« 空き家のはず…店舗兼住宅の焼け跡に遺体 愛知・西尾(22日) | トップページ | 交通費貸す制度悪用 男を逮捕(22日) »

2010年9月22日 (水)

無線LAN:無断で使う機器販売 経営者ら逮捕へ 大阪(22日)

大阪・日本橋の電器店が他人の無線LANを無断で使う機器を販売している問題で、大阪府警は22日午前、電波法違反(無線局の無許可開設)のほう助容疑で、この電器店など数カ所の家宅捜索を始めた。店の経営者ら数人から任意で事情を聴いており、容疑が固まり次第、同容疑で逮捕する方針。機器の購入者も同法違反の疑いで立件する。この機器の使用や販売を摘発するのは全国で初めて。

 捜査関係者によると、捜索を受けたのは大阪市浪速区日本橋にある電器店「ファニープレイス」。ファニープレイスは、パソコンに装着する無線LANアダプターの一種で、電波法の上限の数十~100倍に当たる違法な出力の電波を発する機器を、販売した疑いが持たれている。

 この日午前10時過ぎから、府警の捜査員がファニープレイスが構えている日本橋の2カ所の店舗などの捜索に着手。店員らが立ち会う中、捜査員は店頭に並んだ機器や販売資料を押収するなどした。

 一方、府警は既に、ファニープレイスでこの機器を購入した数人から任意で事情を聴いた。いずれも、違法な電波を発信した電波法違反の容疑を認めているという。府警は購入者についても同法違反の疑いで書類送検して、立件する方針。

 他人の無線LANに侵入し、無断でネット接続をする「ただ乗り」行為については、直接規制する法律はない。府警は「ただ乗り」に使うこの機器が違法な高出力の電波を発する点に着目、電波法違反での摘発を決めた。

 ◇店頭には「無銭LAN」の看板

 西日本最大の電気街、大阪市浪速区の日本橋では、ファニープレイスなど、少なくとも5カ所の電器店で高出力の無線LANアダプターが販売されていた。捜索を受けたファニープレイスは通常の店舗のほか、近くの敷地で支店として露店販売もする。

 店頭には「無銭LAN」と書いた看板や「インターネットが無料」という宣伝文句を掲げ、ネットの「ただ乗り」行為を推奨していた。そばには小さい字で「実験、研究用、海外向け商品」とのただし書きも。「違法ではないか」と尋ねると、男性店員は「大丈夫。これで捕まったという話は聞いたことない」と、逆に熱心に購入を勧めてきた。

 捜査関係者は「法のすきまを狙った商売。『ただ乗り』自体の摘発は難しいが、ネット犯罪に悪用される可能性のある機器の流通を、野放しにはできない」と、強制捜査に着手した理由を明かした。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100922k0000e040068000c.html

 

« 空き家のはず…店舗兼住宅の焼け跡に遺体 愛知・西尾(22日) | トップページ | 交通費貸す制度悪用 男を逮捕(22日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49527684

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LAN:無断で使う機器販売 経営者ら逮捕へ 大阪(22日):

« 空き家のはず…店舗兼住宅の焼け跡に遺体 愛知・西尾(22日) | トップページ | 交通費貸す制度悪用 男を逮捕(22日) »