« 華のオープンカー自作中…埼玉県警装備課(4日) | トップページ | 別府・看護師殺害から1か月、捜査難航 (4日) »

2010年10月 4日 (月)

東京都内でタクシー運賃の支払いに偽1万円札が使われた瞬間の車載カメラの映像入手(4日)

東京都内で、タクシー運賃の支払いに偽1万円札が使われた瞬間の車載カメラの映像を、FNNが入手した。この偽札に記されたアルファベットと番号は、先週逮捕された男が持っていた偽札のものと一致していて、警視庁は関連を調べている。
9月14日夜、東京メトロ・門前仲町駅近くで、「亀戸に行ってください」とタクシーに乗り込んだ、帽子にサングラス姿の男。
走行中は、顔を隠すように、終始うつむき加減で、なかなか表情は見えなかったが、時折、お札を数えたり、確認したりするしぐさが見受けられた。

運転手「2,330円」
男「大きいのしかないけど、いいかな?」
運転手「いくら?」
男「1万円なんだけど」
運転手「いいですよ」
男「(端数は)300いくら?」
運転手「330円」、「なんぼあんの? 2,000? 30円? 1万30円?」
男「1万30円」
運転手「じゃあ7,000円とですね、ちょっと1回見て。じゃあ7,700円で」

こう言って運賃を払った男は、何食わぬ顔で釣り銭を受け取り、JR亀戸駅付近でタクシーを降りた。
しかしその後、運転手は、受け取った1万円札が偽札と気づいたという。
男が偽札を使ったその日、都内では、偽札の被害が少なくとも12件起きていた。
このうち複数のケースで、男が使ったものと同じ記番号の偽札が、タクシーの支払いで使われていた。
そして、この偽札をめぐって、警視庁は先週、東京・渋谷区でタクシーで偽1万円札を使ったとして、韓国籍のタクシー運転手・金宗洙(キム・ソンス)容疑者(48)を逮捕した。
その後の調べで、金容疑者が持っていた3種類の偽札のうちの1つが、車載カメラの男が使った偽札と記番号が一致した。
そして、車載カメラの男の顔と金容疑者の顔は、確かに口元のあたりがよく似ている。
警視庁は、車載カメラの男が金容疑者と同一人物とみて追及するとともに、都内で4月以降、同じような偽札が175枚見つかっていることから、関連を調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00185566.html

 

« 華のオープンカー自作中…埼玉県警装備課(4日) | トップページ | 別府・看護師殺害から1か月、捜査難航 (4日) »

偽札・偽造・模造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49647706

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都内でタクシー運賃の支払いに偽1万円札が使われた瞬間の車載カメラの映像入手(4日):

« 華のオープンカー自作中…埼玉県警装備課(4日) | トップページ | 別府・看護師殺害から1か月、捜査難航 (4日) »