« 「刑務所が楽」所持金13円 交番に包丁持参容疑の男を逮捕(8日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(8日) »

2010年9月 8日 (水)

鈴木宗男氏「いかなることあっても検察と闘う」(8日)

 あっせん収賄罪など四つの罪に問われ、最高裁が上告を棄却する決定をし、懲役2年の実刑などが確定することになった鈴木宗男衆院議員が8日夕、東京都内で記者会見した。

 鈴木氏は「私自身わいろをもらったという認識はない。密室の取り調べで作られた調書で誘導された犯罪であることを、最高裁は明らかにして欲しかった」と改めて無罪を主張した。

 また、「いかなることがあっても検察権力と闘っていく。与えられた環境のなかで、何が真実で、公正、公平かを発信していきたい。国民の皆さんに対しては、お騒がせしたことをおわびしたい」と述べた。

 自らが代表を務める新党大地については、「リージョナルパーティー(地域政党)として、エントリーしている者はいるし、志を受け継ぐ者もいる。(歌手の)松山千春さんとも相談して、今後のことをゆっくり考えることになっている」と説明した。

 鈴木氏は「(娘が)犯罪者の子といわれるのが親としてつらい。娘は私を非常に励ましてくれたので、親として申し訳ない思いだ」と目を潤ませた。

 最高裁の決定は7日付。懲役2年、追徴金1100万円とした1、2審判決が確定する。鈴木氏は公職選挙法と国会法の規定により失職し、近く収監される。

 

« 「刑務所が楽」所持金13円 交番に包丁持参容疑の男を逮捕(8日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(8日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木宗男氏「いかなることあっても検察と闘う」(8日):

« 「刑務所が楽」所持金13円 交番に包丁持参容疑の男を逮捕(8日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(8日) »