« 窃盗:車から催事売上金など800万円 茨城の駐車場(21日) | トップページ | 秋の全国交通安全運動始まる(21日) »

2010年9月21日 (火)

村木元局長側、検事の刑事告発を視野 資料改ざん疑惑(21日)

郵便不正事件で主任検事が証拠として押収したフロッピーディスク(FD)を改ざんした疑惑で、被告となった厚生労働省の村木厚子元局長(54)=一審・無罪判決=の主任弁護人を務める弘中惇一郎弁護士が21日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見した。村木元局長がこの日朝、「検察はこの問題を主任検事一人の行動として片づけてほしくない」と話したことを明らかにした。

 弘中弁護士も「検察の根幹を揺るがす大きな問題だ」と厳しく批判。今後、証拠隠滅容疑などで主任検事を刑事告発することも視野に対応を検討するという。

 弘中弁護士は「検察側からの説明は一切ない」としたうえで、朝日新聞が報じた内容を前提に会見を進めた。「主任検事として事件をコントロールする立場の人がこういうことをしたのなら前代未聞だ」と指摘。「トカゲのしっぽ切りのようなことをせず、検察はこの問題を徹底的に調査し、しかるべき措置をとってもらいたい」と話した。

 公判前整理手続きの段階で、検察側が問題のFDを証拠請求しなかったことについては「(起訴内容を裏付ける)一番重要な証拠なのに、なぜ証拠請求しないのかと不審に思っていた」と述べ、「主任検事が自ら改ざんしたのなら、『冤罪だ』とかなり以前から知っていたはずだ。そうだとしたら(証拠として出さなかった)当時の検察の対応はうなずける」との見解を示した。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_3

 

« 窃盗:車から催事売上金など800万円 茨城の駐車場(21日) | トップページ | 秋の全国交通安全運動始まる(21日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49515370

この記事へのトラックバック一覧です: 村木元局長側、検事の刑事告発を視野 資料改ざん疑惑(21日):

« 窃盗:車から催事売上金など800万円 茨城の駐車場(21日) | トップページ | 秋の全国交通安全運動始まる(21日) »