« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪地検に爆破予告、検事逮捕でいたずらか(22日) »

2010年9月22日 (水)

「検察情報に疑問持ちながら報道すべきだ」元東京地検特捜部長・中央大学法科大学院教授、宗像紀夫弁護士(22日)

【郵便不正報道検証】

 逮捕当初、「村木厚子さんが犯行に関与したのは間違いない」という検察の見方が垂れ流しで報道されていた印象がある。

 マスコミは捜査段階で容疑者側の主張を聞くよう努力すべきだ。ほとんどのマスコミは検察ワンサイドの報道しかしていないようにみえる。同じ問題について容疑者の弁護人にも取材し、「捜査当局はこう見ているが、一方でこういう見方もある」と容疑者側の言い分も十分に吸い上げた上で掲載すべきではないか。捜査側の見立てを垂れ流しにするだけではマスコミの存在価値はない。

 今のマスコミは「従軍記者」のごとく検察と全く同じ立場で、同じ方向を向き、一体となっているように感じる。しかし、検察はあくまで事件捜査の一当事者でしかない。マスコミは検察と緊張関係を保つため、検察の「磁場」から離れ、一定の距離を置いて検察情報に疑問を持ちながら報道すべきだろう。

 私自身、現役時代にマスコミから教えてもらうことも多かった。検察とマスコミは社会正義実現という目的に向かい、節度を守って互いに情報を交換する、整理するという関係が理想的だろう。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪地検に爆破予告、検事逮捕でいたずらか(22日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49530263

この記事へのトラックバック一覧です: 「検察情報に疑問持ちながら報道すべきだ」元東京地検特捜部長・中央大学法科大学院教授、宗像紀夫弁護士(22日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 大阪地検に爆破予告、検事逮捕でいたずらか(22日) »