« 男性死亡 ひき逃げで捜査(10日) | トップページ | ひき逃げ被害者、なぜか5キロ離れた路上に(10日) »

2010年9月10日 (金)

村木・厚生労働省元局長に無罪判決 大阪地裁(10日)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の判決公判が10日、大阪地裁で開かれた。横田信之裁判長は無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

関連記事

記事本文の続き 村木元局長は捜査段階から一貫して無罪を主張。大阪地検特捜部は上司や部下らの供述調書を根拠に村木元局長が証明書偽造を指示したとして起訴したが、公判に出廷した検察側証人が次々と供述を覆し、村木元局長の関与を否定する異例の展開となった。

 検察側は取調官6人を証人出廷させ、供述調書の証拠採用を求めた。しかし横田裁判長は5月、公判証言と異なる調書43通のうち34通の証拠採用を却下。村木元局長の指示を受けて証明書を偽造したとする部下の元係長、上村勉被告(41)の調書も退けられ、検察側は立証の柱となる直接証拠を失い窮地に立たされた。

 検察側が6月に行った論告は、わずかに採用された調書や公判証言から推論を重ねる苦しいものとなった。「有力国会議員から口添えされた案件だったため、本来行うべき正式な審査や決裁よりも議員への配慮を優先し、安易に本件に及んだと考えるのが自然かつ合理的」と主張した。

 一方、弁護側は最終弁論で地検特捜部の捜査を批判し、「自らが権限を有する決裁を省略してあえて犯罪行為をする理由はどこにもない」として無罪判決を求めた。村木元局長は障害保健福祉部企画課長だった平成16年6月、障害者団体としての実体のない「凛の会」が割引郵便制度の適用を受けるために必要な証明書を上村被告に偽造させたとして起訴された。

 ■判決骨子 

一、村木厚子元局長は無罪

 一、元局長が「凛の会」を障害者団体と認める偽造証明書を発行した事実はない

 一、部下だった元係長が証明書を作成したことは認められる

 一、元係長が元局長の指示で証明書を作成した事実はない

 一、凛の会側や元係長との共謀は認められない

 ■郵便不正事件

 障害者団体が発行する定期刊行物を支援者らに送る際、月3回以上発行などの条件を満たせば1通8円(正規料金120円)で郵送できる割引郵便制度を悪用し、定期刊行物を装った企業広告が格安で大量発送された事件が発端。制度の適用を受ける際に必要な厚生労働省の証明書の偽造にかかわったとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪で村木厚子元局長と元係長の上村勉被告、障害者団体「凛の会」幹部2人の計4人が昨年7月、起訴された。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 男性死亡 ひき逃げで捜査(10日) | トップページ | ひき逃げ被害者、なぜか5キロ離れた路上に(10日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村木・厚生労働省元局長に無罪判決 大阪地裁(10日):

« 男性死亡 ひき逃げで捜査(10日) | トップページ | ひき逃げ被害者、なぜか5キロ離れた路上に(10日) »