« 前田検事、故意の改ざん認める 最高検調べ、供述一転(24日) | トップページ | ビル火事で200人以上避難(24日) »

2010年9月24日 (金)

千葉市中央区女性遺体事件 警察、殺人事件と断定し捜査本部を設置(24日)

22日夜、千葉市中央区のアパートで、住人の菊池正子さん(63)が死亡しているのが見つかった。
23日午後3時すぎ、警察は会見で、「殺人事件と断定した」と発表した。
22日午後9時50分ごろ、帰宅した夫が妻・正子さんがいないことに気づき、部屋の中を見回したところ、たんすのひき出しが10cmほど出た状態だったという。
それを不審に思った夫が、近くの交番を訪ねたという。
菊池さんが死亡していたのは、水の張ってあった浴槽の中で、服も着たままの状態だった。
部屋のたんすの引き出しは、開けっ放しだったという。
菊池さんを知る近所の人たちからは、驚きの声が聞かれた。
近所の人は「まさかこんなことになるとは思わないですよね。信じられない」と話した。
警察は会見で、「頸部(けいぶ)に電気コードが巻かれていたこと、体の一部に刺し傷が認められ...」と話した。
現場の部屋は、玄関は施錠されていたが、ベランダの鍵は開いていたという。
近所の人は「(菊池さんは)猫ちゃんがいるから、日中でも網戸にしとくって言うんですよ。だから不用心だよと」と話した。
菊池さんが最後に目撃されたのは、夫が家を出た22日午後3時30分ごろだった。
警察は、捜査本部を設置し、部屋から奪われたものがないか調べるとともに、24日、菊池さんの司法解剖を行うことにしている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 前田検事、故意の改ざん認める 最高検調べ、供述一転(24日) | トップページ | ビル火事で200人以上避難(24日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市中央区女性遺体事件 警察、殺人事件と断定し捜査本部を設置(24日):

« 前田検事、故意の改ざん認める 最高検調べ、供述一転(24日) | トップページ | ビル火事で200人以上避難(24日) »