« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 名古屋の切りつけ殺人、23歳女を逮捕(5日) »

2010年9月 5日 (日)

遺体引き渡し時に取り違え 栃木県警那須塩原署(5日)

栃木県警那須塩原署は5日、署内の霊安室に安置していた遺体を遺族に引き渡す際、誤って別人の遺体を引き渡したと発表した。

 同署によると、同日午前8時10分ごろ、同県那須塩原市内の自宅で先月21日に病死した男性=当時(65)=の遺体を遺族に引き渡した際、誤って同じ霊安室に安置中だった同市内の40代男性の遺体を引き渡してしまったという。署員が約30分後、間違いに気づいたが、すでに遺体は火葬されていたという。

関連記事

記事本文の続き 同署は、間違えた理由について「両遺体ともに腐乱が進み、見ただけでは特定できる状態ではなかった。思いこみでうっかり間違えてしまった」と話している。

 遺体には名札など、個人を特定するものが付いてなかった。同署は今後、遺体を入れる袋に名札をつけるなど、取り違え防止策を徹底するとしている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 名古屋の切りつけ殺人、23歳女を逮捕(5日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遺体引き渡し時に取り違え 栃木県警那須塩原署(5日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 名古屋の切りつけ殺人、23歳女を逮捕(5日) »