« 佐川急便集配所で1400万円奪われる 東京・大田(24日) | トップページ | 防犯カメラに容疑者と似た男 切りつけ事件(24日) »

2010年9月24日 (金)

中国人船長釈放:自民「まったく理解できない」(24日)

那覇地検が中国人船長の釈放を決めたことに対し、野党は批判を強めている。自民党の谷垣禎一総裁は「検察が『日中関係を考慮』と言うのはまったく理解できない。政府が責任を持って説明しなければいけない」と指摘した。同党は27日に外交部会を開き、釈放決定に至った経緯について政府側に説明を求めるとともに、臨時国会でも追及する方針だ。

 石破茂政調会長は「法にのっとって粛々(と処理する)という発言との整合を(政府は)どのように考えるのか」と批判。安倍晋三元首相は「中国の圧力に政府が屈したのは明らかだ。言外に政府から(地検に)配慮せよという圧力があったと思う」と踏み込んだ。たちあがれ日本の平沼赳夫代表も記者会見で「今回の措置は遺憾だ。船長を釈放したら、(尖閣諸島への)中国の領有権を日本が認めることにつながりかねない」と懸念を表明した。

 ただ、公明党の山口那津男代表は記者会見で「日中の外交関係をこれ以上こじらせることはだれも望んでいない。法的な主張をぶつけ合うより、政治的な解決をしていく場面に転じた」と述べ、検察の判断に一定の理解を示した。共産党の志位和夫委員長は「一連の経緯について国民の納得のいく説明を検察に強く求める」との談話を発表した。

 与党・民主党からも地検の判断に疑問の声が上がった。松原仁衆院議員ら5議員は「釈放はわが国の法秩序をじゅうりんするもので容認できない。検察当局に釈放の決定の撤回を求める」との抗議文を発表した。【中田卓二、影山哲也】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100925k0000m010058000c.html

 

« 佐川急便集配所で1400万円奪われる 東京・大田(24日) | トップページ | 防犯カメラに容疑者と似た男 切りつけ事件(24日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人船長釈放:自民「まったく理解できない」(24日):

« 佐川急便集配所で1400万円奪われる 東京・大田(24日) | トップページ | 防犯カメラに容疑者と似た男 切りつけ事件(24日) »