« 成田2遺体:死体遺棄容疑で男逮捕 「自分は死に切れず」(29日) | トップページ | 首付近に押さえられたあと 死因をあらためて捜査 広島の女児虐待死事件 (29日) »

2010年9月29日 (水)

前田容疑者、前副部長に「故意」伝達か 最高検が犯人隠避容疑で捜査(29日)

 大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)事件で、主任検事の前田恒彦容疑者(43)=証拠隠滅容疑で逮捕=が1月末、佐賀元明前特捜部副部長(現神戸地検特別刑事部長)から電話を受けた際、意図的な改竄を認めていた疑いが強いことが28日、検察関係者への取材で分かった。前田容疑者の同僚検事らが佐賀前副部長の横で電話のやり取りを聞いており、最高検の事情聴取に「前副部長は当初から故意を認識していたはずだ」と供述したという。

関連記事

記事本文の続き 佐賀前副部長はこうした経緯を大坪弘道前特捜部長(現京都地検次席検事)に報告していたとされ、最高検は、2人が意図的な改竄を認識しながら隠蔽(いんぺい)した疑いもあるとみて、犯人隠避容疑に当たるか捜査している。

 また、最高検は28日、小林敬検事正と玉井英章前次席検事(現大阪高検次席検事)を聴取した。大坪前部長からの報告内容などを聴き、小林検事正らは「改竄との報告は受けていない」と説明したとみられる。

 大坪前部長と佐賀前副部長の聴取は28日も行われ、5度目。前部長らは「意図的な改竄とは聞いておらず、過失と思っていた」と主張しており、同僚検事らの供述と食い違っている。

 検察関係者によると、佐賀前副部長は1月30日、同僚検事らから前田容疑者が証拠品のフロッピーディスク(FD)を改竄したとの報告を受けた。

 これを受け、前副部長は東京出張中の前田容疑者に電話で説明を求めた。その際に意図的な改竄を聞いたとみられる。その場には同僚検事と郵便不正事件の公判担当の女性検事の2人が同席していた。

 佐賀前副部長は2月1日に大坪前部長に一連の経緯を報告し、対応を協議。小林検事正と玉井前次席検事には「問題はない」などと説明していた。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 成田2遺体:死体遺棄容疑で男逮捕 「自分は死に切れず」(29日) | トップページ | 首付近に押さえられたあと 死因をあらためて捜査 広島の女児虐待死事件 (29日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/49593388

この記事へのトラックバック一覧です: 前田容疑者、前副部長に「故意」伝達か 最高検が犯人隠避容疑で捜査(29日):

« 成田2遺体:死体遺棄容疑で男逮捕 「自分は死に切れず」(29日) | トップページ | 首付近に押さえられたあと 死因をあらためて捜査 広島の女児虐待死事件 (29日) »