« 「無印良品」販売のバウムクーヘンから縫い針 前橋(21日) | トップページ | 「処理に困って」乳児遺体遺棄、高3女子逮捕(21日) »

2010年9月21日 (火)

「消えた高齢者」、民生委員制度の限界 (21日)

今年になってから100歳以上のお年寄りの所在がわからなくなっているケースが相次いでいますが、その確認や発見に大きな役割を果たしているのが民生委員の存在です。地域住民の暮らしを見守る民生委員ですが、今、この民生委員の制度そのものの存続が危ぶまれています。

 この夏、37年間続いたある商店街のスーパーが閉店しました。

 「地元の団地の人の冷蔵庫代わりだった」
 「ショックですね。はっきり言って」
 「この辺も寂しくなった」(街の人)

 かつて「団地族」と呼ばれ、高度経済成長のシンボルとして活気に満ちあふれていた多摩ニュータウンも高齢化の波が押し寄せています。

 「ご主人は?」(民生委員・久米恵美さん)
 「休んでます。今ちょっとオムツ替えて・・・」(片倉敏子さん)

 民生委員の久米さん、この地域の高齢者の自宅を訪ね、安否の確認などを行っています。

 JNNの報道がきっかけで始まった「消えた高齢者」問題。生きていれば111歳だった男性のミイラ化した遺体は民生委員の通報がきっかけで発見されました。厚生労働省から仕事を引き受け、地域住民が自立した生活を行えるよう、支援する民生委員。高齢者の生活実態の把握のほか、児童虐待の発見や障害者の社会参加の支援、さらに詐欺の被害相談など、仕事内容は多岐にわたります。

 「お年寄りは話をしてもらうのが、一番喜ぶんじゃないですか?」
Q.元気をもらえる存在?
 「そうそうそう。元気と・・・。寂しくないですよね」(片倉敏子さん)

 65才以上の人口は推計およそ2944万人。このうち、戸籍上所在がわからない100歳以上の高齢者は全国で23万人を超えています。民生委員による高齢者の所在確認にも限界があり、戸籍を管理する自治体も頭を悩ませています。

 「(所在)確認作業ですが、やはり大変難しい」(千代田区役所総合窓口課・佐藤敏章課長)

 100歳以上の行方不明者が1888人に上る東京・千代田区。安否確認に頭を悩ませるその理由は・・・

 「千代田区の場合、関東大震災や空襲で多くの戸籍が焼失しているという事実があります」(千代田区役所総合窓口課・佐藤敏章課長)

 かつて、関東大震災や東京大空襲などの混乱期に戸籍が焼けてなくなったことに加え、本人が死亡していても死亡届が提出されないケースが多発しています。死亡届が出されない限りは戸籍上は「生きている」ことになり、それがそのまま「所在不明の高齢者」となっています。区も地道に所在確認を続けていると説明しますが・・・

 「(確認)作業は戸籍の中で親族関係をひとつひとつ追っていかなければならない」(千代田区役所総合窓口課・佐藤敏章課長)

 膨大な時間と人手を要してほとんど進んでないのが実情で、専門家は制度そもののの見直しが必要だと指摘します。

 「届け出という個人や家族の責任に依存している制度について反省・見直しをして、職権で役所の方が居住の実態とか、生存の有無を含めて確認する制度を整備する必要がある」(早稲田大学法学部・棚村政行教授)

 さらに、所在確認の現場を支える民生委員制度自体にも大きな問題が出てきています。民生委員はボランティアで活動しており交通費以外の報酬はありません。任期は3年。高齢化などに伴い近年は仕事が増大していて、「後継者不足」が叫ばれています。

 「時には夫婦ゲンカの仲裁まで、(民生委員に)なっていただく方を探すのは難しいですね」(多摩市民生委員協議会・山田喜一会長)

 厚労省によりますと、全国で必要な民生委員の数は、23万人。現在、およそ4000人ほど不足しています。

 「欠員があるところは、隣接の民生委員が兼務する。そうすると1500世帯ぐらい1人で抱えざるを得ない。とにかく1人で背負い込みすぎてる。現実に民生委員自身が」(多摩市民生委員協議会・山田喜一会長)

 なり手を育てるために地域や行政のバックアップも必要だと訴えます。「確かに負担は重い。しかし、民生委員になる喜びも大きい」と山田さんは前を向きます。

 「『ありがとうございます』といった言葉をいただくと、『本当に良かったな』と。民生委員活動を楽しくできるような、そういう制度にしていかなきゃいけないのかな」(多摩市民生委員協議会・山田喜一会長)
(20日16:58)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4531465.html

Logo1

 

« 「無印良品」販売のバウムクーヘンから縫い針 前橋(21日) | トップページ | 「処理に困って」乳児遺体遺棄、高3女子逮捕(21日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「消えた高齢者」、民生委員制度の限界 (21日):

« 「無印良品」販売のバウムクーヘンから縫い針 前橋(21日) | トップページ | 「処理に困って」乳児遺体遺棄、高3女子逮捕(21日) »