« スーパーで万引男が催涙スプレー、10人搬送 相模原(17日) | トップページ | 落としたピアスで足がつく…ひったくり少年逮捕(17日) »

2010年9月17日 (金)

警察庁HPにサイバー攻撃か、中国からの可能性(17日)

警察庁のホームページ(HP)が16日夜から17日未明にかけて、閲覧不能になったり、つながりにくい状態になったりしていたことが分かった。

 大量のデータを標的に送りつけて機能をマヒさせるサイバー攻撃、「DDos(ディードス)攻撃」を受けた可能性もあり、同庁で発信元などを調べている。

 同庁によると、16日午後9時頃から17日午前0時30分頃の間、HPが全く開かなかったり、違うページへの切り替えが遅くなったりする状態が続いたという。HPの改ざんは確認されていない。

 中国最大規模のハッカー組織「中国紅客連盟」が、満州事変の発端となった柳条湖事件から79年にあたる18日まで、日本政府機関などのサイトを攻撃する計画を表明。今月7日に海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突して以降は、中国国内で反日ムードが高まり、同国国内のインターネットの掲示板には、攻撃の対象として警察庁のアドレスが掲載されていた。

 同庁は、中国国内からの攻撃だった可能性があるとみて警戒を強めている。

 

« スーパーで万引男が催涙スプレー、10人搬送 相模原(17日) | トップページ | 落としたピアスで足がつく…ひったくり少年逮捕(17日) »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁HPにサイバー攻撃か、中国からの可能性(17日):

« スーパーで万引男が催涙スプレー、10人搬送 相模原(17日) | トップページ | 落としたピアスで足がつく…ひったくり少年逮捕(17日) »