« 「秋の全国交通安全運動」を前に山本 梓さんが警視庁東京湾岸署の1日署長に就任(18日) | トップページ | 「疑念受ける事実ない」 4度目聴取の小沢氏がコメント(18日) »

2010年9月18日 (土)

“故意に衝突”ビデオで裏付け(18日)

沖縄県の尖閣諸島の日本の領海内で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で、漁船は進路を変えずに一定の速度で走っていた巡視船に斜め後ろから近づき、大きくかじを切って衝突する様子が現場で撮影されたビデオに映っていたことがわかりました。海上保安庁は、漁船が故意に巡視船に衝突したことを裏付けるものとして、さらに詳しく調べています。

この事件で、海上保安庁は公務執行妨害の疑いで逮捕した41歳の船長の取り調べを進めていて、19日に10日間のこう留期限を迎えます。船長は、漁船と巡視船が接触したことは認めているということですが、故意に漁船を衝突させたことは認めていないということです。海上保安庁が、衝突の様子を撮影したビデオを詳しく分析した結果、漁船は衝突の直前、巡視船の斜め後ろにいて、巡視船は進路を変えずに一定の速度で航行していたことがわかりました。映像では、そのあと漁船が速度を上げて前を走る巡視船に近づき、大きくかじを切って衝突する様子が確認できるということです。海上保安庁は、漁船が故意に巡視船に衝突したことを裏付けるものとして、漁船と巡視船双方のGPSの航跡データとも照らし合わせて衝突の経緯をさらに詳しく捜査しています。この事件で、前原前国土交通大臣は衝突時の状況について「ビデオで撮影しており、どちらが体当たりしてきたか一目りょう然にわかる」と述べていて、日本の法律に基づいて、きぜんと対応していく考えを示しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100918/t10014074001000.html

 

« 「秋の全国交通安全運動」を前に山本 梓さんが警視庁東京湾岸署の1日署長に就任(18日) | トップページ | 「疑念受ける事実ない」 4度目聴取の小沢氏がコメント(18日) »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “故意に衝突”ビデオで裏付け(18日):

« 「秋の全国交通安全運動」を前に山本 梓さんが警視庁東京湾岸署の1日署長に就任(18日) | トップページ | 「疑念受ける事実ない」 4度目聴取の小沢氏がコメント(18日) »