« 2010年9月30日 | トップページ | 2010年10月2日 »

2010年10月1日

2010年10月 1日 (金)

暴力団追放運動の住民と警察庁長官が意見交換(1日)

 仙台市で、暴力団事務所の撤去運動に取り組んだ住民らと警察庁の安藤隆春長官が意見交換しました。

 安藤警察庁長官:「暴力団対策は、警察だけでの取り組みでは十分ではない」「社会が一丸となって暴力団を孤立させていく」
 安藤長官は、指定暴力団山口組弘道会傘下の組事務所の撤去運動に取り組んだ住民らと意見交換を行いました。そのなかで、安藤長官は「暴力団排除運動が盛り上がっている」「暴力団を恐れてちゅうちょする人に勇気を与える行動だ」と話しました。住民らは組事務所の立ち退き運動を進め、去年4月、使用差し止めを求めて提訴し、5月に暴力団が退去することで和解しています。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗未遂容疑者宅から下着など3千点超(1日)

先月26日、千葉県松戸市で住宅に侵入してベランダに干してあった女性の下着を盗もうとしたとして、松戸市の無職、足立篤史容疑者(41)が窃盗未遂などの疑いで逮捕されました。

 取り調べに対し、足立容疑者が「2年くらい前から女性の下着を万引きしたり、住宅から盗んだりした」などと供述したため、警察が自宅を家宅捜索したところ、3000点を超える女性ものの下着やストッキングなどが見つかったということです。

 足立容疑者は、「下着を集めて身に着けたりするのが趣味だった」と供述しているということで、警察が余罪を追及しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4540166.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・葛飾区で原付バイクを使い追い抜きざまにバッグ引ったくり 高校3年男子生徒逮捕(1日)

東京・葛飾区の路上で、原付バイクを使って、追い抜きざまに自転車の前かごから手提げバッグを引ったくった都立高校3年の男子生徒(18)が逮捕された。
窃盗の疑いで逮捕された葛飾区の都立高校3年の男子生徒は9月18日、葛飾区東立石の路上で、女性が乗っていた自転車の前かごから、現金およそ1万6,000円が入った手提げバッグを引ったくった疑いが持たれている。
警視庁の調べに対し、男子生徒は「遊ぶ金欲しさに引ったくりをやった」と容疑を認めているという。
現場周辺では、2010年8月から9月までの間に、類似の事件が数十件相次いでおり、警視庁は余罪を追及している。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00185438.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

黙秘のまま20日間 氏名不詳の男、強盗傷害罪で起訴(1日)

横浜地検は1日、住所、氏名が不明なままの男を強盗傷害罪で起訴した。裁判員裁判対象となる。捜査した神奈川県警緑署によると、男は30歳前後に見えるが、現行犯逮捕されてから話をせず、身元につながる所持品も無いため、「日本人かどうかもわからない」という。

 起訴状によると、男は9月12日、横浜市緑区の店舗兼住宅で、住人の女性(61)に包丁を突きつけ「金を出せ」と脅迫。切りつけて左手に3週間のけがを負わせ、現金約6万3千円などが入った財布を奪ったとされる。

 緑署によると、男は現場近くで警察官に見つかり、走って逃げたが、取り押さえられた。その後は力が抜けたように黙り込み、留置場で1回だけ「ウオーター」と水を求めたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「イラク通貨の価値上がる」詐欺未遂容疑で逮捕(1日)

「価値が上がる」と偽り、イラク通貨・ディナールを高値で購入させて現金を詐取しようとしたとして、京都府警は1日、東京都杉並区の自称自営業、林一秀容疑者(35)ら3人を詐欺未遂容疑で逮捕したと発表した。

 ディナール購入を巡るトラブルは各地で相次いでおり、摘発は全国で初めて。3人は容疑を否認している。

 発表では、3人は共謀して9月28日午後、京都市北区の女性(72)方を訪れ、2万5000ディナール札(約1800円相当)について、「価値を10万円に上げる方法がある」とだまし、50枚を計325万円で売りつけようとした疑い。

 女性は8月下旬から勧誘の電話を受け、計825万円分を購入していたが、不安になり、9月24日に府警に相談。府警が、次の訪問日だった同28日にやって来た林容疑者を逮捕し、共犯2人を割り出した。

 国民生活センターによると、ディナール購入を巡る苦情は、昨年は4件だったが、今年は9月までに364件と急増している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

独居老人殺人容疑で中国国籍の男を逮捕 愛媛・西条(1日)

 愛媛県西条市の三並清さん(64)が自宅前で殺害された事件で、愛媛県警は1日、殺人容疑で中国籍の造船工、孔祥猛容疑者(28)=同市ひうち=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は9月27日深夜、三並さんの左胸を包丁で十数回で刺し、殺害したとされる。三並さんとは知人の女性を通じて知り合いだったという。

関連記事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪地検 前特捜部長ら逮捕 犯人隠避容疑で(1日)

 大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)事件で、主任検事の前田恒彦容疑者(43)が意図的に改竄したことを認識しながら隠蔽(いんぺい)したとして、最高検は1日、犯人隠避容疑で、京都地検次席検事の大坪弘道前特捜部長(57)と、神戸地検特別刑事部長の佐賀元明前副部長(49)を逮捕した。

 主任検事による改竄事件は、当時の特捜部長らの刑事責任追及という異例の事態に発展した。

 検察関係者によると、大坪前部長と佐賀前副部長は今年1月下旬から2月にかけて、郵便不正事件の主任検事だった前田容疑者から「フロッピーディスク(FD)のデータを意図的に書き換えた」と報告を受けた。しかし、小林敬検事正らに対しては故意の改竄を告げずに「問題はない」などと虚偽の説明をし、前田容疑者の証拠隠滅容疑を隠した疑いが持たれている。

 大坪前部長らは最高検の聴取に「故意に改竄したとは知らなかった」などと供述。しかし、最高検は前田容疑者への聴取結果などから、大坪前部長らが故意と認識しながら隠蔽したと判断した。

 前田容疑者は昨年7月、厚生労働省元係長、上村勉被告(41)=公判中=のFDのデータを書き換えたとして逮捕された。厚労省元局長の村木厚子さん(54)=無罪確定=の公判を有利に進めるために改竄したとされる。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)

振り込め詐欺再び猛威

【治安解説】
212

東京・江東区の女性から現金100万円をだまし取ろうとした振り込め詐欺グループの男が、警視庁に逮捕された。警視庁に相談、張り込みが成功したもので、未遂の逮捕は被害者保護の観点から最良であると同時に、「強い警察」なんですよ。

 詐欺未遂の現行犯で逮捕された住所不定・無職の27歳の男。9月29日に江東区の69歳の女性の自宅を訪れ、現金をだまし取ろうとしたところを張り込んでいた警察官に逮捕された。

 男は、義理の弟を名乗り「税務署で決算中だが、80万の領収証を切ろうとしたら間違えて800万と書いてしまった。100万円なんとかならないか。部下を行かせるから渡してほしい」と電話。警視庁に通報していた=フジテレビ。

 今年に入って東京都内で急増する振り込め詐欺を食い止めようと、警視庁はこのほど、各署の幹部を集めて緊急会議を開いている。
 息子になりすまして高齢者から現金をだまし取るなどの振り込め詐欺は、今年に入って都内で被害が急増。中でも8月の被害件数は、最悪だった4月の155件を大きく上回る179件となり、被害は悪化の一途をたどっているという。

 岩瀬充明副総監は「犯罪グループが魔の手を伸ばしている現状に強い危機感を持ってほしい」と述べ、高齢者の自宅を訪問するなどの対策を徹底するよう強く求めた=日本テレビ
日本列島振り込め詐欺http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤密輸、韓国経由で地方空港狙う? 外国人逮捕相次ぐ(1日)

覚醒(かくせい)剤約2.2キロを密輸したとして、広島県警が覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、ドイツ国籍のトーマス・クナウフ容疑者(47)を逮捕していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は9月12日、覚醒剤約2.2キロ(末端価格約2億円)をスーツケースに隠し、航空機で広島空港(同県三原市)に密輸入したとしている。

 捜査関係者によると、クナウフ容疑者は「覚醒剤があるとは知らなかった」と否認している。

 税関の職員がエックス線検査で二重に細工されたスーツケースの底から発見。クナウフ容疑者はドイツからドバイと韓国を経由して広島空港に到着した。

 7月に韓国などを経由する同様のルートで岡山空港に入国しようとした米国籍の男が、覚醒剤約3キロを持っていたとして逮捕・起訴されており、県警は密輸組織が関与している可能性もあるとして捜査している。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁築地署巡査長、拾得物のカード情報を不正取得し出会い系サイト支払い 再逮捕(1日)

警視庁築地署巡査長、拾得物のカード情報を不正取得し出会い系サイト支払い 再逮捕
警視庁・築地署の巡査長が、同僚のクレジットカード情報を悪用して逮捕された事件で、この巡査長が、署に届けられた拾得物の中から他人のカード情報を不正に取得して、出会い系サイトの支払いをしたとして、警視庁に再逮捕された。
電子計算機使用詐欺の疑いで再逮捕されたのは、築地署地域課の巡査長・和南城 純一容疑者(39)。
警視庁の調べによると、和南城容疑者は2010年6月、署に届けられた拾得物から、他人のカード番号と有効期限を不正に入手し、勤務中に出会い系サイトに接続し、数万円の支払いをしていた疑いが持たれている。
和南城容疑者は、同僚警察官のクレジットカード情報を悪用し、出会い系サイトを利用していたとして9月に逮捕され、10月1日に起訴された。
警視庁は、和南城容疑者を1日付で懲戒免職処分にし、「警察職員としてあるまじき行為であり、厳正に処分した。今後、再発防止に努めてまいりたい」とコメントしている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁の40歳巡査長、女子高校生に現金を渡してわいせつ行為をした疑いで逮捕(1日)

警視庁の巡査長が女子高校生に現金を渡してわいせつ行為をしたとして、警察に逮捕された。
児童買春の疑いで逮捕された警視庁府中警察署の巡査長・山本尊弘容疑者(40)は2010年5月、神奈川県内のホテルで17歳の女子高校生に現金3万円を渡してわいせつ行為をした疑いが持たれている。
山本容疑者は、この女子高校生とこれまでに4~5回、わいせつ行為をしたという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00185402.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅のごみ箱から炎、緊急停車の特急車掌が消火(1日)

 29日午後9時頃、兵庫県篠山市草野のJR福知山線草野駅上りホームで、ステンレス製のごみ箱(高さ、幅各約1メートル、奥行き約40センチ)から炎が出ているのを乗客が見つけ、110番。

 近くを走行中で同駅を通過予定だった特急「タンゴエクスプローラー3号」が緊急停車し、車掌が車内にあった消火器で消し止めた。けが人はなかった。同特急は14分遅れた。

 篠山署によると、ごみ箱は改札口の近くにあり、ごみ箱の周りにたばこの吸い殻が落ちていたという。同署が原因を調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上強盗、女性5万円奪われ負傷 大阪・城東(1日)

30日午後11時35分ごろ、大阪市城東区関目の路上で、書道講師の女性(53)が、後ろから近づいてきた自転車に乗った2人組の男に現金約5万円入りのポーチを奪われた。女性は抵抗して転倒、約5メートル引きずられ軽傷を負った。

関連記事

記事本文の続き 城東署は強盗致傷事件として捜査している。逃走した男はいずれも20歳くらいで黒っぽいズボンを着用。1人は柄の入ったシャツを着ていたという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

乳児2遺体遺棄:容疑の49歳ら親子3人逮捕…愛知県警(1日)

愛知県岡崎市のスーパーで今年2月、冷凍された乳児の2遺体が見つかった死体遺棄事件で、県警捜査1課と岡崎署は1日、岡崎市鴨田町山畔の無職女(49)と、アルバイトの長女(24)、土木作業員の長男(19)の3人を死体遺棄容疑で逮捕した。県警によると、女は「自分が産んで自宅の冷凍庫に入れていたが、長男と長女が捨てに行った」、長女と長男は「紙袋に入ったごみを捨てに行ったが、中身が遺体とは知らなかった」と供述しているという。

 ◇新たな遺体も

 また、女の自宅からは新たに生後間もないとみられる男児の遺体が発見された。県警は3人の遺体が遺棄された経緯や動機を調べている。

 容疑は共謀し、女が産んだ乳児2遺体を2月20日ごろ、岡崎市戸崎元町の「業務スーパー岡崎店」出入り口南側の買い物カートに遺棄したとしている。県警によると、2体はいずれも身長約30センチの男女で、それぞれへその緒がついていた。女児はほぼ成熟児、男児は妊娠9カ月の早産とみられる。いずれも衣服はなく、死後2~7日の間に冷凍されたとみられる。県警は女が2人を産んだ時期について調べを進めている。

 一方、男児の遺体は9月30日午後に県警が家宅捜索して発見。身長46センチで全身が腐乱していた。プラスチック容器に入れられ、ごみ箱に捨てられていた。県警は司法解剖して死因などを調べる。

 女は、長女と長男、次女(21)、次男(13)の5人家族。05年に夫が死亡しており、女は遺体で見つかった3人について「私と夫の子ども」と供述しているという。

 事件は2月20日夜、スーパーで、カートに入った買い物かごの紙袋に入った2遺体が発見された。県警に8月、事件に関する情報提供があり、捜査を進めていた。【山口知】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101001k0000e040001000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(1日)

振り込め詐欺撲滅へ、警視庁が緊急会議

Banner011

 今年に入って東京都内で急増する振り込め詐欺を食い止めようと、警視庁は先月30日、各署の幹部を集めて緊急会議を開いた。

 息子になりすまして高齢者から現金をだまし取るなどの振り込め詐欺は、今年に入って都内で被害が急増している。中でも8月の被害件数は、最悪だった4月の155件を大きく上回る179件となり、被害は悪化の一途をたどっている。

 このため警視庁は先月30日、都内各署の副署長を集め、振り込め詐欺を食い止めるための緊急会議を開いた。岩瀬充明副総監は「犯罪グループが魔の手を伸ばしている現状に強い危機感を持ってほしい」と述べ、高齢者の自宅を訪問するなどの対策を徹底するよう強く求めた。http://www.news24.jp/articles/2010/10/01/07167784.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カップル喫茶の客ら逮捕、名古屋 公然わいせつ容疑で(1日)

愛知県警中署は30日、名古屋市中区のカップル喫茶でわいせつな行為をしたとして公然わいせつ容疑で愛知、岐阜両県に住む客の20~50代の男女6人を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、30日午後4時半ごろ、中区千代田のマンション一室のカップル喫茶「Z(ゼット)」で各男女が全裸になり公然とわいせつな行為をした疑い。

 保健所の許可を得ず同店を営業したとして、食品衛生法違反容疑で愛知県の経営者の男(57)ら2人も現行犯逮捕した。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010093001001124.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【中国人船長釈放】「検察庁として決した」と政治介入否定、那覇地検(1日)

那覇地検の鈴木亨次席検事は30日の定例記者会見で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、船長を処分保留で釈放した判断について「検察庁として決した」と述べ、あらためて「政治的介入」を否定した。鈴木次席は、船長の釈放決定を発表した24日の記者会見で「福岡高検および最高検と協議の上で決した」と強調した。

 30日の会見ではこのほか、衝突の状況を撮影したビデオ映像の公開について「答える立場にない」とした。違法に操業した外国人漁業規制法違反容疑での立件や、処分時期などについては「任意捜査をしている段階だ」とするにとどまり、関連する質問には「答えを差し控える」との返答を繰り返した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100930/crm1009302023020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ブランド品を販売目的で陳列 中国人の女逮捕(1日)

 横浜市で、「シャネル」のピアスなど偽ブランド品を販売目的で陳列していたとして中国人の女が逮捕されました。

 商標法違反の疑いで逮捕された中国籍の陳蘭姜容疑者(26)は、横浜市中区の経営する店で、偽のブランド品を販売する目的で陳列していた疑いが持たれています。警察によると、陳容疑者は、偽のシャネルのピアスなどを中国で500円程度で仕入れて、約1500円で販売していたということです。警察の調べに対し、陳容疑者は「コピー商品を中国に帰国した時に購入した」と容疑を認めています。警察は、去年10月ごろから偽ブランド品を販売していたとみて入手ルートなどを捜査しています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200930059.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大量殺人予告の男を書類送検 ネットに書き込み(1日)

インターネット上に「渋谷のハチ公前を秋葉原以上の惨劇にしたい」などと書き込み、無差別殺人を予告したとして31歳の派遣社員の男が書類送検されました。

 軽犯罪法違反の疑いで書類送検されたのは、福島県に住む派遣社員の男です。男は先月14日、2回にわたってインターネット上のチャットに「ハチ公前で大量殺人をする。秋葉原以上の惨劇にしたいな。一緒に殺さない?」などと書き込んだ疑いが持たれています。警視庁によると、無差別殺人の共犯を募る書き込みの摘発は全国初だということです。警視庁の調べに対し、男は「携帯ゲームに飽きてチャットをした。大きな嘘をついて他人の注目を集めたかった」と容疑を認めています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200930054.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤密輸か ドイツ人逮捕(1日)

先月、中東や韓国を経由して広島空港に到着したドイツ人の男が、スーツケースの底に覚せい剤2キロ余りを隠していたとして逮捕されていたことが警察への取材でわかりました。逮捕された男は容疑を否認しているということですが、7月には岡山空港でも同じ入国ルートの密輸事件があり、警察では、覚せい剤の密輸組織が関与している疑いもあるとみて関連を調べています。

逮捕されたのはドイツ人のトーマス・クナウフ容疑者(47)です。警察の調べによりますと、クナウフ容疑者は先月12日、広島空港に到着した国際便で、覚せい剤およそ2・2キロ、末端の密売価格で2億円相当を密輸しようとしたとして、覚せい剤取締法違反の疑いが持たれています。税関の職員がスーツケースを調べたところ、底が二重になっていて、中からビニールテープに巻かれた覚せい剤の袋が見つかったということです。

 クナウフ容疑者は、ドイツからドバイと韓国を経由して広島空港に到着していて、調べに対し、「覚せい剤があるとは知らなかった」などと容疑を否認しているということです。ことし7月には、岡山空港でも、今回と同じドバイと韓国を経由するルートで入国しようとしたアメリカ人の男が、スーツケースに覚せい剤およそ3キロを隠し持っていたとして逮捕・起訴されたばかりで、警察では、これらの事件に覚せい剤の密輸組織が関与している疑いもあるとみて関連を調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101001/k10014311751000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法サイトを全件捜査へ 発信エリア割り出し 警察庁(1日)

わいせつ画像や薬物の売買など、インターネット上に掲載されている違法な情報をめぐり、警察庁は通報があったすべての事案の発信エリアを調べ、管轄する都道府県警に通知する方針を決めた。ネット犯罪の捜査に長じた警視庁に分析を依頼して発信元のIPアドレスを割り出し、都道府県警に書き込んだ人物の特定を進めさせる。ネット社会の拡大に伴って違法情報も急増しており、どの警察が取り扱うべき事案かを明確にして捜査を促すねらいがあるという。

 警察庁はネット上の違法情報について、かねて財団法人のインターネット協会に情報収集を委託。同協会が運営する「インターネット・ホットラインセンター」が一般からの通報を受け付けている。

 2009年の違法情報の確認件数は2万7751件で、通年のデータを取り始めた07年の2倍強になっている。しかし、一方で立件に至ったのは110件と全体の0.4%にとどまる。寄せられた違法情報については、これまで容疑者にたどりつくような詳しい分析がされておらず、件数も多いため、具体的な捜査につながりにくかったという。

 警察庁は今後、「ホットラインセンター」に寄せられた情報を警視庁に提供。警視庁はサイトの管理者に照会するなどしてIPアドレスを調べ、違法情報を書き加えた場所を都道府県単位で割り出す。解明した情報は所管する警察本部が引き継ぎ、書き込んだ人物の捜査に役立てるという。各警察本部に対しては、捜査結果の報告を求めるとしている。新方式の導入に合わせ、警察庁は地方警察官350人の増員を来年度に向けて予算要求している。

 警察庁によると、今年上半期(1~6月)に見つかったネットの違法情報は1万8542件で、前年同期比で75%増えた。大人のわいせつ画像が半分を占め、児童ポルノ(14%)、覚せい剤など規制薬物の売買(13%)も目立つ。(五十嵐透)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「借金の取り立てと勘違い」職質の私服警官殴る(1日)

職務質問をしようとした警察官を殴ったとして、広島県警呉署は29日、住所不定、無職藤井敏之容疑者(57)を暴行容疑で逮捕した。

「消費者金融の取り立てと勘違いした。捕まったらまずいと思った」と容疑を認めているという。

 発表によると、藤井容疑者は同日午前11時5分頃、呉市中央の路上で、呉署員の男性(50)の顔を殴るなどした疑い。

 当時、署員は私服姿で盗難自転車の警戒にあたっていた。鍵の壊れた自転車に乗った藤井容疑者を見つけ、職務質問しようとした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

たばこ51カートン盗まれる、値上げ前予約分も(1日)

30日午前6時頃、愛知県愛西市のたばこ店の女性店主(68)から、「大量のたばこを盗まれた」と津島署に通報があった。

同署の発表では、1階台所の窓ガラスが割られ、たばこ17銘柄51カートン(15万6200円相当)と売上金約16万3000円入りのレジが盗まれていた。同署は10月1日のたばこ値上げを前に、何者かがたばこを狙って忍び込んだとみて調べている。

 同署によると、被害に遭ったのは、女性ら家族4人が就寝した29日午後10時頃から翌30日午前5時頃までの間。盗まれたたばこの中には、値上げを前に駆け込みで予約した顧客の分も含まれていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「殺人ダニ」ご用心 国内未確認も中国で死者(1日)

中国で人を殺すダニ「殺人ダニ」による感染症の死者が相次いでいる。日本の厚生労働省は「国内で同じ感染症は未確認」としているが、屋外のダニによる別の感染症「日本紅斑熱」の死者が過去5年で2人出ており、専門家は「抵抗力の少ない高齢者や子供は秋の行楽期に山へ入る際に注意が必要」としている。

関連記事

記事本文の続き 中国紙によると、河南省衛生庁は9月までの3年4カ月間に、ダニに刺された557人が40度前後の高熱や血小板減少などの症状を呈し、18人が死亡したと発表した。山東省でも11人、江蘇省でも4人が死亡したという。

 国内でも、屋外でダニに刺されたことにより高熱や赤い斑点、刺し傷が体にできる日本紅斑熱が発生しており、平成21年までの5年間に470人が発症、18年と20年には死者が出た。

 国立環境研究所の五箇公一主席研究員(ダニ学)は「日本でも屋外でダニに刺され感染する可能性があることを認識すべきだ。紅斑熱は秋の行楽シーズンとも重なる10月ごろにピークを迎えるため、山に入る際は服の襟や袖、すそに防虫剤をつけてほしい」と話す。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

前田容疑者、動機供述「邪魔な証拠消したい」 押収資料改竄事件(1日)

 大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)事件で、主任検事の前田恒彦容疑者(43)=証拠隠滅容疑で逮捕=が最高検の調べに対し、フロッピーディスク(FD)の最終更新日時を改竄した動機について「立証に邪魔な証拠を消したかった」といった趣旨の供述をしていることが30日、関係者への取材で分かった。最高検は、前田容疑者が違法手段を使ってでも厚生労働省元局長の村木厚子さん(54)=無罪確定=の公判を有利に進めようとしたとみている。

関連記事

記事本文の続き 最高検によると、前田容疑者は昨年7月13日、厚労省元係長の上村勉被告(41)=公判中=のFDに保存された偽造証明書の最終更新日時を「6月1日未明」から「6月8日夜」に書き換えたとされる。

 検察関係者によると、特捜部は昨年5月26日、上村被告の自宅からFDを押収。前田容疑者はFDを分析した同僚検事から最終更新日時について「6月1日未明」と報告を受けた。この日付では、村木さんから上村被告への偽造証明書の作成指示を「6月上旬」としていた特捜部の見立てと矛盾しており、立証に障害となる証拠だった。

 一方、同僚検事は立ち会い事務官に指示し、FDの正規の最終更新日時を記載した捜査報告書を作成させていた。しかし、捜査報告書が前田容疑者に知らされることはなかった。

 関係者によると、前田容疑者は「捜査報告書の存在に気付かなかった」とする一方、「FDの存在が今後問題になる可能性もあり、立証に不利となるデータを消したかった」との趣旨の供述をしているという。

 最高検は、前田容疑者が捜査報告書の存在を知らなかったことから、FDを立証にマイナスな唯一の証拠と考えたため改竄に走ったとみている。

 一方、前田容疑者が改竄の3日後の昨年7月16日に上村被告側にFDを返却していたことについては、前田容疑者が村木さんの公判で上村被告に検察側の見立てに合う証言をさせようとしてFDを返却した疑いもあるとみて、詳しい動機を調べている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月30日 | トップページ | 2010年10月2日 »