情報漏えい:「会社の上司に報告」山本容疑者供述(16日)

日本年金機構の年金記録照合業務を巡る入札情報漏えい事件で、警視庁に競売入札妨害容疑で逮捕された「NTTソルコ」の営業担当部長、山本一郎容疑者(43)が、年金機構職員の高沢信一容疑者(46)=官製談合防止法違反容疑で逮捕=から未公表の入札情報を聞く度に「会社の上司に報告した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。ソルコ社が入札情報が漏れていることを知りながら、黙認していた可能性が浮かんだ。

 警視庁捜査2課によると、山本容疑者は2~5月、旧社会保険庁時代の同僚だった高沢容疑者から、入札の仕様書案や他社の「技術点評価一覧表」などを入手。他社の応札状況を類推し、入札を優位に進めたとされる。

 捜査関係者によると、山本容疑者は上司に入手した情報を報告したが、止めるような指示は受けなかったという。一方、ソルコ社は5月の入札に備えたプロジェクトチームを4月に結成し、山本容疑者を中心に据えた。山本容疑者は「上司も(未公表の情報を取ることも)営業の範囲内と考えていたと思う」と供述しているという。

 ソルコ社は毎日新聞の取材に対し、「不適切な行為を助長するような行為はなかったと認識している」とコメントしている。【川崎桂吾、前谷宏】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101016k0000m040114000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

医師と大学助教、大麻所持容疑で逮捕 2人で吸引か(16日)

福岡県警は15日、福岡県春日市の老人介護施設の施設長で医師の山本公正(45)=福岡市中央区地行4丁目=と、熊本県玉名市の九州看護福祉大学助教の井上晴豪(41)=福岡市南区若久5丁目=の両容疑者を大麻取締法違反(共同所持)の疑いで逮捕し、発表した。山本容疑者は容疑を認め、井上容疑者は否認しているという。

 中央署の調べでは、2人は15日午前8時半ごろ、山本容疑者宅で紙巻き乾燥大麻1本を持っていた疑いが持たれている。県警に「山本容疑者宅で複数の人が大麻を吸っている」との情報が寄せられ、15日朝に警察官が山本容疑者の自宅に行くと、2人のいた室内で大麻と吸引器具が見つかったという。2人は数年前からの知人とみられる。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢容疑で逮捕の男、釈放の帰りに再び… 愛知・岩倉(16日)

愛知県岩倉市内の駐輪場でいきなり女子高生に抱きついたとして、江南署は15日、同県小牧市に住む無職の男(44)を県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。同署の説明によると、男は14日にも女子高生に触ったとして同容疑で逮捕され、15日に釈放された帰り道だった。男は容疑を認め、「ムラムラしてやった」と供述しているという。

 同署によると、男は14日午後4時すぎ、岩倉市内の公園で女子高校生(17)に抱きついた疑いで現行犯逮捕された。15日に釈放された後の午後4時40分ごろ、自転車で帰宅中の別の女子高校生(17)に抱きつくなどした疑いがある。女子高校生の悲鳴を聞いた通行人の男性3人が取り押さえたという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取調官の誘導あった…布川事件再審公判(16日)

茨城県利根町で1967年に大工の男性が殺害された「布川事件」で強盗殺人罪に問われ、無期懲役が確定した桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(64)(ともに96年仮釈放)の再審第4回公判が15日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であり、2人は取調官の誘導があったと述べた。

 桜井さんは「郵便不正事件での証拠改ざんと同じ犯罪行為」と訴えた。「自白」について「取調官に何度も読み聞かせられて覚えた」とした。弁護側の質問に「取調官から『ウソ発見器が犯人だと言っている』と言われて落胆し、心が折れた」と涙をにじませ、検察官をにらみつけた。

 杉山さんも「認めなければ死刑と取調官に言われた」と供述した。再審で遺留物のDNA型鑑定が却下されており、来年3月に無罪判決が言い渡される見通し。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

慶大射撃部員、ライフル実弾200発を紛失(16日)

慶応大は15日、同大体育会射撃部の男子学生(20)が今月11日夕、埼玉県内で東武東上線の電車に乗った際、ライフルの実弾200~250発の入ったバッグを置き忘れ、紛失したと発表した。

 学生から届け出を受けた同県警でバッグの行方を捜している。

 慶大によると、紛失したのは、黒色と黄色の円柱形スポーツバッグ。中には22口径の競技用ライフル弾のほか、学生の着替えやパソコンが入っていた。男子学生は同県内で開かれた大会からの帰宅途中で、同線小川町駅で電車を乗り換えた後、乗ってきた電車の網棚にバッグを置き忘れたことに気づいた。遺失物として県警などにも届けたが見つからないため、報告を受けた大学側が事実を公表した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

前特捜部長ら懲戒免職へ 勾留期限の21日にも(16日)

 大阪地検特捜部の押収資料改竄・犯人隠避事件を受け、法務省が犯人隠避容疑で逮捕された前特捜部長の大坪弘道容疑者と元副部長の佐賀元明容疑者を勾留期限の21日にも懲戒免職とする方針を固めたことが15日、検察関係者への取材で分かった。2人は容疑を一貫して否認しており、懲戒免職された場合、弁護団は人事院への不服申し立てなど対抗措置を取るとみられる。

関連記事

記事本文の続き 一方、最高検は15日、中尾巧・前大阪高検検事長(退官)から事情聴取。すでに大阪高検ナンバー2の太田茂・前次席検事(現京都地検検事正)、今年1月まで大阪地検検事正だった三浦正晴・福岡高検検事長らも事情聴取しており、法務省は監督責任が及ぶ範囲の確定を急いでいる。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月15日 | トップページ | 2010年10月17日 »