« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 韓国の金庫破り団摘発 大阪でも2千万円被害(7日) »

2010年9月 7日 (火)

給食のナシから散弾 富山の小学校、カラス撃退時混入か(7日)

富山市内の小学校で1日、給食のナシから散弾銃の弾が見つかっていたことが、同市教委への取材で分かった。学校職員が見つけ、児童が食べたナシからは同様の弾は見つからなかった。カラス撃退のために農場で放った弾がナシに混入したとみられる。

 1日は、市内の33の小学校給食でナシが出た。このうち、同市婦中地域の小学校で出た呉羽ナシ「幸水」を、同校の用務員が食べたところ、直径1ミリ程度の散弾銃の弾を見つけたという。同校の児童やほかの小学校からは、同様の報告はなかった。市内では、2、3日にも給食にナシを出す予定だったが、ほかの果物に取り換えた。

 このナシは、農協の呉羽ナシ選果場を通じて出荷され、学校で皮をむいて給食に出た。ナシの表面に穴などの異常はなかったといい、まだ実が小さい時に、農場でカラス撃退で使った散弾銃の弾が混入したとみられるという。

 同市教委は「初めてのことで、今後、ナシを献立に入れるかは検討する。散弾銃を使うカラス撃退法について、農協には、ほかの方法がないか検討してもらうよう要請した」と話した。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 韓国の金庫破り団摘発 大阪でも2千万円被害(7日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 給食のナシから散弾 富山の小学校、カラス撃退時混入か(7日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 韓国の金庫破り団摘発 大阪でも2千万円被害(7日) »