« 紳士録詐欺の疑い、グループ4人再逮捕 (22日) | トップページ | ネットに顧客情報約20万件流出 不動産管理会社(23日) »

2010年9月23日 (木)

FD改竄、地検トップ・高検幹部も認識か 検事逮捕(23日)

郵便不正事件に絡み押収したフロッピーディスク(FD)の最終更新日時を捜査に有利な内容に改竄したとされる事件で、証拠隠滅容疑で逮捕された大阪地検特捜部の主任検事、前田恒彦容疑者(43)から「誤って書き換えた可能性がある」という報告内容が今年2月に地検トップの小林敬検事正まで上がっていたことが22日、関係者への取材で分かった。大阪高検も榊原一夫刑事部長が改竄そのものは把握していたとみられる。

関連記事

記事本文の続き 大坪弘道前特捜部長(現京都地検次席検事)は同日の定例会見で、一連の問題について「公式にお答えするのは適切な時期ではない」などと述べ、明言を避けた。

 前田容疑者によるFDデータの更新日時の改竄をめぐっては、地検が2月に把握していたことがすでに判明。小林検事正まで報告が上がり、高検幹部にも情報が伝わっていたことで最高検による地検、高検幹部への聴取は避けられない情勢となった。

 関係者によると、大坪前部長は前田容疑者から「FDのデータを捜査の一環で見た。誤って書き換えた可能性がある」との報告を受け、小林検事正、玉井英章・前次席検事(現高検次席検事)と協議。「故意ではなく、証拠管理上のミスにとどまる」と結論づけ、実態調査と公表を見送った。

 最高検もこうした報告や情報の流れに関心を寄せており、どの程度まで内容を把握していたのか、小林検事正を含む幹部から詳しく事情を聴く。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 紳士録詐欺の疑い、グループ4人再逮捕 (22日) | トップページ | ネットに顧客情報約20万件流出 不動産管理会社(23日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49533492

この記事へのトラックバック一覧です: FD改竄、地検トップ・高検幹部も認識か 検事逮捕(23日):

« 紳士録詐欺の疑い、グループ4人再逮捕 (22日) | トップページ | ネットに顧客情報約20万件流出 不動産管理会社(23日) »